新型コロナ対策でリモートワークが定着する? 働くママへのアンケート調査をコネヒト社が公表!

新型コロナ対策で生活が一変! 働き方はどう変わる?

今年に入ってから、連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルスですが、全国の学校休校やイベント自粛要請など、次々と政府から新しい方針が示され、日常の仕事や生活のスタイルを変えざるを得ない方がほとんどではないでしょうか。

一方、企業側も、会社内での感染リスクマネジメントだけでなく、渡航規制や自粛モードに伴う業績悪化や、学校が休校になった保護者の従業員をどう休まさせるかなど、様々な対応に追われており、日常モードに切り替えるまではまだしばらく時間がかかりそうです。

そんな中、企業側で改めて着目されているのが「リモートワーク」です。通勤を無くすことで、オフィスや満員電車での感染リスクを下げつつ、学校休校で子供の面倒を見なければいけない保護者の方も、家庭と仕事を両立することができます。

ただ、「リモートワークができる職場ばかりではない」という声も多く聞かれます。実態は、どのような状況なのでしょうか。

ママ向けアプリ「ママリ」を運営するコネヒト株式会社が、学校が休校になった子供を持つ働くママを対象として、リモートワークに関するアンケート調査結果を発表していますので、早速その内容をチェックしてみましょう。

リモートワークの現状と今後の課題とは?

【コネヒト社 アンケート調査結果】

  • リモートワークが(今回の新型コロナウイルス対応や臨時休校対応で特別に認められた場合も含む)「可能」な職場は約20%に留まる。
  • 子どもが近くにいる環境でのリモートワーク(以下、親子リモートワーク)にはほぼ全員が課題感あり。
  • 親子リモートワークには、「勤務時間の柔軟性」「子どもの過ごし方」「周囲のサポート」が必要。
  • 親子リモートワークを実現するためには、学習コンテンツや室内レンタル遊具など子どもが一人でも長時間集中できるようなサービスが求められている。

<調査概要>
実施会社 :アプリ「ママリ」を運営するコネヒト株式会社
調査日  :2020年2月28日(金) ~ 2020年3月2日(月)
調査方法 :アプリ「ママリ」およびTwitterおよびInstagramのママリ公式アカウントのユーザーに対してインターネット調査を実施
調査人数 :1,777名
調査対象 :子どもが1人以上いるママ

親子リモートワーク時の課題として「子どもが一人で長時間遊び続けることができない」、「子どもが気になり集中できない」という回答が多くみられ、子供との過ごし方をどうするかが大きな懸念事項となりそうです。

また、この解決策として、誰か協力者が必要という回答が顕著に見られました。その中でも、ベビシッターを使うという方は全体の3割以下に止まり、半数以上の方が祖父母やパートナーに頼むという回答をしています。

その他、勤務時間の柔軟性や、子供との接し方についても様々な意見が集まっており、仕事環境・家庭環境の両面で解決すべき課題はまだまだ多いと言えそうです。

しかし、各家庭の事情や今回のような緊急事態に備えて、可能な限りリモートワークを進めていくというのは、企業や政府において強い意向が見られ、今後ますます加速すると予測されます。

リモートワークをどのように効果的に取り組んでいくかということについて、様々な勉強会や情報交換ネットワークもできつつあり、新たなワークスタイルとして誰もが受け入れていく時代へ徐々にシフトしてきています。

働き方もライフスタイルも様々な対応を求められる現代では、他の人や企業の成功事例を知ったりなど、正確で新しい情報を常に収集することが大変役に立ちます。

本アンケート調査を実施したコネヒト社が運営するママ向けアプリ「ママリ」は、月間閲覧数1億回を越えている日本最大級のママ向けQ&Aアプリです。最新情報を得て、家庭と仕事の質を高めていきたい方は、ぜひ一度アプリをチェックしてみはいかがでしょうか。

参考情報

【参照元URL】
ママ1,777名へ聞いた「新型コロナウイルス感染拡大防止や臨時休校に伴うリモートワークに関する調査」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000019831.html

【ママリについて】

「ママリ」はママ向けNo.1アプリ、情報メディアを展開する、国内最大級のママ向けサービスです。
月間アプリ閲覧数約1億回、月間投稿数約150万件、2018年に出産した女性の3人に1人が会員登録をしています。
「ママの一歩を支える」というミッションのもと、記事やQ&Aのやりとりを通してママが抱える悩みごとを解消しています。多くのさまざまなママたちの声が集まる場という特徴を活かし、購買判断を支える「ママリ口コミ大賞」や行動したママを受け入れやすい社会をつくる「変えよう、ママリと」プロジェクトを開始。家族の意思決定者であるママを支えてまいります。

<情報メディア>
https://mamari.jp

<Q&Aアプリ>
iOS:http://apple.co/2jjuY9f
Android:http://bit.ly/2xt1lsz

【コネヒト株式会社について】

「人の生活になくてはならないものをつくる」をミッションに、家族のライフイベントにおける意思決定をITの力でサポートする会社です。今後、更に多様なライフイベント領域で、家族の選択の一助となるサービス提供を目指してまいります。
https://connehito.com

事業内容:ママ向けQ&Aアプリ/情報メディア「ママリ」の開発、運営
所在地:東京都港区南麻布 3-20-1 Daiwa麻布テラス5階

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?