貯金ゼロの上にコロナで生活ができない人必見!今すぐ未経験で稼げる仕事をご紹介

「コロナで仕事がなくなってしまった!早く次の仕事を見つけたい!」
「コロナでシフトが減って、貯金もないから来月の支払いがピンチ!」
「コロナに影響されないもっと安定した仕事を探したい!」

突然、コロナウィルスが世界中に蔓延してしまったことにより、このようなお悩みをお持ちの方が多いです。

この記事では、コロナで金銭面がピンチという方向けにお金を稼ぐチャンスをつかむために次の内容を中心にご紹介します。

・コロナで金銭面に不安がある人が今すぐとるべき行動
・未経験から正社員を目指すことができるおすすめの仕事3選

この記事を読むことで、不安な状態から抜け出ししっかりとお金を稼ぐ安定した未来を手に入れることができますよ。

貯金ゼロ!コロナで生活できないという人は給付金をもらおう

コロナの影響により、金銭的に困っている方はまず国からの給付金を受け取りましょう

コロナウィルス蔓延の影響による経済支援として安倍首相から国民全員に10万円の給付するとの発表がありました。

10万円給付の受給対象者は「基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者」で、職業や所得、去年からの収入の減り幅に関わらず給付金を受け取ることができます。

注意すべきことは給付を受けるための申請や受け取りをするのが、受給対象者ではなく「給付対象者の属する世帯の世帯主」であるという点です。

家族と実際に同居しているかどうかに関わらず、住民基本台帳上で世帯主となっている人が申請手続きと実際の受け取りを行うということを意味します。

一人暮らしをしているけれど転居の届けをまだしていなかった場合や事情があって住民登録上の家族と離れて暮らしている場合などは、世帯主へ受け取りの依頼や調整をする必要があります。

参照:https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/index.html

メリット

給付金をもらうメリットは、誰でも条件なく、10万円の給付が受けられるためコロナショックによって金銭的に苦しい方は生活費を補うことができる点です。

10万円あれば、最低1ヶ月は生活を保つことができるでしょう。

デメリット

デメリットは、5月初旬の情報では給付が一時的なものであることです。

そのため継続して収入を補ってくれるものではありません。

コロナにより収入が不安定になってしまった方は、給付でもらった10万円で生活を維持しながら、すぐに安定した生活をするための行動を取ることをおすすめします。

貯金ゼロ!コロナで生活できないという人は別のバイトで稼ごう

給付金をもらいながら検討すべき稼ぐ方法のひとつが新しくアルバイト先を見つけることです。

コロナの完全収束はまだまだ目処が立たないため、仕事がなくなってしまった方はシフトが減らないバイト先をすぐに見つけるのが当面の収入を確保する手段の一つです。

働き先としては、生活必需品を扱うスーパーやコンビニ、ドラッグストアは比較的シフトが減りにくいことが予想できます。

メリット

急いで収入を増やしたい方にとっては、アルバイトであれば即日採用になることもあるスピーディな採用が嬉しいメリットです。

収入が入ってくる先が増えることは大きな安心につながります。

デメリット

デメリットは、一旦アルバイト先を見つけたとしても長期的に仕事があるのかが分からない不安が伴う点です。

今後は長期的に経済が落ち込むことが予想されます。

当面は営業をしていたとしても、企業が利益を見込めず全店休業や経営破綻に陥る可能性はゼロとも言えませんので、安定するためには別の手段も検討することをおすすめします。

貯金ゼロ!コロナで生活できないという人は正社員に転職しよう

仕事の安定性を求めるのなら、やはり正社員になることを検討してみてはいかがでしょうか?

コロナは全世界の人にとって甚大な被害と不安をもたらしています。

このピンチな状況をあなたにとってチャンスに変えるため、正社員への転職を検討してみましょう。

メリット

正社員として働くメリットは、なんと言っても雇用が保証されているため簡単に来月からクビといったことにならない点です。

コロナという状況になって身をもって分かった方が多いように非正規雇用はいざという時どうしても不利な状況にあります。

また、コロナに影響されない業種を選べば会社の経営が安定しているためボーナスをもらうことも可能で、フリーターの頃と比べて年収が上がる点も嬉しいですね。

収入が上がれば、これまで諦めていたものが買えたり、やってみたかったことに挑戦できたり生活の質も上がりますよ。

デメリット

正社員として働くことにデメリットはほとんどないと言って良いでしょう。

挙げるとすれば、就職活動をすることになるため履歴書を書いたり、面接に何回も出かけたりと手間がかかります。

しかし、転職に向けた手間は一時的なものであり不安定な雇用と天秤にかけた場合、正社員の方が魅力的なのは明らかです。

未経験でも正社員を目指せるおすすめの仕事3選

やはり安定した正社員を目指したい、そう思っても「本当に自分でも実現できるか不安」という方が多くいます。

過去に就職活動で失敗してトラウマがある、正社員も業界も未経験な自分には自信がない、そんな方でも選ぶ業界や仕事を絞れば、採用率がグッと高まりますよ。

未経験でも正社員を目指せる業界や職種を3つご紹介します。

IT業界

1つ目のおすすめの仕事はIT業界の仕事です。

IT業界は世界中で需要が伸びており、コロナの影響も受けづらくおすすめです。

またコロナの影響により、リモートワークが一気に拡大しました。

他の業界が、大打撃を受けている中ですがリモートワークをサポートするITツールやリモートワークのITノウハウを蓄積している会社などは、むしろコロナをきっかけに仕事が増えたことも予測できます。

IT業界といっても業種や業務内容は広いため、多くの仕事の中からこれからの世の中に役立ちそうなビジネス、自分が関心のあるビジネスをしている会社から探すとスムーズに企業を見つけられますよ。

事務職

2つ目におすすめする仕事は事務職です。

事務職は、どの会社でも必要とされている仕事でワークライフバランスが保ちやすいため昔から女性に人気の職種です。

仕事内容もある程度決まっているため、一度仕事を覚えたあとは効率よく仕事を行う工夫をしていくことが必要です。

コツコツ作業をすることが好きな方やデスクワークをしてみたい方に、おすすめの職種です。

事務職は応募する方も多く倍率が高めの傾向があるため、諦めずできるだけ多くの企業に応募することで採用の可能性が高くなります。

コールセンター業務

3つ目におすすめする仕事はコールセンター業務です。

コールセンター業務では、企業の製品やサービスの問い合わせを受けたり、自社の製品の売り込みなどを行います。

コールセンターでの仕事が初めての人でも、マニュアルが整っているため安心して取り組むことができます。

お客さんと会うことがない仕事のため服装や髪型、ネイルなどの規則が厳しくない会社が多く、お洒落のために正社員を諦めていた方にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、コロナで仕事がなくなってしまった方、収入が減ってしまった方に向けて次に取るべき行動を紹介してきました。

ご紹介したIT業界、事務職、コールセンター業務ではコロナの中でも採用活動が行われています。

コロナで不安な日々を送っている今だからこそ、将来性のある仕事への転職をおすすめします。

正社員になれば安定した給料やボーナスを得て生活にゆとりが生まれるので、諦めていた自分の理想像に近づくことも可能です。

「正社員で働いたことがないから自分に自信がない」、「コロナの今、未経験から正社員になれる仕事が本当に見つかるのか心配」など、仕事探しが不安な場合は『IT事務職の教科書』へお気軽にご相談ください!

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?