Skype等のオンラインツールを活用したオンラインレッスンがブーム!今後の需要増加も見据えて新規開校多数!!

オンラインレッスンの導入数がコロナ後急激に増加

新型コロナウイルスの拡大を受け、日本政府が全都道府県に緊急事態宣言を発令しました。これにより、企業は通常の業務を行うことが困難になり、感染リスクの低い、オンラインでのイベント実施などの対策に追われています。このような状況下において、「RESERVA」(https://reserva.be)を活用している事業者の中でも、これまで対面で行うことが多かったレッスンや講義をオンラインで開催するケースが増えてきていることが、今回「RESERVA」を運営する株式会社コントロールテクノロジーの調査の結果わかりました。

オンラインレッスン新規提供者の推移

オンラインレッスンの数はどれだけ増えているのか

予約管理システムRESERVA(https://reserva.be)上で作成されたオンラインレッスン数の集計を実施した結果、本格的に自粛の呼びかけが始まった3月から急激に増え始め、4月24日時点で580事業者が導入しています。このままの推移が続けば5月には新規登録者数が1,200社を超えると予想しています。

これまでのオンラインレッスンの導入数と見比べてみてもこの差は歴然であり、今回の事態に対応するために、顧客のニーズに対してオンラインでのレッスン提供という形が対応していることを表していると考えられます。

### オンラインレッスンの際に用いられるツールは何なのか
また、そうした際に用いるオンラインツールとしてSkypeを使用している件数が増加していることもわかります。予約管理システムRESERVA(https://reserva.be)上で作成されたSkypeを使ったオンラインレッスン数の集計を実施した結果、4月24日時点で280社が導入しています。5月は、このままの推移が続けばSkypeを使ったオンラインレッスンの新規登録者数が500社を超えると予想しています。

オンラインレッスンが急増している理由

今回、このようにオンラインでのレッスンが増加している背景は、新型コロナウイルスの影響によって、感染拡大を防ぐために、オンラインでも実施可能なレッスンや講習がオンラインに切り替えられていることが挙げられます。実際にレッスンを受講する側の生徒からも、感染拡大を防ぐために非対面での対応を求めるような傾向があることも伺えます。新型コロナウイルスの収束が見えないことや、移動時間がなくなって利便性が向上しているなどの理由から、今後も非対面のコミュニケーションが推奨されることが予想されるため、5月以降もニーズは高まっていくと考えられます。

参考情報

580社のオンラインスクールが「RESERVA」上で新規開校、Skypeを活用したオンラインレッスンが急増中
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000049555.html

株式会社コントロールテクノロジー
URL:https://tech.controlgroup.jp

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?