2019年 リモートワークはどう変わった? 「シゴトバ」がリモートワークの実態調査を発表!

一気にトレンドが加速しているリモートワーク・テレワーク

本サイトでは、リモートワーク・テレワークを推進し、通勤せずに在宅で働ける環境を提供する会社を紹介してきました。まさに今、「働き方改革」における一つの重要な柱として急速に企業の活用が進んでいる分野であり、これから多くのリモートワーカーが生まれると予測されています。

昨年7月に開催された「テレワークデイズ 2019」は、2020年のオリンピック時期に通勤混雑を回避するためテレワークをデモンストレーションするという目的で開催され、実際のオリンピックと同じ期間にテレワークを試験的に導入する取り組みです。IT業界のみならず、サービス業、製造業など幅広い分野から2800を超える団体、68万人以上が参画し、まさに一つの時代の流れを築いたプロジェクトとなりました。

リモートワークが当たり前になると、私たちの働き方は一体どのように変わるのでしょうか。現在進行形で、職場で起きている変化を正しく把握することで、多様な働き方をする時代への備えになるはずです。

リモートワーク専門メディアである「シゴトバ」(https://shigoto-ba.com/)が、その読者を対象にリモートワークの実態調査をした結果を公表していますので、チェックしてみましょう。

リモートワークの実態調査で現状が明らかに!

さて、早速、シゴトバの調査結果のポイントを見ていきます。

【1】リモートワークをしたい理由は?
・「子育て・介護のため」28.9%
・「通勤時間削減」28.1%
・「家族の仕事の都合で居住地が限定される」14%

何らかの理由でリモートワークをしたいと考えている人は90%以上となり、その中でも、「子育て・介護のため」「通勤時間削減」という2つの理由が圧倒的に多いようです。リモートワークへ切り替えることで、融通が効く時間が増え、家庭と仕事の両立が図れるようになるということが最大のメリットと言えるでしょう。「通勤するのが当たり前」という社会通念は、徐々に過去のものになっていくのかもしれません。

 

【2】テレワークデイズ期間以外でのリモートワーク頻度は?
・「週1日」17.1%
・「週2日」3.3%
・「週3日」4.8%
・「週4日」2.4%
・「週5日」10.5%

冒頭でご紹介した「テレワークデイズ」の期間以外でどれほどリモートワークが浸透しているのか調査した結果、何と、38.1%もの人が日常的にリモートワークを取り入れていたことが分かりました。さらに、週5日毎日がリモートワークという方が10.5%に上ります。逆にリモートワークを全くしないという回答は51.4%で、リモートワークへの関心は高いものの会社や業務の事情で切り替えができないという方も一定数いることが伺えます。

 

【3】リモートワーク中の会話手段は?
・「 Web会議ツールを使用」52.4 %
・「必要な時だけ電話をかける」14%
・「リモートワーク中は電話はしない」2.9%

リモートワークがすでに導入されている企業では、Web会議ツールの活用が標準的に実施されていることが伺えます。オンラインでのコミュニケーションのルールを細かく定める企業も増えており、これらのICTツールを活用しながら会社に通わずとも潤滑な社内コミュニケーションを取っていくスキルが求められてきています。

リモートワークの最新事例を「シゴトバ」でチェックしよう

このように、近年急速に増えてきたリモートワークですが、アメリカではすでに一般的になってきており、「リモートワークや自由な勤務スケジュールを提供されなかったことが原因で会社を辞めたことがある」と回答するホワイトワーカーが増えているということです。

「シゴトバ」の調査によると、日本でも、完全にリモートだけで仕事をする「フルリモートワーク」を選択できるようにした企業では求人がそれまでの3〜20倍にアップするなど、柔軟な働き方を提供できる企業が採用に有利となる状況が生まれてきています。

これまで「オフィスワークは会社に通わなければならないから、家庭の事情で難しい」という層も多かったのですが、これからはICTツールの発展とリモートワークの普及で、このような課題も解決されるのが当たり前になっていくでしょう。

「シゴトバ」では、様々なリモートワークの最新導入事例やリモートワークを求めて転職した方の事例などを数多く紹介しています。新しい働き方について知り、リモートワークを実践できるように仕事環境を変えていきたい方は、ぜひ一度、「シゴトバ」のサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

参考情報

【参照記事URL】
2019年リモートワーク実態調査の結果を発表。リモートワークの理想と、現実とは?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000040457.html

【シゴトバ 概要】

リモートワーク・テレワーク専門メディア「シゴトバ 」は、「日本にテレワーク文化を。」をキャッチコピーに、日本でまだ理解・普及が進んでいないテレワーク・リモートワークという働き方の文化の醸成を目指して情報提供を行っています。
URL:https://shigoto-ba.com/

 

【株式会社GOWiDE概要】

GOWiDEは、「すべての人にテレワークという選択肢を。」をキャッチコピーに、以下の3事業を行っています。​

リモートワーク専門メディア「シゴトバ 」の運営
URL: https://shigoto-ba.com/

リモートワークコンサルティング
URL: https://gowide-inc.consulting/

リモートワーカー向け音声コミュニケーションサービス「Xchat」の提供
URL: https://cross-chat.app/

商号:株式会社 GOWiDE(読み方:ゴーワイド)
代表者:代表取締役社長 合田翔吾
設立:2018年10月29日
URL:http://gowide-inc.com
事業内容:テレワーク・リモートワーク専門メディア「シゴトバ 」の運営、Xchat の企画・開発・運営、テレワークコンサルティング
受賞歴:テレワーク先駆者百選(2019年11月)

Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?