ボーナスが少なすぎる!ボーナスを多くもらう方法やボーナスが高い業種を徹底解説

「ボーナスが少なすぎてモチベーションが上がらない!」と思っている人は少なくないでしょう。
中にはボーナスすらないという人もいるかもしれません。
そんなときに考えるのは転職ですよね。

しっかりとボーナスを貰える仕事に転職することで今まで我慢してきたことから解放されたり、モチベーションがあがるきっかけになります。

この記事では、現状のボーナスに不満を感じ、転職を考えている人のために

  • 今とるべき行動
  • 妥協して現状を続けることのデメリット
  • ボーナスがしっかりと支給される業界や業種

をご紹介いたします。

この記事を読むことで今の現状を改めて考え、安定したボーナスを貰える将来を目指すことができるでしょう。それでは早速みていきましょう。

ボーナスが少ない(出ない)理由3選

あなたの会社はボーナスが貰えますか?

もしくは貰えたとしても少なくはないでしょうか?それには大きく分けて3つの理由があります。
理由を知ることで次の会社を選ぶときの参考になるかもしれません。
しっかりと確認して転職に活かしましょう。

月給が多い

まず最初に考えられる理由として会社の月給自体が多い場合です。基本的に給与が多く設定されていることで相対的にボーナスが少ない(出ない)傾向にあります。また、月単位では無く年間で支給される給与が決められている年俸制の会社もあります。

この場合は自分の給与が労力に見合っているかどうか、また業界全体の平均年収と比較して少なくないかを総合的に判断する必要があります。

業績が悪く利益が出ていない

本来、ボーナスは賞与です。そのため会社自体に利益が出ていないと少なかったり最悪の場合支給されなかったりする場合があります。
そのため利益に波がある会社の場合、業績が良かった年と業績が悪かった年で大きく年収が変わってしまいます。

新卒や入社して長くない人には支給されにくい

「他の人と同じくらい働いたのにボーナスが少ない(貰えない)からモチベーションが上がらない」と思ったことはありませんか?
これは転職後や新入社員として入社した後にありがちな悩みですよね。
この方針は中小企業に多く見られる傾向があります。

どんなに仕事が出来ても新入社員という理由で一律でボーナスは寸志程度(もしくは支給しない)という風に決められてしまします。
これが理由で早期の退職を考えてしまうという人もいるようです。

ボーナスが出ない会社にいることのデメリット3選

あなたは現状に満足していますか?
ボーナスが出ない会社にいる事であなたにとってデメリットがあります。
まずはそのデメリットから目を逸らさずに知ることで今後の参考にしてください。

貯金がしにくい

ボーナスが出ない会社だと毎月の給与を少しずつ貯めていくしかありません。ボーナスがないことで一度に多額のお金が手元に入ってくるということがないため、「いざというときのためにボーナスを貯蓄しておく」という手が使えません。

貯金ができないと思い立って旅行に行ったり、引っ越しも出来ませんよね。

モチベーションが上がらない

ボーナスには会社が働き手に対してねぎらいや評価の意を示す意味もあります。
そのためボーナスが少なかったり出ない会社では仕事に対するモチベーションが上がらない傾向にあります。
仕事に対するモチベーションが上がらないと仕事も順調にいかなくなり、痺れをきらした退職者の増加などでますます報酬に見合わない労力を要求される状況も考えられます。

ボーナスがない(少ない)ことで会社にとっても自分にとっても悪循環になってしまいがちです。

今の現状に納得がいかない場合は早期の転職を考えてみるのも一つの手です。

クレジットカードやローンの審査に通りにくい場合がある

クレジットカードや住宅ローン・カーローンなどの審査の際には「ボーナスの有無」を記入する項目があります。つまり、ローンなどの審査の際に必要な個人の経済力を証明し信用を判断してもらう上でボーナスの有無というものは大きく影響してくるという事です。

同じ月給でもボーナスなしの会社だとボーナスありの会社勤めの人に比べて審査に通りにくい傾向にあります。これはあくまで一例のため、ボーナスがない場合でも年収ベースで算出した際に同額程度になる場合は不利になることはありません。

ボーナスをたくさん貰うためには転職しよう

現在あなたが働いている仕事は満足できていますか?正当な評価がなされていますか?

ボーナスが出なかったり少なくてモチベーションが上がらないときには転職を考えてみましょう。そしてしっかりとボーナスを貰える環境にいきましょう。

ボーナスを貰えるということには金銭的なメリットだけでは無く様々なメリットがあります。例えば会社が自分のことを正当に評価してくれていることを実感できたり、それがモチベーションのアップに繋がったりもします。

もちろん一回に大きなお金が支給されることでもしもの場合に備えた貯蓄や思わぬ出費のカバーをすることもできるようになります。
そうなることで心にも余裕が出て良い循環効果が生まれるでしょう。

ボーナスがしっかりと貰える業界・業種3選

ボーナスが貰えることで様々なメリットがあることがわかりました。ここではしっかりとボーナスが支給される会社へ転職を考えている人のためにどんな業界・業種であればボーナスを貰えるのかをまとめて3つご紹介いたします。

エンジニア

エンジニアという職業はご存知でしょうか。
エンジニアとはプログラミングなどを主にネットワークの構築や運用・保守を行なう職業です。エンジニアと聞いて難しくて専門的なイメージを浮かべる人も少なくないかもしれませんが、研修制度が十分に整っているため未経験でも挑戦できるほか給与水準の高い業界です。

