5分でわかる!フリーターが正社員として就職しやすい職種を理由も合わせてご紹介

「フリーターでも就職しやすい職種はある?」
「フリーターにおすすめの仕事を知りたい」
「職歴や学歴がなくても仕事ってできるのかな…」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、フリーターでも簡単に就職できる職種や、おすすめの仕事などについて詳しく解説していきます。

記事を読むことで、今の自分にできる仕事を把握することができ、安定した給与や生活を手に入れることができます。

安定した給与を得ることで、気持ちにゆとりのあるカッコイイ大人になれますよ!

フリーターの方におすすめの就職先3選


以下にて、フリーターの方におすすめする就職先を3つ紹介していきます。

・給与の良さ
・就職しやすさ
・未経験でも活躍できる

上記の3点をポイントにして選びましたのでぜひご参考にしてみてください。

給与は良いが業務が大変な「営業」

営業は、専門知識を必要とする会社以外は、未経験者を歓迎していることが多いです。

営業は他の職種と比べても給与が良いため、安定的な収入を得ることができます。
安定的な収入を得ることで、将来に対して不安を感じることも少なくなり、心にゆとりのある大人になることが可能です。

一般的には重視されやすい「学歴」「職種経験」「社会人経験」などを他の職種ほど重視していないのが営業の特徴になります。

そのため、「学歴に不安がある」「未経験可の仕事がを探している」とお考えの方にも、正社員を目指しやすいという点でおすすめの職種です。

ただ、営業職といっても、法人営業、ルート営業など種類がありますので下記で簡単に解説
しておきます。

【ルート営業】
ルート営業とは、昔から定期的にお取引のある顧客に対し、継続的に取引を続けてもらうように促す営業手法です。
たとえば、決まっているルートやお客さまなどを回って「多く売れている商品を追加発注しませんか?」「どの商品が売れてますか?」などを確認しながら自社商品を提案していきます。他の営業に比べて比較的取り組みやすい職種です。

【個人・法人営業】
法人営業は会社に対し自社の製品・サービスを提案していく営業手法です。
たとえば、会社でよく使われる「カラーコピー機」「空調機器」などが代表的な製品になります。
個人営業は個人で経営しているお店や自社の潜在顧客などに商品やサービスを売り込む営業手法です。

【反響営業】
反復営業はもともとニーズを持っているお客様への接客になるため、一番ハードルの低い営業です。反復営業で業務をこなすことで、営業の基礎や社会人としての基礎を固めることもできますので、営業未経験の人におすすです。

主な営業は以上になります。

新規開拓営業の場合は、「ノルマを達成しなければいけないというプレッシャー」「時間外労働が発生する可能性がある」などです。

営業はインセンティブ(売り上げを出したときの特別賞与)がある場合があるので、給料は他の職種より高い傾向があります。しかし、その分大変なことが多いというのも知っておくとよです。

接客がしたい人におすすめな「飲食業」

飲食業での就職は、バイト経験を活かしやすいため、早い段階でキャリアアップを目指しやすいです。

飲食業に就職することで、高い給与を得ながら社会人スキルや接客の基本を習得することができます。
接客の基本はどの業界でも通用するスキルになりますので、転職を考えたときの選択肢が増え、キャリアアップの基盤になってくれます。

飲食業をおすすめしたい人は「とにかく何でも良いから正社員になっておきたい」「近い将来に転職をするからとりあえずお金を貯めたい」といった人です。

また、飲食の経験がなくとも、飲食の求人は未経験歓迎のものが多く、学歴や経験、資格などを必要としない企業や店舗が多いのも飲食業の魅力の一つになります。

とはいえ、ホールとキッチンの両方を行うのであれば、接客経験に加え、料理経験があると優位になることは間違いありません。

ただ飲食業で働くだけでなく、「店長も目指していきたい」という人には実務経験はもちろん、勤勉さも同時に求められます。
店長を目指したい人で、キッチンとホール両方の求人が出ている場合はホールを選択すると面接が受かりやすいです。

一方、飲食業のデメリットは、「とにかく体力勝負の仕事になる」ということです。
20代だと徹夜や連勤も多少は大丈夫ですが、年齢を重ねるとともに大変になってきます。

もう一つ気を付けたいのは待遇面です。
飲食業界は会社によって待遇が全く違います。安定したホワイト企業であれば週休二日で残業もほとんどなし、イベント時には少し駆り出される、といったくらいです。

