テレワークによる在宅期間を利用して「オンライン英語」を学習したい女性会社員が急増!

テレワークによる在宅期間に「オンライン英語」を学習したい女性会社員が急増!

新型コロナウイルス感染症の影響により外出の自粛要請が発令され、日本中の多くの会社員がテレワークを行うようになりました。そんな中、テレワークによって通勤がなくなったために生じた空白時間を使って意欲的に学習に取り組んでいる人が増加しているようです。

『英会話スクールリンゲージ』及び『オンライン英会話リンゲージスピーク』を運営する全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林 順之亮)は、在宅勤務中における女性会社員の英語への意識調査を目的に、テレワーク実施企業に勤める女性会社員113名を対象に、「英会話に対する意識・関心度」に関するアンケート調査を実施しました。2020年4月22日〜4月24日の期間に、インターネットを用いてテレワーク実施企業に勤める女性会社員113名を対象に調査を行った結果、以下のような結果が得られました。

「英語」を学習したい女性会社員が6割以上!

「在宅期間中に何を学びたいですか。」と質問したところ、「英語」と回答した女性会社員が61.9%と、女性会社員の6割以上が在宅期間中を利用して英語学習をしたいと考えていることがわかりました。これは現職をに役立つスキルの44.2%を大きく上回る数字となっており、やはりまとまった時間が取れるテレワーク期間に集中的に学習をしたいと考える人が多いようです。

英語学習をしたいと考える女性会社員は「オンライン英会話」希望


前問で「英語」と回答した方に、「オンライン英会話に興味はありますか。」と質問したところ、「はい」と回答した女性会社員が87.1%と、英語学習をしたい女性会社員の約9割がオンラインでの英会話に興味を持っていることがわかりました。テレワーク実施のために整えたオンライン環境を学習にも利用したいと考える傾向があることがわかりました。

オンライン英会話に興味を持つ理由は、「スキルアップのため」


「オンライン英語学習に興味がある」と回答した方に、「その理由について1番当てはまる項目をお選びください。」と質問したところ、「スキルアップとして学びたい」と回答した女性会社員が37.7%、「海外に行けないため少しでも海外気分を味わいたい」と回答した女性会社員が26.2%、「在宅で寂しいため人と話したい」と回答した女性会社員が18.1%と、オンライン英会話に興味を持つ理由には、スキルアップとして学ぶために次いで、「海外気分を味わうため」「人と話したい」などの新型コロナウイルスで外出自粛になっている今だからこその理由も多く挙げられました。「英語」という非日常的なものに触れることによって外出できないストレスを発散しているのかもしれません。

「講師の質の高さ」を重視する女性会社員が約8割


「オンライン英語学習に興味がある」と回答した方に、「オンライン英会話学習サービスを利用する際の基準は何ですか。」と質問したところ、「講師の質の高さ」と回答した女性会社員が80.3%と、女性会社員の約8割がオンライン英語学習サービスを利用する際の基準として「講師の質の高さ」を重視することがわかりました。オンラインというコミュニケーションが制限されてしまっている環境の中でより英語の学習効率を高めるためにも、講師に気を配っているのでしょう。

「マンツーマン指導のサービス」に需要


「オンライン英語学習に興味がある」と回答した方に、「在宅期間中で、あなたが欲しいと思うオンライン英会話サービスを教えてください。」と質問したところ、「マンツーマン指導のサービス」と回答した女性会社員が78.7%と、オンライン英会話サービスとして「マンツーマン指導のサービス」の需要が最も高いことがわかりました。このことから、クラス制などの授業ではなく、講師とより親密なコミュニケーションが取れる媒体が求められているという事実がわかります。

テレワーク期間終了後もサービス継続利用を検討


「オンライン英語学習に興味がある」と回答した方に、「テレワーク期間が終了してもオンライン英会話サービスは利用したいですか。」と質問したところ、「積極的に利用したい」と回答した女性会社員が44.3%、「金額次第で利用したい」と回答した女性会社員が37.7%、「気に入ったら利用したい」と回答した女性会社員が18.0%と、英会話に興味を持っている女性会社員の全員が、金額や内容次第ではテレワーク期間終了後もオンライン英会話サービスの継続を視野に入れていることがわかりました。今回の時間が取れているうちに学習のリズムを作ってしまい、今後の日常が戻ってきた生活の中に英語学習を組み込みたいという考えを持たれている方が多いようです。

質の高い講師が充実しているオンライン英語学習サービス

今回の調査では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響で各社のテレワーク化が進むなか、女性会社員の在宅期間の利用の仕方のアンケートを実施しました。その結果、6割以上の女性会社員が、在宅期間を利用し英語学習をしたいと考えていることがわかりました。また、英語学習をしたいと回答した方のうち「オンライン英会話」に興味を持つ女性会社員は約9割にものぼり、外出自粛期間ならではの「オンライン英会話」の需要が浮き彫りになりました。

在宅期間中はコミュニケーションが不足する傾向があります。スキルアップやストレス発散に英会話を行うことは、有効な手段と言えるでしょう。

リンゲージスピークは、真剣に英語コミュニケーション能力を高めたい方のためのオンライン英会話です。大手企業向け語学研修で45年以上の実績をもつリンゲージが、提供する英語力養成メソッド。講師経験者の1%のみが採用され、独自の指導法に基づき、徹底的にトレーニングを受けた外国人講師が担当。また、長年培われてきた実績と経験に基づき、主に日本人を対象として開発されたスピーキングに特化したオリジナル教材を使用します。日本を代表する企業300社、有名私立高校も続々導入しています。

今回、テレワークの実施などで英語学習のためのまとまった時間が確保できるようになった方はリンゲージスピークのサービスを使ってみてはいかかでしょうか?

参考情報

テレワークによる在宅期間を利用して「英語」を学習したいと考える女性会社員は61.9%、そのうち約9割が「オンライン英会話」に興味あり
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000006978.html

オンライン英会話リンゲージスピークとは:
https://www.linguage.jp/lss/

Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?