エンジニアがボーナスをしっかり貰える理由としては業界の需要の高さにあります。昨今のIT社会においてエンジニアが必要とされる場面が多く、様々なジャンルにおいて活躍しています。社会的に必須な職業で業績の良い会社が多いため、その分ボーナスとしてエンジニアに還元されるされる傾向にあるようです。

事務

事務職は業務において必要不可欠な職種であるため、どんな会社でも基本的に事務職を必要としています。そのため求人枠も多く、長く働くことも出来ます。事務職には基本的なPCスキルを必要とするものが多いですが、日常的にPCを使う機会がある人であれば問題ない傾向にあるため気になった求人があればチャレンジしてみるのも良いでしょう。

気になる事務職のボーナスについてですが、事務職の平均月収は18万円程度となっており、ボーナスは月の給料の2~4ヵ月分が支給される傾向にあります。中でもIT事務と呼ばれる事務職は通常の事務職よりも給与やボーナスが多い傾向にあるためオススメの職です。

当社で、全国200名の事務職の方向けに「2020年夏のボーナス支給額に関する調査」を行ったので、こちらもぜひチェックしてみて下さい!

営業

営業の仕事は国内でもかなりの求人数があります。中でも学歴を問わない求人が多いという傾向があります。

例えば東京で学歴不問の営業職の求人を検索するだけでもざっと3000件を超える求人数となっています。

人と関わるのが好きな人や、話すのが得意な人であれば積極的にチャレンジしたい職種です。基本的には自社の商品やサービスを消費者に対してプレゼンし、販売促進に繋げるお仕事です。

営業の基本的な給与体系としてはインセンティブと呼ばれるものがあり、基本給に加えて成果報酬がプラスされる会社が多く、営業成績に応じてどんどん高給が目指せます。これはボーナスなどにも同様で、自分の頑張り次第では平均的なボーナスよりも多いお金をもらう事も可能です。

以上のことから通常の職種よりも、向き不向きなどの懸念点もありますが、自分の頑張りがボーナスに直結しやすいため、高いボーナスだけではなく仕事に対するモチベーションも上げやすい仕事だといえます。

ボーナスがしっかり貰える企業に転職した方の体験談

ここではボーナスがない会社からボーナスがしっかりと支給される企業に転職した方の体験談をご紹介します。実際にボーナスを理由に転職した方の体験談を知ることで、自分の転職に活かしましょう。

それでは早速みていきましょう。

私は学校を卒業後、これといった目標もなく、とりあえず地元の中小企業に入社しました。無事に入社できたは良いものの実際に働きだしてからは徐々に不満に思うことも増えていきました。それでも何とか頑張っていました。

そんな日々が続く中で、あるとき高校時代の友人と食事に行くことになったんです。初めは何気ない懐かし話で盛り上がっていたのですが、やはり大人になった同世代が集まってする話といえば今の仕事の話でした。

友人が今の会社の不満や愚痴を話し始め、次に私の番が回ってきました、友人の話では最終的に「ボーナスがあるから続けられてる」という結論に。私が今の現状(ボーナス支給なし)を話すと周囲は口を揃えて「転職を考えたほうがいい」と言いました。

 

「今は一人だから何とかなってるかもしれないけど、将来のために貯金するならボーナスがあったほうが貯金しやすい」という意見や転職を経験した友人からは「転職は一人じゃ不安かもしれないけど転職エージェントを使えばスムーズに今の会社に転職できた」という転職に関する経験談やアドバイスをもらいました。

 

正直、私自身、何度も転職を考えてきましたが、「次の仕事が見つからなかったらどうしよう」という不安からなかなか思いきれずにいました。しかし転職を経験した友人からのアドバイスもあり、話の中に出てきた転職エージェントというものを使ってみることにしました。

 

実際に転職エージェントに相談してからは、あっという間で、久しぶりすぎて不安だった履歴書の書き方から面接時の対策まで細かくサポートして頂けたことですぐに転職先が決まりました。

転職を決めたきっかけである「ボーナスがしっかりと支給される会社が良い」という意見も最初に話していたことで転職先の候補もすべてボーナス支給の会社ばかりをピックアップして頂けました。

 

おかげで今ではエンジニアとして東京で働いており、毎年ボーナスのシーズンを楽しみにしながら仕事が出来ています。転職を進めてくれた友人や、転職エージェントを紹介してくれた友人に感謝の気持ちと共に、あの時、思い切って転職を決意して良かったなと心から思います。

ボーナスをしっかりと支給される企業に転職するなら転職エージェントがおすすめ

転職はひとりでも出来ますが、不安な要素も多いですよね。そんなときは転職エージェントを使ってみるのもおすすめです。転職エージェントではボーナスがしっかりと支給される会社への転職希望をサポートしてくれます。

更に、転職の際のアドバイスとして、履歴書の正しい書き方や面接時の対策なども教えてくれるので、一人だとどうしても主観的になってしまいがちな履歴書・面接対策も、転職エージェントを使うことで客観的なアドバイスが貰え、転職成功率もアップします。

今あなたがボーナスを貰えなくて悩んでいるのなら、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。もう一人で転職に悩む必要はありません。

Click to Hide Advanced Floating Content

20代事務職「未経験」の女性が
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?