ITサポート事務の正社員と派遣社員どっちがオススメ?違いと正社員がオススメな理由をご紹介

ITサポート事務に転職や就職を考えているあなた。
ITサポート事務の雇用形態には、正社員と派遣社員がありますよね。

正社員と派遣社員はそれぞれメリットデメリットがあります。

そこで、正社員と派遣社員の違いを分かりやすくお伝えするために

・仕事内容
・未経験者の受け入れ
・研修制度
・将来性の有無
・お給料
・勤務時間
・福利厚生

の7つの項目で表にてそれぞれ特徴をまとめました。

そして、今後長く安定して働いていくために十分な環境や制度が整っているのは、正社員と派遣社員のどちらかをお伝えするために、項目ごとに正社員と派遣社員を徹底比較してみました。

それでは、詳しく説明していきます。

ITサポート事務の正社員と派遣社員の違い

ITサポート事務の正社員と派遣社員の違いを、まずは一覧で表にまとめました。
ざっと知りたい方はこちらをご覧ください。

正社員派遣社員
仕事内容・打ち合わせ用の資料作成
・エンジニアのスケジュールや作業の管理
・PC操作や不具合の問い合わせ
・打ち合わせの議事録作成
・データ入力・集計業務
・電話対応、来客対応
・報告書作成
・電話対応
・備品管理
・データ入力・処理
・見積書・納品書・請求書等の各種帳票の発行・発送
・ファイリング等の庶務
未経験者の
受け入れ
未経験者大歓迎ある程度の経験がある方を優遇
研修制度・研修制度が充実している会社あり
・社会人マナーから研修を用意している会社もある
経験者を優遇している分、手厚い研修は準備されていない
将来性の有無ある期待できない
お給料月給20万~40万
スキルアップに応じて昇給
時給制
平均時給1600円
賞与ありなし
勤務時間週5日、フルタイム勤務
9時~18時(休憩1時間)
週2,3日~
自分の都合に合わせられる
福利厚生充実している
社会保険、有給休暇等の法廷福利厚生制度ほか
充実していない
交通費が自己負担の会社あり

ここからは、対戦形式で、項目ごとに正社員と派遣社員を徹底比較していきます。
詳しい実況を交えて中継しますね!

Round1 仕事内容:引き分け

正社員も派遣社員も、業務をサポートするという点では、仕事内容に大きな差はありません。
しかし、正社員のほうが、定型業務に加えて、開発したアプリケーションの操作マニュアルを作成したり、操作テストのお手伝いを行ったりするため、派遣社員と比較すると、IT的な知識やスキルが自然と身についていきます!

派遣社員の求人情報を見ていると、仕事内容はほとどが定型業務でした。
しかし、「経験必須」の求人であれば、正社員と同様にIT関連の仕事を任せられる会社もあります。
ITサポート事務経験者の方であれば、今までの経験を活かしていけますね。

Round2 未経験者の受け入れと研修制度の充実度:勝者 正社員

派遣社員に比べ正社員の方が未経験を歓迎している分、研修制度も充実している

IT企業は人材を確保するために、事務職未経験の方も積極的に採用しています。
会社によって異なりますが、「未経験OK」の会社の求人内容を見てみると、

・Excelの使い方から教えます
・2か月間の研修で事務やITスキルを習得できます
・専任講師による3か月間の研修あり
・社員の9割が未経験者での入社

などどいったように、未経験者の方に手厚い研修プログラムが用意されている場合があります。
事務職を経験したことがなく、不安に思っている方も、安心して応募できますね。

一方、派遣社員は、ある程度の事務経験やIT業界での職務経験がある方が優遇されています。そのため経験を前提に募集されていることが多く、手厚い研修制度は設けられていません。
事務未経験の方は、派遣社員で働くことはハードルが高く感じるため、正社員で入社し、経験を積むことをオススメします。

もしあなたが経験者の場合は、即戦力として活躍できる派遣も選択肢として考える見るといいでしょう。

Round3 将来性がある:勝者 正社員

正社員はキャリアアップしていける

正社員は、定型業務が中心の派遣社員に比べて、仕事を通してITに関する知識や経験を身につけていけます。
この先需要がどんどんと高まるITの知識をつけることで、

・IT業界で通用する人材になれる
・転職する際も重宝される

というようなメリットがあります。
このように、正社員は事務職の垣根をこえて、IT業界を牽引していく人材へとキャリアアップ出来る道があります。

一方、定型業務中心の派遣社員の仕事は、今後AIやITの力でこなせるようになってくるので、この先需要はどんどんと減っていきます。そのため、安定した将来性は、正社員に比べて見込めないのが現状です。

