働く女性を応援する企業「Cheer for Working Woman」第二弾で、ヒューマンアカデミー、ビースタイルが認定!

「女性にとっての働きやすさ」が企業の評価になる時代

本サイトでは、これまでも「女性の社会活躍を応援する企業の取り組み」を数多く紹介してきました。なぜ、今、これほどまで「女性活躍」に注目が集まっているのか疑問に感じた方も多いかもしれません。

一つの背景には、これまでの日本企業の雇用の在り方として顕著な傾向が見られた「長時間労働が主体で体力勝負の働き方が女性には不利」という点が社会的な批判を浴びてきていることがあります。

また、「働き方改革」を旗印に、生産年齢人口が減る日本では、まだ眠っている「女性の労働力」を活用しなければ、という政府や企業の強い意志が関係していることも確かです。

しかし、そのような社会的な構造変化だけではなく、女性自身の価値観や意識の変化も大きく影響しているのではないでしょうか。これからの時代を生きる女性にとって「自分らしい働き方ができるか」「家庭と仕事の両立が十分できるか」といった観点は非常に重要度が高くなってきていると言えるでしょう。

そのような意識の変化は、「従業員にとっての企業の評価」にも大きく反映され、女性にとって働きやすい環境かどうかという観点が、企業の採用力に直結する時代へシフトしてきています。

今は、ちょうどこのような変化が巻き起こっている最中ですので、まだ確立されていない部分も多く、企業側としても成功事例やロールモデルを求めています。そして、女性の声や価値観を上手く反映して、職場環境を変革していく企業は高い評価を得られる可能性が高まっています。

この時代背景の中で、女性のための生活情報紙を展開する株式会社サンケイリビング新聞社では、働く女性を応援する企業を認定する「Cheer for Working Woman」事業を今年1月からスタートさせました。どのような企業を、どのような基準で認定してるのか、早速チェックしてみましょう。

多様な観点から「働く女性を本当に応援する会社」を認定

サンケイリビング新聞社は、「リビング新聞」「シティリビング」「あんふぁん」「ぎゅって」など、様々な女性向け媒体を50年間に渡って発行し、多様な分野の生活情報を発信しているメディアです。

働く女性のトレンド変化をいち早く察知してきた立場から、女性活躍を推進する企業のリサーチにも深みがあります。

媒体読者を中心に、働く女性のリアルな声を吸い上げるアンケート調査を実施して、「働く女性を応援する企業の基準」を設定。それを元に、「Cheer for Working Woman」にて企業を評価しています。

オフィス環境/キャリア支援/業務の効率化/子育て制度/対外活動/社員の待遇など、54項目の多岐にわたる評価基準の中で、今回、見事、認定企業に選ばれたのは、ヒューマンアカデミー(https://haa.athuman.com/)とビースタイル(https://www.bstylegroup.co.jp/)でした。

今後、このような働く女性を支援する制度は、ますます充実し、その情報量も増えてくることと予想されます。自分らしい働き方を求める女性にとってはチャンスである一方、情報収集を念入りに行っていく必要があると言えそうです。

サンケイリビング新聞社では、このような認定事業の他に、下記のような働く女性のための様々な情報提供を行う事業を展開しています。ご興味ある方は、ぜひ一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

参考情報

【参照元記事URL】
働く女性を応援する企業「Cheer for Working Woman」認定企業第二弾が決定!~ヒューマンアカデミー、ビースタイルを認定~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000385.000005157.html

Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?