「定時退社」「有給消化」「在宅勤務」20代、30代の理想の働き方改革

「働き方改革」という言葉が定着し、残業時間の削減や有給休暇の取得推進などさまざまな取り組みを行っている企業も多いのではないでしょうか。
一方で、会社や上司の理解がなく残業や有給について、従業員の権利を無視するような行為がまだまだあることも事実です。私は、退職時の有給消化を会社に認めてもらえず、労働基準局に相談して自分の権利を守ったことがあります。
この度、全国の20代、30代の男女1000人を対象に、働き方改革に関するアンケートが実施されました。皆さん、働き方改革についてどのように考えておられるのでしょうか。

実施されていない?満足できない?働き方改革

アンケートでは、「あなたの所属する会社は働き方改革を行っていますか?」という質問が用意されています。その質問に対し「行っている」と答えたのは27.1%と、4人に1人程度の割合であることがわかりました。
法律が整備されてきても、実際に実施できているところは少ないようですね。

また、「会社が実施した働き方改革に満足しているかどうか」という質問に対して「非常に満足」「満足」と答えたのは40.2%と、半数を下回りました。
まだまだ、十分な実施がされていないと考える人が多いようですね。

実際に実施されているのはどんな働き方改革?

現在、実際に行われている働き方改革の中で、最も回答が多かったのは残業削減でした。
有給の消化や時短勤務がそれに続きました。目に見えてわかりやすく労働時間を減らす取り組みや、有給のように元々法律的にも整備されている事柄について、実際の運用を改善していく取り組みが多く実施されているようですね。

休む時はしっかり休みたい。20代、30代の考える理想の働き方

20代、30代の多くは、どんな働き方を理想の働き方だと考えているのでしょうか。
アンケートの回答で多かったのは、「残業を減らす」「有給を取得する」「在宅勤務を認める」の3つを求めるものでした。
長時間労働をなくす取り組みや、個人の事情を汲んだ柔軟な働き方ができるような改革を望む人が多いようでした。
私は30代ですが、1日の労働時間の固定をやめる改革が欲しいです。やるべき仕事が終わっているのに、定時まで職場にいるために自習などしている、今すぐする必要のない掃除などをしているのは時間がもったいないと感じてしまいます。

まとめ

働き方改革という言葉が普及してしばらく経ち、ノー残業デーなどもずいぶん普及してきました。ただ、なかなか有給を取らせてくれない上司など、個別で見ればまだまだ法律で認められている権利さえ守られていない場合も多いと感じます。私たちも国の政策や会社からの改善に頼るのではなく、働く人の権利について調べる、おかしいなと思ったら労働基準局などの専門家に相談してみるなど、自分たちの手で働き方改革を実施していくようなアクションが必要ではないでしょうか。
https://tv.prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000050446.html

Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?