学校事務のお給料は?未経験から目指す際に必要な資格についてもご紹介

  • 教員免許みたいな資格は必要あるの?未経験でもなれるの?
  • 学校事務の給料ってどれくらいなの?ボーナスはあるの?
という不安や疑問がある方は、ぜひ記事を読んでみてください!

記事を読めば、学校事務に対する理解が深まり、今思っている疑問が解決します!

今回の記事では学校事務の

  • 給料
  • 資格
  • 将来性
についてご紹介していきます。

とくに転職を考えている方は、参考にしてみてください!

ちなみに学校事務の仕事内容や大変なこと、やりがいをまとめている記事もありますので、併せて読んでみてください!

また学校事務以外にも事務職にはさまざまなものがあります。なかでもIT事務職は人気の職種です。興味のある方はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

学校事務の年収や給料は高い?低い?

学校事務を目指している方のために、学校事務の年収や給料をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

学校事務の平均給料は320〜500万超!

勤める学校の種類にもよりますが、学校事務の正社員の平均年収はおよそ320万。ただ学校の種類での違いもあるため、平均年収の推移は大体320万〜500万超と幅が広いです。正社員は月収でいうと手取りでおよそ24万円ほど。

働き方が違うと、どれくらい収入が変わるのでしょうか?下の給料表で確認しましょう!

働き方 時給 月収 年収 賞与
パート 1002円 16万円 192万円
派遣社員 1253円 20万円 240万円
正社員 24万円 320万円 80万前後

※パート・派遣社員の月収は時給×8時間×20日働いた場合の目安です。

※ボーナスは年2回支給、給料の4ヶ月分が支払われるとした場合の目安です。

公立の学校と私立の学校では、平均の給料も大きく変わってきます。

公立の場合は地方公務員と同じ給与のため、都道府県別で異なってきます。

私立の場合は学校それぞれにより、給料が異なります。

年代別の平均給料をご紹介!

学校事務の20代から60代の年代別の給料についてもまとめました。

下の給料表で確認してみましょう!

年代 月額給料 年収
20代 24〜26万円 320〜430万円
30代 29〜30万円 360〜490万円
40代 34〜38万円 420〜610万円
50代 41万円 540〜650万円
60代 28万円 340〜650万円

※厚生労働省のデータを基に算出します。

年代別でみると、平均給料はこのように推移します。

20代から60代だと300万近く、給料が上がるんですね!

また私立学校の場合だと、学校事務長というリーダー的な役割に就くことで、年収1000万円を得ることができます!

学校事務は安定した給料を得ることができる事務職といえるでしょう!

高卒の場合の給料は?

大手求人サイトの求人ボックスで調査したところ、学校事務の求人で高卒の学歴から募集をしている求人も多くあります。

では、高卒の場合の給料はどうなるのでしょうか?

高卒の場合の給料は320〜520万程度の水準です。

大卒の平均年収が500〜720万なため、比較すると200万程度の差があります。

とはいえ、500万円あれば手取りで380万ほどになるので、十分生活できる収入です。

たとえば、一人暮らしの場合、住まいでいうと家賃10万円前後のところに住めます。

その上で、少し高級なご飯を食べたり、大好きなブランドものの商品を買えるなど、ちょっとした贅沢もできます!

一人で暮らしていくには、申し分ない収入ですね!

学校事務で給料を上げる2つの方法とは?

学校事務で給料をあげる方法にはどんな方法があるのか、ご紹介します。

  • 同じところに長く勤める!
  • 人気のある学校を受けてみる!
学校事務で給料を上げる方法は2つです。

一般的に、学校事務は勤続年数が上がれば、上がるほど収入はあがっていきます。

特に公立学校は地方公務員となるため、勤続年数で収入が左右されます。

また私立の場合は学校によって給料も待遇も変わります

そのため勤めている学校によって、給料の上限や初任給などが大幅に変わります。

給料を上げたい場合は、人気があり、経営が安定している大きな私立を受けることもおすすめです。

大きい私立に勤めることで、年収1000万近い高い収入を得ることができます!

学校事務に有利な3つの資格をご紹介!

学校事務で資格を取ると有利な理由や未経験から目指す際に必要な学校事務の資格を3つご紹介します!

持っておくと便利な資格を3つご紹介!