しかし、待遇があまりよくない企業だと「忙しい時には休みが取れない」「休みだと思っていたのに急に駆り出されてしまう」などいったことが頻繁にあります。

そのため、求人に応募する前に会社の評判を調べておくとよいです。

将来性を見込むなら「IT業界」

IT業界の人材は常に不足しているため、求人も非常に多いです。

IT業界に就職することで、高い給与を得られるだけでなく、あなたの市場価値を一気に上げることも可能です。

ただ、未経験でも就職できる業界ですが、やはり知識を持っている人のほうが向いている職種でもあります。

IT業界は基本的に学歴不問ですが、プログラミングの実務経験があることで採用が有利になる場合が多いです。そのため、趣味でプログラミングをしたことがある人や、アプリを作成したことのある人は面接時にアピールするとよいです。

プログラミングの実務経験がない場合でも、テストーや保守運用などの基礎的な仕事をしながら経験や知識を積むこともできます。

また、IT関連の仕事は比較的収入が高い傾向にあります。入社すぐから年収400万円以上を狙うのも十分に可能です。
しかし、年収が高い企業は残業が多かったり、休日出勤がある場合がありますので、事前に口コミ評判で見ておいたほうがよいかもしれません。

とはいえブラックな会社であっても、一度経験してしまえば「経験者」としての拍がつきますので、転職を重ねることで待遇の良いIT系企業で仕事ができる可能性もあります。

どちらにしてもフリーターでそのままいるよりは「給与が安定している」「職歴や社会経験がどんどん積める」などの良い待遇を受けられますので、積極的にIT系の求人を探してみてください。

フリーターにあまりおすすめできない2つの職種


以下にて、フリーターの方にはあまりおすすめできない職種を理由付きで紹介していきます。

専門性が高い「クリエイティブ職」

色々な分野で活躍するクリエイティブ職はあまりフリーターからの就職先としておすすめできません。

なぜなら、選考では業界での職歴や経験が重視されており、フリーターはそのスタートラインで出遅れていることになってしまうためです。

また、仕事の性質上、残業や休日出勤をしなければならない場合が多く、就業環境は過酷である可能性が高い職種でもあります。

それでもクリエイティ職を目指したいという人は、勉強や実務経験を効率的に積み上げていくことを考えなければいけません。

さらに、仕事をする上では「発想力」「センス」「企画力」などが求められます。クリエイティブ職はチームとなって仕事をすることも多いため「コミュニケーション力」も必要不可欠なスキルです。
また、経験なくしての就業が難しい以上、アルバイトにしても応募先のクリエイティブ職に関連する業界で勤務した経験は最低条件になります。

狭き門!「専門事務職」

専門事務職とは、普通の事務職ではなく「法務事務」「貿易事務」「経理事務」などのような専門的に特化した知識を持っていなければ務まらない事務職のことです。

各企業では、即戦力を求めるならば経験者を中途採用し、そうでなければ新卒者を採用して育成するケースがほとんどであるため、フリーターからの挑戦が非常に難しい職種になります。
「フリーターを採用する」という選択肢を持っている企業は、かなり少数派であると考えておいてください。

とはいえ、専門性の高い事務職ほど年収も高くなりますので、難しいことを承知のうえで挑戦してみたいという人もいるかもしれません。
専門事務職に就職したいということであれば、何よりもまず専門的な知識を身に付ける必要があります。

また、専門事務職は会社を裏から支えるスタッフとして非常に重要なポジションであるため、キャリアで劣るフリーターの立場は「これまでのアルバイトでどれだけ職場に貢献してきたか」を力強くアピールすることが重要になってきます。

就職活動を効率的に進めたい人はエージェントに相談しよう


就職活動を行う際は、ぜひエージェントの起用を考えてみてください。

エージェントとは転職・就職をサポートしてくれる、いわば就職のプロです。

エージェントを利用することで下記のようなメリットを得られます。

  • 面接の日時を調整してくれる
  • あなたに合う求人をプロの目で判断し紹介してくれる
  • 応募する企業に合わせてエントリーシートの添削を行ってくれる
  • 非公開求人(一般的に公開されていない求人)を選択肢に加えられる

など、さまざまメリットを全て無料で得ることができます

「そもそも就職しようかどうか迷っている」「今の自分にどんな仕事ができるのかを知りたい」といった相談でも対応してくれますので、まずは気軽に連絡してみてはいかがでしょうか。

まとめ


この記事ではフリーターにおすすめする就職先や職種について紹介してきました。

たとえアルバイト経験しかなかったとしても、記事で紹介したような仕事であれば就職は十分に可能です。
特に、IT業界は引く手あまたな状況が続いているため就職しやすくなっています。

まずは「今の自分にはどのような求人があるのか」「現段階での自分の市場価値」などを知るためにもエージェントに相談してみましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?