貿易事務を目指す方必見!貿易事務の仕事内容や年収や将来性について徹底解説

「貿易事務の仕事内容が知りたい!」

「貿易事務の年収や将来性は?」

事務職の中でも、海外とのやりとりがある貿易事務は専門スキルやビジネス英語が身につく人気の仕事です。

貿易事務の仕事内容、年収が気になる人も多いですよね。

本記事では貿易事務への就職を考えているあなたのために、貿易事務の気になる以下の点を徹底解説します!

・貿易事務の仕事内容

・貿易事務のメリット・デメリット

・貿易事務の年収

・貿易事務の将来性

をご紹介します。

貿易事務は未経験からもスタートでき、手に職がつけられる仕事ですがワークライフバランスや将来性にはやや不安があります。

ワークライフバランスを保って給料の高い仕事がしたい、成長している業界で働きたいという方は資格なしの未経験からも就職できるIT業界の事務もおすすめです!

この記事を読めば将来も安定して働くことのできる、あなたにぴったりな仕事を見つけることができますよ!

貿易事務があなたに合っているか判断するために、是非参考にしてくださいね。

貿易事務の仕事内容

貿易事務は次のような仕事を行います。

貿易に関する書類の作成

輸出入のための手配

出荷や納品の管理

貿易事務は貿易に必要な書類の作成や各種手配などの事務全般を行います。

貿易事務は貿易に関する専門知識やビジネス英語を身につけることができます。

家族の都合で転居や転職の可能性がある人も一度スキルを身につければ仕事を見つけやすい点が嬉しいですね。

貿易事務のメリット

貿易事務として働くメリットは次の点です。事務職でも専門性を身につけたい人にぴったりの職種です。

ビジネス英語を身につけられる

専門スキルを身につけ転職やスキルアップができる

海外との関わりがありグローバルな仕事ができる

事務職ながら英語のスキルを活かせる点が貿易事務で働く大きなメリットです。さらに実務を通してビジネスレベルの英語力も身につけることもできます。

貿易事務のデメリット

一方で、次のデメリットがあり転職を考える人もいます。

業務が多くストレスや残業につながる

トラブルが多い

貿易事務は外国とのコミュニケーションが必要なため、天候や事故などのトラブル、文化の違いや時差などによるストレスも多い仕事です。業務量も多くスピードを持って取り組むことも求められるため残業が多い点もデメリットです。

とてもやりがいのある仕事のため貿易事務が自分のライフスタイルや性格に合っているかを判断することが大切です。

貿易事務の年収

平均年収3500万円から450万円です。年収はボーナスを含んだ金額です。平均月収は25万円前後と言われています。

他の事務職よりも専門性が高く忙しい分、年収は高めです。また、スキルアップするなど昇給が目指しやすいことも特徴です。

貿易事務の初任給は会社ごとに大きくは変わりませんが、入社する会社によってボーナスの金額や昇給の可能性が大きく異なります。

ボーナスが少ない、昇給の機会が少ない会社や業界だと長期的に年収が低いままの可能性あるため入社前に情報収集することをおすすめします。

貿易事務の将来性

貿易事務は貿易や物流で重要な仕事であるため、将来無くなる仕事ではないでしょう。

しかし、IT技術の進歩や社会情勢の変化により求人が少なくなる可能性は大いにあります。世界的な経済の落ち込みや感染症の蔓延などにより、物流が止まったりトラブルに見舞われたりすることもあります。

また、責任感やスキルが必要とされるためワークライフバランスも崩れがちです。女性が多い職場なのでスキルアップして長く働ける人もいることは確かですが、人間関係や多忙によるストレスに耐える力も必要です。

貿易事務におすすめの資格

貿易事務での仕事をはじめるために必須の資格はありませんが、実務では様々な知識が求められます。

そのため、次に紹介する資格をとっておけばスムーズに仕事が始められ、実務も効率的に進めることができます。

未経験可の求人でも、やる気をアピールして実務にもすぐに役立てるように資格取得を目指すのがおすすめです。

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

TOEIC

日商ビジネス英語

貿易実務検定

貿易事務に応募するのであれば、英語や海外への興味・学習意欲は最低限アピールできるようにしておきましょう。

貿易事務の1日の流れ

貿易事務で働いている人の1日の流れをご紹介します。あなたも貿易事務として実際に働くイメージをもってみましょう!

9:00 出社

朝はまずメールやFAXのチェックを行います。

海外との時差の都合上、どうしても朝にメールやFAXが溜まってしまいます。効率よく確認をしていきます。

10:00 海外の取引先との調整

朝のうちに海外の取引先とやりとりをして各種手配や調整などを進めます。

12:00 ランチ

午前中の仕事を終えたら1時間のランチ休憩です。

同僚と一緒にランチに出掛けたり自分のデスクでお弁当を食べたりします。
入社したばかりの頃は、わからないことも多いので社内で悩みを相談できる仲間ができると心強いです。

13:00 国内の取引先との調整

午後は国内の取引先との連絡や手配などを進めます。

注文や納品に関する作業や港や倉庫への荷物の到着などを確認します。

17:00 資料の整理をして退社

取引先とのやりとりを済ませたら、社内の事務処理や資料のファイリングを行い退社します。

トラブルや繁忙期は残業が多くなりがちですが、効率よく仕事ができれば定時退社できる日も多いです。

貿易事務に向いている人の特徴

貿易事務は他の事務職より専門性が高くやりがいがあるため根強く人気の職業です。

貿易事務がどのような人に向いている仕事なのかを見ていきましょう。

英語とコミュニケーションが好き

貿易事務の仕事は海外とのやりとりがあることがやはり大きな魅力です。英語を使って仕事すること、コミュニケーションをとって上手く調整することに仕事の楽しさを見出せる方にはまさに天職でしょう。

内勤でもやりがいのある仕事がしたい

事務職は会社のサポートに回る仕事が多く、ルーチンワークが多くやりがいの点では物足りなさを感じる方もいます。事務職の中でも、貿易事務は自分が主体となって貿易をスムーズに進める調整を行うため大きなやりがいを感じることができます。

また通関士など上の資格を目指すこともできるため、貿易業務のスキルアップがしたい方や学習意欲が高い方にも魅力的な仕事です。

しっかりと仕事をしたら収入や資格で成果を実感できるとモチベーションが上がるタイプの方におすすめと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、貿易事務の仕事内容や年収、将来性、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介しました。

貿易事務はスキルを身につけられる事務職ではありますが、会社選びを一歩間違えると収入が低いままという可能性があります。
収入はしっかり確保したいと感じた方は未経験で資格なしでも就職できるIT業界の事務もおすすめです。

IT業界は成長を続けており、今後もニーズが高まっていくことが予想されます。そのため収入面でも高い水準が期待ができる業界です。

さらにIT業界は人手不足のため今なら未経験でも採用の可能性が高いことも特徴です。

世界情勢の影響を受けづらい安定したIT業界なら、ボーナスもしっかりもらえる可能性が高いというメリットがあります。

「IT業界いいかも!でもITがよく分からなくて不安…」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

IT事務の教科書では、志望動機の添削や転職の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?