正社員でボーナスをもらえない方必見!高いボーナスをもらう方法を徹底解説

  • 「正社員でボーナスを貰っていない人ってどれくらいいるの?」
  • 「ボーナスがない会社の特徴や理由って?」
  • 「ボーナスが支給される業種について知りたい」

このようにお考えではないでしょうか。

この記事では、「ボーナスが欲しいなぁ…」とお考えの方に向け、下記について詳しく解説していきます。

編集部

  • ボーナスが出ない会社の割合(職業別)
  • ボーナスが出ない会社の特徴と理由
  • ボーナスがしっかりと出る職種3選

記事を読むことで、ボーナスが出る会社と出ない会社の特徴がハッキリと分かります。

「ボーナスについて疑問を解決したい方」「高いボーナスが欲しい方」はぜひ最後までご覧ください。

正社員でボーナスをもらっていない人の割合、ボーナスが出ない会社の割合

厚生労働省が調査した結果によると、ボーナスを支給した事業者の割合は全体の67.0%であることが分かっています。

つまり、実質ボーナスをもらっていない人の割合は23%となっています。

業種別で見ると、支給の割合が高かったのは「複合サービス業(95.2%)」「金融業・保険業(88.7%)」「電気・ガス業(86.3%)」。

逆に全体でボーナスの支給が少なかったのは、「飲食サービス業(42.8%)」「生活関連サービス業(45.4%)」「卸売業・小売業(65.5%)」となっています。

(引用元:厚生労働省『平成30年夏季賞与の支給状況 』https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3009p/3009p.html

ボーナスが出ない会社の特徴や理由

以下にて、ボーナスが出ない会社の特徴や理由について解説していきます。

主な理由は下記の通り。

編集部

  • 会社の業績が悪化した
  • そもそも給与体系にボーナスが含まれていない

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

会社の業績が悪化した

ボーナスは会社の利益に応じて支払われるものであるため、その年の会社の業績が悪いとボーナスの額は減ります。

ただし、ボーナスが完全に支払われないということはほとんどありません。

ボーナスは景気に左右されやすい面もありますので、ボーナスの額が大幅に減るということは考えられます。

そもそも給与体系にボーナスが含まれていない

そもそも給与体系にボーナスが含まれていないケースがあります。

たとえば、年俸制の場合はボーナスが支給されないケースが多いです。

年俸制とは、「1年の給料を12カ月に分割して支給する特殊な給与体系」のことを指します。

ただ年俸制の場合、年に2回のボーナス分をあかじめ上乗せさしていることも多いです。

そのため、「元々ボーナスがある給与体系よりも安定している」という見方もできます。

先述の通り、本来ボーナスは会社の業績や景気に左右されやすいく、不安定な面があるためです。

したがって、「年俸制はボーナスが無いから年収が低くなる」とは一概に言えません。

ボーナスの有無で約200万円ほど年収に差が生じる

日本経営団体連合会の調査では、2020年に支給された夏の賞与の平均は92万5,947円であることがわかっています。

ボーナスは年に2度ありますので、ざっくりと計算して約200万円ほどの差が生じることになります。

もちろんボーナスは個人の頑張りと評価が金額に直結しますので、あくまで想定の数値であることにご留意ください。

(引用元:日本経営団体連合会『2020年夏季賞与』http://www.keidanren.or.jp/policy/2020/058.pdf

ボーナスが欲しいかたが取るべき行動とは?

ボーナスが欲しいと思う方は転職がおすすめです。

先述の通り、業種によってはボーナスを支給していない会社もあります。

ボーナスのあるなしで年収にも大きな違いが生まれますから、収入を上げたいと思う方は積極的に転職を考えてみてください。

ただし、業界・業種によってはボーナスの支給額が低かったりもするため、「どの業界のどの職種ならボーナスが多いのか」というのを前もって知っておく必要があります。

そこで以下では、ボーナスがもらいやすく比較的に支給額が多い職種を紹介していきます。

ボーナスが多い&もらいやすい職種

以下では、厚生労働省が調査したデータをもとに、ボーナスが多い下記の職種について解説していきます。

(引用元:厚生労働省『平成30年夏季賞与の支給状況 』https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/30/3009p/3009p.html

エンジニア

エンジニアはボーナスがもらいやすい職種になります。

正社員での仕事だと給与も安定しやすく、転職先としての人気も高いです。

人気の職種ということもあり、「どうせ未経験は雇ってくれないでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

しかし今、IT業界は人材が不足しているため、未経験を積極的に雇用している会社が非常に増えています。

「エンジニアがいないなら自社で育てよう」と考える企業が増加しているのです。

未経験として就職することで、研修の中でエンジニアのノウハウを身に着けることができ、高収入を望むことができます。

今一番ホットな業界であるとも言われていますので、興味のある方はぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。

営業

営業職はボーナスが支給されやすいだけでなく、支給額も比較的高いです。

ベンチャー企業、中小、大企業問わず高いボーナスの支給に期待できます。

ボーナスが支給されやすいのは、そもそも営業にはインセンティブという賞与が備わっていることが多いためです。

インセンティブとは、成果に応じた支払われるプチボーナスのようなものになります。

インセンティブは固定給に上乗せして支払われますので、1年目でも高い年収を臨むことが可能です。初月から月収30万円を超えることもできます。

ボーナスはインセンティブとは別に支給されますから、その分年収も跳ね上がります。

成果を継続して出し続けるのは簡単なことではありませんが、頑張った分の見返りはどの職種よりも大きいです。

まとめ

この記事では、「ボーナスが支給されない会社の特徴」「ボーナスが比較的に多い職種」などについて詳しく解説してきました。

記事でも述べた通り、年に2回あるボーナスは年収に大きく影響していきます。

つまり、高い年収を取りたいのであれば、高いボーナスを支給する会社へ転職することが必須ということです。

年俸制の会社に所属して安定した給与を得るのも良いですが、100万円に近いボーナスを一度に貰える方がワクワクしませんか?

有休をとって海外旅行、高価なものを大人買い、などなど様々な楽しみを持ちながら仕事をすることができます。

「ボーナスがしっかりと支給される会社」をお探しの方はぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?