フリーターの就活は難しい?フリーターでも最短2週間で内定を取る方法をご紹介

「フリーターでの就職が難しいって本当?」
「今さら就職活動をするのが不安でこわい…」
「簡単に就職できる方法があれば嬉しい!」

上記のような不安や疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、フリーターで就職を考えている方へ向け、

  • フリーターに就職が難しいといわれる5つの理由
  • フリーターが転職エージェントを利用すべき3つの理由

について詳しく解説していきます。

記事を読むことで、効率良く就職活動を進められるようになります。それにより内定を獲得し、安定した生活と豊かな毎日を手に入れましょう。

フリーターに就職が難しい5つの理由


以下にて、フリーターに就職が難しい5つの理由を紹介していきます。

どうして就職が難しくなるのかを具体的に見ていきましょう。

面接のマナーがなっていないから

社会人にはどのような場面においてもマナーが求められます。

しかし、フリーターは社会人マナーに関する素養がないため、面接でマナーの無さを露呈(ろてい)してしまうことになってしまうのです。

求められるマナーがきちんとなっていないと、どんなに上手に話せても面接官にマイナスな印象を与えてしまいます。

また、服装や髪形も社会人マナーの一部です。
見た目の印象は面接においても非常に重要になります。服装や髪形がきちんとしていないと、それだけで面接を落とされてしまうこともあるほどです。

第一印象が大事であるというのは『メラビアンの法則』からきています。
メラビアンの法則とは、人を見た目の印象で決めてしまう人が55.5%いるという実験結果を指したものです。

つまり、だらしない髪型や服装をしてしまっていると面接官に「この人はだらしない人だな」という印象を植え付けてしまうことになります。

そのため、面接前には常識的な言葉遣い、振る舞い方のマナーをしっかりと調べておくようにしてください。

なぜフリーターなのかを上手く説明できていないから

フリーターが就職活動をすると、面接時にほぼ必ず「どうして就職しなかったのか?」と質問されます。

そのとき、スムーズに答えることができれば面接官に好印象を残すことができますが、そうでない場合はマイナスの印象を与えてしまいます。

面接官に良い印象を与えるためにも、「なぜ自分はフリーターだったのか」を深堀し、質問の解答に備えてください。

そこさえしっかりと解答できれば、内定の獲得はぐっとあなたに近づきます。
「面接官を納得させられる解答であるかどうか」を基準にして考えるとよいです。

全体的に準備不足

フリーターの方は全体的に準備不足になってしまっています。

就職活動は準備が全てだといってよいほどです。
事前準備というのは、自己分析、企業研究などを指しており、これらの準備が不足している場合、やはり内定獲得は難しくなります。

たとえば、自己分析が不足していると、企業の採用担当者に刺さるように志望動機は作れません。
志望動機を作る際は、自分の強みだけでなく、企業研究もしっかりとしておく必要があるためです。

また、自分の適性が把握できていない状態だと「仕事内容がなんとなく面白そう」「給料が高い」「自宅と職場が近い」などといった観点で求人を選んでしまうことにもつながります。

さらに企業研究が不足することで、面接での受け答えに困る事も多くなってしまいます。
「フリーターから就職するのは厳しい」という事実を受け止め、しっかりとした準備をする必要があるのです。

