【必見】入社2年目で仕事を辞めたいあなた!転職の必勝法を詳しくご紹介します

「入社2年目だけどもう仕事を辞めたい…」
「入社2年目で転職しても大丈夫なのかな?」

上記のような不安や疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、入社2年目で仕事を辞めたいと思った人の理由をランキングで紹介。さらに後半では、2年目の人が転職する際に知っておきたい転職術についても紹介していきます。

まえもって色々な情報をもっておくことで、気持ちの持ちようが全く変わります。不安や疑問を少しでも解消したいという人は、ぜひ最後までお付き合いください。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
無料でカウンセリングを受ける

「入社2年目だけどもう仕事を辞めたい…」と思うランキングBEST5


2年目にして仕事を辞めたいと悩む人は、日本中にたくさんいます。

厚生労働相の調べによりますと、3年以内に仕事を辞めたいと思う人の割合は約30%ほどです。つまり、10人に3人は3年以内に離職しているという数字になります。
(参考:厚生労働省『新規大卒就職者の事業所規模別就職後3年以内※の離職率の推移』https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556488.pdf

それでは、2年目以内に離職をする人はどのような理由が多いのでしょうか。

以下にて、ランキング形式で紹介していきます。

入社2年目で辞めたい理由第1位|給料や福利厚生に対する不満

仕事でのキャリアを積み、部下もできる2年目。当然、1年目より忙しくなります。

仕事に慣れると同時に、1年目は必死で考えなかった給料面や福利厚生について考えることも多くなることでしょう。

別会社に就職した友達の給料と比べて「あれ、うちの会社って給料少ないんじゃ…」と嘆くこともあるかもしれません。

また、同じ業界の会社のHPを覗いて、自分の勤める会社より高給だったとなると、「転職」の文字もちらつき始めるというもの。

さらに、2年目になると環境も大きく変わります。同棲を考える恋人がいたり、実家の家庭環境が変わったりなど、福利厚生の重要性に気付く時期でもあります。

将来を見据えたうえで、自身の状況に密接に関係してくるのがお金です。不満が生まれやすく、離職の要因となるのも頷けますね。

入社2年目で辞めたい理由第2位|パワハラ・セクハラがひどい

いつの時代になっても多いのはやはり、パワハラ・セクハラによる離職です。

パワハラといっても、色々な種類のパワハラがあります。たとえば、残業やお酒の強要、執拗な説教など。現代ではアルハラ、モラハラと呼ばれることもあります。

1年を耐え忍んでも、2年目でもう我慢の限界になったという人もいるのではないでしょうか。

ただでさえ仕事で手一杯な状況にあるにも関わらず、上司からのパワハラやセクハラがあっては辞めたくもなります。

さらに、パワハラやセクハラは肉体的・精神的にも大きなダメージになるため、精神病を患うという可能性も少なくありません。

離職するまで耐えるのが厳しいという人は、会社のかかりつけ医に相談してみてましょう。

会社に自分の命より優先順位の高いものは存在しません。遠慮することなく、気軽に相談してみてください。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
無料でカウンセリングを受ける

