調剤薬局事務は資格必須?持っておくと有利になるオススメの資格をご紹介

「調剤薬局事務ってどんな仕事なの?」
「調剤薬局事務になるのって何か資格がいるの?」

事務職の中でも調剤薬局事務は働きやすく安定した職場環境を求める人に人気が高い仕事です。未経験からでも調剤薬局事務として働けるのか、資格が必要なのか気になる人も多いですよね。

本記事では調剤薬局事務への就職を考えているあなたのために、仕事の内容と必要な資格を徹底解説!

・調剤薬局事務に有効な資格4選
・資格取得の難易度と目安の勉強時間

をご紹介します。

調剤薬局事務は人気の仕事で求人倍率が高いため、就職するには資格があると有利です。

しかし、資格取得は現実的に厳しいかも…という方は資格なしの未経験からも就職できるIT業界の事務もおすすめです!

この記事を読めば、あなたのライフスタイルにあった働き方を見つけられ安定した生活を送ることができるようになります!

未経験から事務職に就職できるよう、是非参考にしてください。

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務の仕事は調剤薬局での事務全般で、在籍する薬剤師と連携をとって仕事を進めます。

調剤薬局では病院やクリニックでもらった処方箋をもとに薬を出し、薬の内容や服用方法を説明をし、レセプト業務を行います。

日本は高齢化の影響もあり、病院やクリニックで発行される処方箋は今後も増えていくことが予想できます。

そのため調剤薬局はどこの地方でも一定数求人があり、社会情勢の影響を受けづらい安定した仕事と言えます。

調剤薬局事務は事務職の中でも安定して働きやすい、結婚・出産・育児などライフスタイルの変化に合わせて職場を探しやすい仕事として女性を中心に人気が高まっています。

未経験で調剤薬局事務に就職する際に必要な資格5選

調剤薬局事務として働くために必須の資格はなく、未経験からも挑戦できる仕事です。

医療介護の求人サイトジョブメドレーでは未経験OKの調剤薬局事務の求人は約630件、うちほとんどが資格不問の求人でした。

しかし明確に資格が必要とされていないため多くの応募者が集まると予想されます。他の応募者と差別化するために資格であなたのスキルややる気をアピールすることが必要です。

調剤薬局事務として就職を目指す時に有効な資格を4つご紹介します。

資格① マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)

医療現場の業務はIT化が進んでおり調剤薬局事務の日々の業務でも、文書や表計算を行うPCスキルが必要です。応募時に明確に書かれている資格はありませんが、PCスキルをもっていることを客観的にアピールでき日々の業務効率化にもつながる資格取得がおすすめです。

マイクロソフトオフィス スペシャリストは頭文字を取ってMOSと呼ばれれます。ワードやエクセルといったマイクロソフト社のオフィスと呼ばれるソフトを使用する能力を示す資格です。

試験はワード、エクセル、パワーポイントなどソフトごとに分かれています。

調剤薬局事務に限らずワードとエクセルは非常に多くの職場で使用されているソフトのため将来のためにMOS資格取得をしておいて損はありません。

難易度

難易度は低め、知識を正しくインプットすれば比較的合格しやすい試験です。短期集中型の人の中には1週間集中して学習してすぐに合格した方もいます。

独学でも合格は可能で、少しでもソフトを使用したことがあれば30〜40時間、初めてソフトを使用する場合は40〜60時間が勉強時間の目安です。

おすすめの勉強方法

MOS試験合格のコツは、なるべく短期間で集中して学習し試験に挑戦することです。

テキストを1〜2冊選び、知識を覚えたらすぐに問題集や模試を解き始めます。

ソフトを使用する実技試験のため、短期間で知識を覚えた後は繰り返し問題をとくことで試験に近い形で知識を定着させることができます。

資格② 調剤事務管理士®​技能認定試験

調剤事務管理士®​は技術認定振興協会が主催する医療保険制度や薬の知識、処方箋から調剤報酬を計算する能力などを示す民間資格です。

調剤事務管理士®​は知名度が高く就活に有利なだけでなく、身につけた知識は採用された後にスムーズに現場のことを理解する手助けとなります。

難易度

合格率は60%程度できちんと知識を付ければ誰でも合格を目指せるレベルです。平均の勉強時間は3〜4ヶ月と言われています。

おすすめの勉強方法

試験合格のためには、知識習得とレセプト作成能力をつける必要があります。

合格の秘訣はレセプト作成の練習を繰り返すことです。公式のテキストはないため、書店でテキストを見比べ気に入ったものを繰り返し解き、調剤薬局で必要な知識とレセプト作成のノウハウを身につけましょう。

資格③ 調剤薬局事務検定試験

調剤薬局事務検定試験​は日本医療事務協会が主催する調剤薬局で働くために必要な知識と技能を審査する試験です。

2018年から始まった比較的新しい検定試験で、通信教育を利用すれば在宅で最短1ヶ月で試験合格できます。

知名度は資格②の調剤事務管理士®​技能認定試験の方が上ですが、家庭の都合で勉強時間が十分に取れない、外出するのが難しいという方におすすめです。

難易度

調剤薬局事務関連の資格の中でも合格率90%と比較的難易度が低いと言えます。効率よく勉強すれば、短期間で資格取得を目指すことも可能です。

おすすめの勉強方法

調剤薬局事務検定試験合格にはユーキャンをはじめとする認定団体が行う講座がおすすめです。
通信講座を利用する場合は1ヶ月、スクールに通う場合は最短で3日(15時間)で調剤薬局で事務として働くための最低限の知識が身につきます。

資格④調剤報酬請求事務専門士

調剤報酬請求事務専門士は調剤報酬請求事務専門士検定協会が主催する資格で、専門士とつくだけあり調剤薬局事務関連で最も専門性が高い資格です。

専門性の高さ順に1級から3級まで分かれており、未経験の方はまずは3級の合格を目指しましょう。

取得することで、調剤薬局でスキルアップしていきたいというやる気が伝わる資格のため、長く働いてキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

難易度

3級は合格率50%〜60%で、他の調剤薬局事務関連の資格と比べやや難しいです。レベルとしては新入社員レベルのため、調剤薬局で働く上で最低限身につけたい内容です。

おすすめの勉強方法

主催元である一般社団法人専門士検定協会の公式イーラーニングや公式テキストを使用しての学習がおすすめです。

イーラーニングは無料のお試しも視聴できるため、まずは一度視聴してみて自分に合っているか確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、未経験から調剤薬局事務を目指すために有効な資格を4つ詳しくご紹介しました。

資格取得には思ったより時間やお金がかかります。資格取得が難しいと感じた方は未経験で資格なしでも就職できるIT業界の事務もおすすめです。

IT業界は成長を続けており、今後もニーズが高まっていくことが予想されます。

IT業界は人手不足のため今なら未経験でも採用の可能性が高いです。またコロナのような世界情勢の影響を受けづらい安定した業界のため、ボーナスもしっかりもらえる可能性が高いというメリットがあります。

もしIT業界がよく分からなくて不安という方は、こちらの記事を参考にしてみてください!
ITサポート事務やテクニカルサポートに将来性がある?5つの理由を徹底解説
ITサポート事務が未経験,ITスキルなしでも歓迎って本当?経験者が語る本当に必要なスキルをご紹介

IT事務の教科書では、志望動機の添削や転職の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?