「数字で考えるのが苦手」な人のためのファイナンス的な思考入門書が登場! 人生や仕事の設計も数字で考えてみよう!

人生や仕事の設計も数字で考えてみよう!

本サイトでは、働き方やキャリアアップ、転職など、仕事にまつわる様々な情報を提供してきましたが、今回は少し趣向を変えて「数字を用いて仕事や人生を考える方法」についてご紹介します。

読者の皆さんの中には、学生時代から数学が苦手で数字を見るのも嫌というほどの方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、「数字で仕事や人生を考える」のはとても実用的であり、そこまで難しいものではありません。

例えば、「生活経費を削減するために、家計簿を見直す」のも立派な数字での思考法ですし、「転職後に月額2万円給料が上がれば、10ヶ月後に新車の頭金が払える」というのも数字を用いた人生計画です。つまり、私達が日常的に行っていることをより意識的、発展的に実践するのが「数字による仕事設計・人生設計」ということです。

特に、お金を扱う会計・ファイナンスの考え方は、合理的な意思決定のために、経営者や財務担当でなくても、様々な職種や立場の人にとって有益なものとなります。この機会に、「ファイナンス思考法」に基づいた仕事と人生の意思決定について学んでみませんか?

公認会計士が教えるファイナンスを仕事と人生に応用する方法

公認会計士の梅澤真由美氏が、一般の方向けに書かれた『シンプルで合理的な意思決定をするために「ファイナンス」から考える! 超入門』という新書籍が、「お金の計算に基づいた人生設計・仕事設計」の実践的な方法について分かりやすく説明していますので、その概要をご紹介します。

梅澤氏は、あらゆる職種や立場の人が、仕事と人生においてより良い未来を築くために「数字で考えるファイナンスの技術」が有効であると説明しています。

例えば、仕事では、
「新規事業を立ち上げる」
「人を採用する」
「新しい設備を調達する」

家庭では、
「保険に加入する」
「マイホームを購入する」
「子供の教育費用を検討する」

といったように、未来の選択肢に関わるお金の問題を整理し、適切な判断・計画を導き出すための合理的な思考プロセスこそが、ファイナンスだということです。

この「お金に換算して数字で考える技術」を、何ごとにおいても習慣づけることができれば、勘や経験則に頼らず、シンプルで合理的な意思決定ができるようになり、結果的に、考える時間も短くなって望み通りの結果を得やすくなると、著者は指摘しています。

本サイトでも、他の記事で財務やファイナンスについての専門知識を有する人材が企業で重宝されているということをご紹介しましたが、そのような専門家ではなくても、職種に関わらず、ファイナンスの使い方を知っているビジネスパーソンは非常に高く評価されると言えます。

また、将来、キャリアや家庭をどのように築いていくかという点においても、お金の問題は避けられません。それを正面から向き合い、ファイナンスを活用して、しっかりと数字に基づいた意思決定を実施していけば、人生の質が飛躍的に高まるはずです。

梅澤真由美氏は、日本では数少ないファイナンスや管理会計専門の公認会計士として、コンサルティング業務に従事する傍ら、セミナー講師としても活躍しており、一般の人には倦厭されがちな難しいファイナンスの専門知識を誰でも実践的に活用できるように分かりやすく伝えています。

より深く学んでみたい方は、一度書籍を手にとってみてはいかがでしょうか。

かんき出版公式サイト:https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761274689
Amazon 販売URL:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761274689/kankidirect-22/
楽天販売URL:https://books.rakuten.co.jp/rb/16146235/?l-id=search-c-item-text-01

参考情報

【参照元URL】
「人生設計ができない」「数字で考えるのが苦手」な人のためのファイナンス的な思考。仕事でも人生でも、シンプルかつ合理的に意思決定ができる本
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000268.000011466.html

【著者プロフィール】
梅澤 真由美 (うめざわまゆみ)
公認会計士、管理会計ラボ株式会社代表取締役。
京都大学大学院農学研究科在学中に公認会計士試験合格、その後、監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)に入所。2007年から日本マクドナルド(株)で経理・予算管理・経営企画など、経営財務分野の幅広い業務に携わる。2012年、「将来を変え、事業に貢献できる」ファイナンスのおもしろさに気が ついたことをきっかけに、ファイナンスを究めたいとウォルト・ディズニー・ジャパン(株)に転職、ファイナンスマネージャーを務める。
2016年、現在の管理会計ラボ株式会社を開設、日本では数少ないファイナンスや管理会計専門の公認会計士として、コンサルティング業務に従事する傍ら、セミナー講師としても活躍。具体的でわかりやすい解説には定評がある。Retty(株)など、社外役員も複数社務めている。2015年ボンド大学ビジネススクール(MBA)修了。
主な著書に『今から始める・見直す 管理会計の仕組みと実務がわかる本』(中央経済社)、『元企業内会計士が教える-経理のためのエクセル基本作法と活用戦略がわかる本』(税務研究会出版局)がある。