学校事務を受ける上で、受けなければいけない必須の資格はありません。

ただ資格を取っておくと、学校事務で働く上で非常に役立ちます。

持っておくと便利な資格は以下の3つです。

  • MOS資格(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • 秘書検定
  • 日商簿記
学校事務は、一般的なPCスキルやコミュニケーション能力が求められる場面も多いため、PCに関わる資格や人との対話に必要な知識が学べる資格を持っておくことで実際の業務に活かすことができます!

とくに未経験の場合は資格を取っておくことで、採用にも有利になります!

では、どんな点が有利になるのでしょうか?

資格を取ると有利になる2つの理由

学校事務で資格を持っていると有利になる理由としては以下が挙げられます。

  • 資格を持っていることで、選考時に持っているスキルの明確なアピールができる
  • 実際に就職したあとのいざという時に知識を活かすことができる
たとえば学校事務はパソコンスキルが必要となるのですが、採用時には採用担当が必要なスキルがあるかどうかを見極めるすべがありません。そのため資格を持っていることをアピールするこで「この人はうちに必要なスキルが備わっている!」と少しでもその人のスキルや能力を知ることができます。どんなスキルがあるのか、先に知っておくほうが採用担当も働くイメージが湧きやすくなります。

また働き始めたあとでも、資格で得た知識が役立つタイミングは多くあります。その場面で「この資格をもっておけばよかった。」と後悔しないためにも一般知識が身につく資格に挑戦することをおすすめします!

学校事務の将来性は?

小学校、中学校、高校、大学、学校は全国のあらゆるカ所にあります。

そのため学校事務の募集もどこにいっても行われています。

では学校事務に将来性はあるのでしょうか。

日本の少子高齢化に伴って、子供の数は年々減っています。これからもその傾向は続くと想定されています。

子供の数が減っていくことによって、学校自体も統合や規模が小さくなっていきます。それに伴い、学校事務の必要な人数も減っていくと考えられます。

必要な人数が減っていくことはあっても、仕事がなくなるわけではないですが、単純作業など、AI技術の発達により人手がいらない仕事も増えてきています。

そのため必要とされる人材は「単純作業をこなす人」ではなく、「教育現場のことを考えられる人」なのではないでしょうか。

教師とは違う立場で、学校を発展させていく人材が今後必要となっていき、求められる人材になるのでしょう。

つまり今後の状況を踏まえると、学校事務の将来性はあるが「教育に関する能力が高い人や幅広い知識を持った人が必要とされる」ことになるということです。

そのためにも資格取得は大事になってきそうですね!

将来的には学校事務に求められるものが変わってくる!?

コロナウイルスによる影響で学校のあり方も大きく変わってきます。

最近ではオンラインの授業で行う学校が増えてきたり、分散登校も話題になりました。

それに伴い、学校のあり方が変わってきています。

今までは単純作業で定時に学校に行き、定時で帰る働き方が、学校事務でした。

ところが学校の形が変わってくることにより、いろいろな働き方を求められるようになってきています。

働き方が多様になっていくほど、学校事務に求められる仕事も増えていくことでしょう。

事務作業以外のことも行うことになると、教育現場の変化に柔軟に対応できる能力や今まで必要なかったスキルが必要になる場面も出てくるかもしれません。

「敷居が高くなりそう・・・」、「未経験だと入りにくそう・・・」と印象を受けた方もいると思いますが、安心してください。

自分の持っているスキルをアピールすることや学校事務になりたいという気持ちが伝わることで、「この人と働きたい!」と思ってもらえることが採用される上で大事です!

むしろハードルが上がることにより、学校事務に就職できればいろいろな仕事を覚えることができます。できることが増えることにより、他の事務職でも活躍できる人材になれるチャンスと捉えてみてください!

ぜひ、幅広いところで活躍できる人材になりたい人は学校事務を受けてみてくださいね!

まとめ

この記事では

  • 学校事務の平均給与は24万円
  • 資格の取得は就職する上で、必須ではない
  • スキルとしてアピールできる
  • 将来的には学校事務の立ち位置が変わる
ことをご紹介しました!

今回ご紹介した学校事務以外にもさまざまな事務職があります。

いくつかの事務職を比べた記事もあるので、併せて読んでみてください。

さまざまな事務職があるなかでもIT事務職は

  • 未経験でも入りやすい
  • 将来性がある
  • 給与水準が他の事務職とくらべて高い
ため、人気な事務職です。

現在IT業界は国内最大規模の市場となっており、IT事務職は安定した収入を得ることができます!

事務職への転職を視野に入れている方、すでに転職活動を初めている方には、ぜひIT事務をおすすめします。

興味を持った方はまずは無料相談。

経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をサポートします。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?