Round4 安定したお給料:勝者 正社員

正社員はスキルアップに応じて給与アップ

月収で働く正社員は、固定給に加えてスキルアップや、勤続年数が増えることでお給料がアップしていきます。
お給料とは別に、ボーナスももらうことが出来ます。
そのため、安定した収入を得ることが出来ます。

一方、時給で働く派遣社員は出勤日数によって月収が大きく変わります。
5月のGWや8月のお盆休み、1月の年末年始休暇など休日が増えて出勤日数が減る月は、その分収入に影響が出ます。月収で働く正社員と違い給与が安定しません。

しかし、どうしても派遣社員で稼ぎたいという場合は、土日・祝日も勤務可能な会社を探すことをオススメします。

Round5 勤務時間に自由度がある:勝者 派遣社員

派遣社員は自分の都合に合わせて勤務時間を調整できる

正社員は、会社によりますが、基本的には月曜日~金曜日の週5日のフルタイム(09:00~18:00)勤務がほとんどです。
しかし、中には働くママを応援している会社もあるので、相談に応じて時短勤務や、出勤時間を調整してくれる場合もあります。

一方、派遣社員の場合は、

・週2日からOK
・勤務時間は4時間~OK

というように、働きながらも、プライベートの時間をしっかり確保することができます。ゆっくり友達とデイナーを楽しむことも出来ますし、習い事に通って教養をつけることも出来ますね。

派遣社員は、自分の都合に合わせて勤務出来るため、

・仕事と子育てを両立したいな
・子供の送迎時間までに仕事を終わらせたいな
・子供との時間を長く、大切に過ごしたい

というママさんも、派遣社員として働くことが魅力的に感じるのではないでしょうか。

Round6 福利厚生の充実度:勝者 正社員

正社員は福利厚生が充実しているため、女性が長く働ける環境が整っている

結婚や出産、介護のようにライフスタイルが変化しやすい女性にとって、安心して「長く」働ける環境づくりに取り組む会社が増えてきています。
具体的な取り組みとしては、時短勤務や産育休制度を活用しています。

また、正社員になると

・昇給
・賞与
・交通費支給
・残業手当
・住宅手当
・研修制度
・定期健康診断

などなど、たくさんの福利厚生を受ける事ができます。

一方、派遣社員の場合は、正社員ほど手厚い福利厚生は受けられませんが、最近になって、厚生年金や社会保険、労働保険に加入できる場合がでてきました。
以前は何の保険にも入れないのが一般的でしたので、保険に加入できる会社もあるというのは、働いていく中でメリットになりますね。
しかし、会社によっては交通費を自己負担しなければいけない場合もあるので、福利厚生の充実度でいうと、正社員の方が勝ります。

無料カウンセリングを受けてみる!

まとめ

結果発表!4対1で正社員の勝利

正社員派遣社員
仕事内容
未経験者の受け入れと研修制度
勤務時間の自由度
将来性の有無
安定したお給料
充実した福利厚生
合計41

正社員の方が、派遣社員に比べて

・未経験の受け入れ体制(研修制度)が整っている
・お給料が安定している
・将来性がある
・福利厚生が充実している

という点で、優位でしたね。

必ずしも、派遣社員がダメ!と言っているわけではありませんが、

・事務未経験だけどサポートして欲しい
・安定して長く働きたい
・どんどんキャリアアップしていきたい
・自分の可能性を広げたい
・将来結婚して、出産した後も働ける環境や働きやすい制度が欲しい

という方には、是非正社員をオススメします。

・どんな将来にしていこうかな
・この先働くうえで、必要になってくることってなんだろう
・将来見据えて、キャリアを考え直してみようかな
・何にも分からないけど、とりあえず相談したい

というようなお悩みをお持ちの方は、当社で無料カウンセリングを行っておりますので、ITサポート事務公式LINEまで気軽にお問い合わせください!

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント