コロナ自粛で夫婦仲はより親密になっている!?多くの女性がコロナ自粛で夫婦の時間が増えたことを喜んでいる!

コロナ自粛で夫婦仲はどのように変化しているのか

昨今猛威を振るうコロナウイルス。全国的に外出自粛ムードのなか、企業でもテレワークを推進し、家族と一緒にいる時間は増加しています。
5月の連休も終わり、緊急事態宣言も一ヶ月延長されたことから今後のこのような時間が増加することは予想されます。
株式会社CyberOwl(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中啓太、読み:サイバーアウル)が運営する“お金に関する情報メディア”「マネ会」では、全国の既婚女性500名以上を対象にコロナ自粛が生活に与える影響を調査しました。
家族と一緒にいる時間が増えてどう思っているのか?また、コロナにより生活はどう変わったのでしょうか?

コロナでの巣ごもり生活は夫婦仲を改善!

既婚女性525名に「新型コロナの影響で、パートナーと一緒にいる時間は増えましたか?」と質問したところ全体の約65%にあたる346名が「増えた」と回答し、そのうちの67%にあたる233名が「一緒にいる時間が増えて嬉しい」と思っていることがわかりました。これまではお互いに忙しくて夫婦の時間が取れていなかった分、一緒にいられる時間が増加しそれが喜びにつながっているのでしょう。また、それに起因して、育児や家事をパートナーが手伝ってくれるようになったことも関係改善の要因かもしれません。

その一方でストレスを感じる人も

やはりいちばん多い理由は「一人の時間がなくてストレスに感じる」という回答で実に約6割でした。テレワークにより、一人の時間を取ることが難しくなっていることがわかります。

なかには「今までは見て見ぬふりをしてきた相手の性格に向き合わなくてはいけなくなった。」という回答も。

一緒にいる時間が増えたことで顕在化した問題もあるようです。これまでは日中のほとんどを家の外出過ごしてきた、という人にとってはその存在が逆にストレスの原因になってしまうこともあるようです。

パートナーは家事などを手伝ってくれるようになったか?

 

もともと家事を手伝ってくれていた方は233名で全体の約67%にのぼりました。共働きの家庭が増えていることもあり、家事を分担している家庭が多いということがわかります。そして、その約半数の家庭ではパートナーが家事を手伝う機会が増えたと回答しています。

また、テレワークにより手伝ってくれるようになった方も49名となり、一緒にいる時間が増えた家庭の80%以上はパートナーが家事を手伝っていることがわかりました。

一方で、約20%の家庭ではパートナーは家事を手伝っていないことがわかり、手伝ってくれないままと回答した64名のうち半数にあたる32名は40代以上となっていることから、40代以上の夫婦では、パートナーがあまり家事を手伝っていないという結果となりました。

コロナ自粛で約1/3のカップルが関係改善!

346名のうち211名はコロナ自粛で特に夫婦仲は変化していないと回答していますが、約3割にあたる105名の方は夫婦仲が深まっていることが判明しました。

コロナ自粛をきっかけに、おおよそ3組に1組の夫婦はより親密になってきていることがわかります。

しかしながら、仲が悪くなったと回答した30名のうち半数近い14名は離婚を考えるようになるなど、深刻な問題に発展してしいることもわかりました。夫婦仲に悪影響がでてきているケースもあり、一緒にいる時間が増えることが、必ずしもポジティブとはいえないようです。

家計に大ダメージ!

今回のコロナ騒動による収入の変化を質問したところ、「収入が減った」と答えた方は全体の約46%にもなり、約半数の家庭がコロナの影響で収入が減っている状況が浮き彫りとなりました。

また、収入が減っていると回答した方のうち39%は5万円未満となっていますが、残りの61%の家庭では6万円以上収入が減っており、21万円以上減少したと回答した方も12%と、家計に深刻な影響がでている家庭もありました。

まとめ

誰もが経験したことのないコロナ自粛。良くも悪くもお互いの見えなかった面が浮き彫りになる中で、6割以上の夫婦が一緒に過ごす時間が増えたことをポジティブに捉えているようです。

時間がある時だからこそできる共同作業や、家事の分担が円満の秘訣だと思われます。

一方で収入が大きく減っただけでなく、支出も増えてしまうというダブルパンチが家庭の金銭的な不安を助長させてしまってこともわかりました。

コロナ自粛のプラスとマイナス。先行きの見えない現状だからこそ、夫婦の関係を見つめ直し、改めて協力することが肝心なのではないでしょうか。

『マネ会』では日々の生活で使える身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知って得するお金の情報を発信しています。
専門家やお金のプロによる監修記事をはじめ、『マネ会』独自で収集した口コミ情報や人気ランキングなどお役立ちコンテンツが満載です。
記事については、ファイナンシャルプランナーや弁護士などの専門家の監修を入れるだけでなく、独自のイラストや口コミ、各サービス比較などを交えて、難しい金融に関する情報をより分かりやすく届けられるように心がけています。
この機会に、さらにパートナーとの仲を改善したり、さらに深めるためのヒントを探すべく、これらのメディアを活用してみてはいかがでしょうか。

マネ会:https://hikakujoho.com/
マネ会カードローン:https://hikakujoho.com/cardloan/
マネ会クレジットカード:https://hikakujoho.com/creditcard/
マネ会キャッシュレス:https://hikakujoho.com/cashless/

参考情報

「コロナ自粛で夫婦仲はより密に!女性の約7割はパートナーと一緒にいられて嬉しいと回答」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000053577.html
株式会社CyberOwl
URL:https://www.cyberowl.co.jp/

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?