管理職の悩みを解決、法人向け「女性部下のキャリア育成のためのメンタースキル研修プログラム」

管理職は困っている?女性部下へのキャリア形成や成長は?

結婚してもフルタイムで働き続ける。昇進する。フリーランスやリモートワークなど様々な働き方を選択する。女性も、男性と変わらない働き方をして仕事で成果を出していくことはもう当たり前になっています。2019年7月には、女性就業者が初めて3000万人を超えました。
ところが、12月に発表された男女平等度ランキングでは過去最低の121位を更新してしまったという結果が同時に出ています。女性管理職比率も上級管理職は5.1%と、とても少ない割合となっています。
女性管理職の登用、育成が重要となっていますが、女性部下を育成・管理職登用する立場の管理職からは難しさやとまどいの声もあがっているようです。

困っている理由は何?女性管理職育成

女性部下を育成・管理職登用する立場の管理職は、どのような点を難しいと感じておられるのでしょうか。
男性上司は、以下の点に困っているようです。

  • 従来の男性中心のマネジメントスタイルではうまくいかない
  • 女性部下に遠慮してしまう。

また、女性の上司からもこんな声が出ています。

  • 同性であっても女性のライフイベントは多様化しているため、個々の動機を
     どう引き出していけばいいか悩む

確かに、同じ女性でもずっと独身で働き続ける人と、結婚して子どもを持ちながら働く人とでは働き方や必要なサポートがずいぶん違ってきそうです。
ひとりひとり個別のような状況だと、上司の方も大変だと感じてしまわれるかもしれませんね。

マネジメントスキル向上、女性部下のキャリア育成セミナー

株式会社 MANABICIA(マナビシア)では、多くの女性部下をマネジメントする立場にある管理職に向けて、メンタースキル研修を実施しています。
このメンタースキル研修は2019年12月24日より提供されたもので、「男性と女性のキャリア形成の違い」「ビジネスの現場に即したケース演習」などの研修を行い、女性管理職の育成について学ぶことができます。
その中でも注目すべき研修は、メンタリングスキルについて学べる研修です。
メンタリングとは、キャリアや人生における先輩女性(メンター)が、対象女性社員(メンティ)と、1対1で定期的にセッションを実施することです。先輩が自身の経験に基づいてアドバイスをすることで、女性社員の自信・定着・成長につながります。

まとめ

女性活躍や、変則的な働き方など新しいことに次々対処し、管理しなければならない管理職の皆さんは、日々大変な思いをされていると思います。
悩みを抱え込まず、研修で他の人の考え方や効率的な手法を学ぶことで負担を減らし、問題を解決していけるのではないでしょうか。
https://tv.prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037706.html

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?