グローバルなジョブトレンドにも目を向けてみよう! ヘイズ・ジャパンが発表した、今、最もホットな職種とは?

時代によって変化する人材像やスキルセットについて知ろう

昨今のメディアでは「AI(人工知能)などの新しいテクロノジーが人間の仕事を奪う」という論調の情報が溢れており、少なからず自分にも影響があるのではないかと不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

英オックスフォード大学でAIの研究を行なっているマイケル・A・オズボーン准教授が発表した「雇用の未来」という論文にて、今後10〜20年間において既存の仕事の半分近くがAIなどのテクロノジーに取って代わられると提示され、世界に衝撃が走りました。

オズボーン氏は、受付や事務作業など、ルーティン化される仕事は今後人間がやることはなくなり、多くの人がよりクリエイティブな職種に就くようになると予想しています。

しかしながら、このスピードの早い時代において、10年後、20年後を正確に予測することは専門家でも非常に困難です。そこで、まずは足元でどのような職種の求人が伸びているかを知ることで世の中のトレンドを把握し、それについていくためのスキル習得や転職などの計画を立てていくことが非常に現実的な対応策となります。

今、どのような職種の採用が増えているのでしょうか。グローバルな人材トレンドを把握している外資系人材紹介会社のヘイズ社が、とても興味深い発表をしているのでチェックしてみましょう。

いま、求められている職種は、IT・人事・財務の分野に多い

最先端のテクロノジーがビジネスモデルを変革していく昨今の時代背景においては、やはり、高度なエンジニア職の採用は高いニーズがあります。

ヘイズ社の発表によると、下記のような技術職の人材が伸びています。
– 製造業におけるIoTや自動化に関する知見を持つ人材
– 通信業界における5Gに関する知見を持つ人材
– IoT製品の組み込みソフトウェアエンジニア

また、技術職以外で採用が伸びている分野としては、人事・財務系の下記のような職種があるようです。
– 人事管理システムのITスキルを持つ人事担当者
– 組織制度の改革や設計を専門とするHRビジネスパートナー
– 財務計画や財務分析に知見があり、かつ英語力も有する経理・財務担当者

全体を通じて言える採用トレンドとして、
①「グローバルなコミュニケーション能力があること」
②「新しいテクロノジーに対する知見があること」
③「デジタルリテラシーがあり、自らの業務にITの利活用を積極的に推進できること」
という3つがあると言えそうです。

また、冒頭で紹介したように、AIなどのテクノロジーが事務職などのルーティン業務を自動化していくことが現実になりつつあるため、今後は一般的な事務職の需要が少なくなり、ITやテクノロジーを活用してより付加価値の高い事務業務を推進できる人材が重宝されるようになると見込まれます。

今、正社員としてビジネスの最前線で働いている方だけではなく、これから就職・転職を目指す方にとっても、どのようなスキルを磨いておけば有利な仕事を得られるかどうかを知ることは非常に重要です。

将来の仕事探しやキャリアプラン設計に対し、何から始めたら良いか分からないという方は、先述したような人材紹介会社が発表するジョブトレンドを調べてみるのも一助になるはずです。

グローバル企業での活躍を目指すなら外資系人材紹介会社をチェック

より積極的な視点で、将来を見据え、グローバルなビジネスを展開する企業で高度なスキルを活かした職種に就きたいとお考えの方は、世界の採用トレンドを把握している外資系人材紹介会社をチェックされることをお勧めします。

本記事でご紹介したヘイズ社は、イギリスに本社を構え、世界33カ国と地域、265 の拠点を持つ大手グローバル人材紹介会社です。東京にも2001年からブランチオフィスを持ち、多様な業界に精通した専門コンサルタントが常駐して転職希望者のスキルに合致した案件を紹介しており、豊富な実績と知見を有しています。

ご自身のスキルに合致した転職先があるかどうか気になる方は、1度ヘイズ・ジャパンの公式HPを覗いてみてはいかがでしょうか。

ヘイズ・ジャパン 公式HP
https://www.hays.co.jp/

参考情報

【参照記事URL】
【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000232.000008738.html

【ヘイズについて】
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2019年6月30日現在、世界33カ国と地域、265 の拠点(総従業員11,500人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

【ヘイズ・ジャパンについて】
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、3つの国内拠点(日本本社、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。17の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、デジタルテクノロジー、マーケティング・デジタル、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?