入社2年目で辞めたい理由第3位| 社風が悪い・改善されない

社風が悪い、または改善されないというのも離職率に大きく影響しているようです。

昨今では、働き方改革で随分と会社の環境や在り方が変わってきました。実際に離職率も3年前の約半分ほどまで下がっています。

しかし、全ての会社が改善されたわけではありません。中には「定時で帰るようにしましょう」と言うだけで具体的な施策がとられず、現状維持が続く会社もあります。

改善しようにも一向に変わらない会社に愛想を尽かし離職する。なんて人が増えてきているのです。

入社2年目で辞めたい理由第4位|上司と合わない

毎日のように顔を合わす上司。うまがあわないとなると精神的に辛いですよね。

「悪い人ではないんだろうけど、なんか仕事しづらい…」「仕事に対する考え方が合わない…」など、職場の上司によって理由は様々だと思います。

特に2年目においては、上司とのぶつかり合いが増える一方です。なぜなら、仕事に慣れ始め、独自の仕事観を持ち始めるためです。

基本的に上司を選ぶことはできません。腹を決めて、もう1年やり抜くか、辞めるかの2択になってしまいます。

友達との飲み会でも、気が付けば上司の愚痴を言ってしまっているのではないでしょうか。

入社2年目で辞めたい理由第5位|転勤になった

予期せぬ転勤を宣告されたとき、環境を変えられず転職の道を選ぶという人も少なくありません。

ランキング上位の理由にもあった「社風が悪い」「給料に不満がある」と重なって転職を選択するという人も中にはいると思います。

「1年いれば元の職場に戻ってこれる」と言われたとしても、1年後に会社がある保証はありません。なにより、居住区を変えるというのは、体力的に大きな負荷がかかります。

転勤の負担が大きいことは会社側も認識しているため、転職も受け入れられやすいです。タイミング的にも、転職を考えるのは自然なことであるといえます。

入社2年目で辞めても社会的需要が大きく仕事も見つかりやすい


2年目で辞めたとしても、社会的な需要が大きいため、仕事も見つかりやすいです。

実務経験が2年あるというのは、会社側から見てもかなり魅力的。同じ業界や職種で仕事を探すとなると、より有利になること間違いなしです。

しかし、やみくもに転職活動をすすめるのは危険。注意が必要です。

計画や事前の準備を怠ると、転職後も現職と同じ理由で辞めることにもなりかねません。一般的にも、転職は重なるたびに不利になるという特徴があります。

もっといえば、辞め癖がついてズルズルと転職を重ね、最終的に仕事が無くなるなんてことも考えられます。

現職の仕事を辞める前に、しっかりと転職準備を行っておきましょう。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
無料でカウンセリングを受ける

入社2年目で仕事を辞めたいと考えている方必見!失敗しない3つの転職術


転職の失敗は、体力的・精神的に非常に大きな負荷となります。つまり、事前の準備、対策をまえもって立てておくことが重要なのです。

そこで以下にて、失敗しないための転職術を3つ紹介します。実践的なノウハウのみをまとめましたので、必ず役に立つはずです。

入社2年目で仕事を辞めたい時は自己分析をする|転職理由や希望待遇を明確に

まず、下記の項目について自己分析を行っていきます。

  • 仕事を辞めたいと思った理由について
  • 転職先の希望待遇

上記2点について深堀りしていきましょう。

このとき、辞めたいと思った理由と転職先の希望待遇はリンクすると思います。

たとえば、給料に不満があって辞めるのであれば、「希望年収の絞り込み」。残業の多さが辞める理由であれば、「定時に業務が確実に終了となる職場」が希望する待遇になります。

ある程度、深堀することができれば転職活動もスムーズに進みます。できるだけ具体的に、明確にすることがポイントです。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
自己分析を一緒にする

入社2年目で仕事を辞めたい時は転職先を決めてから転職する

転職をする際、転職先を決めてから転職をするようにしましょう。つまり、現職の仕事を続けながら転職するということになります。

理由については下記をご覧ください。

  • 収入面・時間面での無駄を省くため
  • 辞めることによる中だるみを防ぐため

特に、収入面には注意が必要です。仮に退職したあとに転職活動を行い、1ヵ月かかったとしましょう。

すると1ヵ月分の収入が無くなりますので、生活苦となることが容易に想像できるかと思います。

土日でも面談を組んでくれる会社もあります。有給や午後休などを上手く使い、転職活動を進めていきましょう。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
空いている時間で無料カウンセリングを受ける

2年目で仕事を辞めたい時は転職エージェントを利用してスマートに転職

初めて転職活動をするという人には、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットは下記の通り。

  • 無料で全てのサービスが受けられる(転職相談から仕事の紹介)
  • 無駄な時間を費やすことなく面談までセッティングしてくれる
  • 自分の強みを活かせる仕事が見つかる

転職の際、客観的な意見は非常に重要になります。転職エージェントは無料で利用できますし、何より転職に関してのプロです。ぜひ、相談だけでもしてみてください。

また、あらかじめ自己分析を行っておくことで、より密度の濃い相談ができます。

転職で失敗したくないという人は、ぜひ以上の転職術を活用してみてください。

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!
無料でカウンセリングを受ける

まとめ


この記事では、「2年目の人が仕事を辞めたいと思う理由」「失敗しないための転職術」などについて紹介してきました。

初めて転職するという人は、不安なことも多いかもしれません。しかし、転職をして環境を変えるという経験は、必ず様々な場面で役に立ちます。

ぜひ、先ほど紹介した転職術を活用し、転職活動を行ってみてくださいね。大丈夫です。
必ずうまくいきます!

事務職に関する無料カウンセリングはコチラ

事務職でキャリアを積みたいあなたにおすすめ
事務職は根強い人気職種のため、必ず対策が必要です。
未経験で事務職希望の方、書類や面接で2社落ちてしまった方は、私たちと対策をしましょう。
IT業界や事務職の転職ならお任せください。

お名前必須
お電話番号必須 ※3日以内にヒアリングのため、5分程度お電話させていただきます。
メールアドレス必須
<個人情報取り扱い>
お問合せにあたり、個人情報の取り扱いを必ずご確認ください。
Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?