求人を選び過ぎている

フリーターなど未経験から就職を目指す場合、求人を選びすぎてしまうと応募できる会社が見つからなくなってしまう可能性が高いです。

良い待遇の会社は人も集まってくるため、競争率が激しくなります。当然、その中には業界や職種の経験者も含まれますから、より就職は遠のいてしまいます。

今のあなたの年齢にもよりますが、まずは正社員として就職し、とにかくキャリアをスタートさせることを重視してみてください。

一般的に需要の高い業界・職種で経験を積むことができれば、2~5年後には本来やりたかった仕事への転職チャンスが得られる可能性があります。

もちろん、続けることも大事であるため働きやすい職場を選ぶことも大切です。
自ら調べたり、転職エージェントを利用することで働きやすい職場を探すことができます。

よりホットな情報を得たい場合は転職エージェントを利用するとよいです。

フリーターには職歴が無いため年齢を重ねるごとに難しくなる

一般的に、フリーターの方が対象になる「未経験可」の求人は30歳を境に激減していきます。

なぜなら、フリーターには就職や転職において重要な武器となる職歴がないためです。
20代前半であれば一定の求人はありますが、それでも年々少なくなっていきます。

職歴を重ねていくためにも、できるだけ早いタイミングで就職活動を始めるべきです。

動くタイミングは常に今です。重い腰を上げ、今こそ動き出しましょう。

フリーターは転職エージェントを利用すべき!その理由とは?


フリーターは転職エージェントを利用することで、就職活動が一気に有利になります。

以下では、就職活動が有利になる3つの理由について紹介していきます。

非公開求人数が約80%

転職エージェントが扱っている求人の約80%は非公開求人となっています。
非公開求人とは、一般には公開されていない求人のことです。

Web上にある『リクナビ』『ハローワーク』などがいわゆる一般に公開されている求人になり、それらの求人は全体の20%程度でしかありません。

先ほども紹介したましたように、フリーターは選べる求人数が非常に少ないです。それは、転職エージェントを利用せず、一般に公開されている求人のみを見ているからという理由もあります。

就職活動は、どれだけ条件に合った求人情報を手に入れられるかが成功を左右します。

「80%の非公開求人情報を選択肢に加えておきたい」というフリーターの方は、ぜひ転職エージェントへの相談を行ってみてださい。

採用までのスケジュール調整をやってくれる

転職エージェントを利用することで「エントリーシートの提出」、書類が通って面接につながった際の「日程調整」などを全て行ってくれます。

極論、あなたは指定された日に面接へ行くだけです。

応募先企業とやり取りは結構面倒だったりするので、非常に楽でありがたいサービスの一つになります。

たとえば、面接の日程を組んでいて調子が悪くなったとしても、転職エージェントに相談することで微調整してもらうことができます。
直接応募先に電話するとなるとストレスですが、転職エージェントを挟んでなら相談もしやすいです。

もっというと、面接日程だけでなく、「給料面」「入社時期」などの調整も転職エージェントが行ってくれます。

また、求人を見て「もうちょっと給料が良ければなぁ」「入社時期が少し都合悪い」と思うこともあるかと思います。
転職エージェントはそういった「ちょっと相談しづらいこと」も直接、応募先の企業と交渉してくれるのです。

給料の変更は簡単ではありませんが、入社時期であれば転職エージェントが上手く調整してくれます。

就職に関わることであれば何でも相談できる

転職エージェントはキャリアアドバイザーとも呼ばれ、希望を伝えるのみならず、就職に関わることなら何でも相談できる存在です。

たとえば、下記のようなことについての相談することができます。

  • 履歴書の書き方
  • 面接マナーや自己PRについて
  • 自分に向いている業界や職種はなにか
    就職に際してどのような準備をすればよいのか

など、上記は一部です。

また、自分の希望に合った会社が早々に決まればよいのですが、フリーターの方の就職は難しいため転職エージェントを利用したとしても簡単ではありません。

予想外に長引いたり、なかなか内定がもらえずに気分が落ち込んだりすることもあります。

転職エージェントはそんな時に相談にのってくれたり、支えになってくれる存在でもあるのです。

まとめ|転職エージェントのサービスは全て無料


この記事では、「フリーターに就職が難しい理由」「転職エージェントを利用すべき理由」について詳しく紹介してきました。

記事を読んだことで現実に直面してしまい、肩を落としてしまっている人もいるかと思います。
たしかに、一人だと難しい就職活動ですが、転職エージェントと二人三脚で行うことで本来の難しさは無くなります。

『IT事務職教科書』の転職エージェントは、記事で紹介した「非公開求人の紹介」「転職に関する相談」などがサービスとして全て無料で受けられます。ぜひこれを機に利用してみてください。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?