ボーナスが下がった人必見!安定的にボーナスをもらうための方法をご紹介

「なんでボーナス下がったの…」

とボーナスが下がって悩んでいる人は少なくないと思います。

更に今年はコロナの影響でボーナスがなかった人もいるでしょう。

この記事ではそんなボーナスで悩んでいる人のために、

  • コロナの影響を受けボーナスが下がってしまった人の割合
  • ボーナスが下がる原因(コロナ以外の原因)
  • 下がった時の対処法

をご紹介いたします。

この記事を読むことであなたのボーナスに対する悩みを解消し、しっかりとボーナスが貰える会社への転職を考えるきっかけになるでしょう。それでは早速みていきましょう。

コロナの影響で夏のボーナスが下がってしまった人の割合

悲しいことに今年はリーマンショック以来の経済的ダメージがあるとされているコロナショック。

当然ながら給与・賞与の面において少なからず影響を及ぼしています。

そこでIT事務の教科書では全国の事務職(正社員)200人にアンケートをおこない、コロナの影響を受けボーナスが下がってしまった人の割合を調査いたしました。

結論からまとめると2020年夏のボーナスがコロナの影響を受けて支給されなかった事務職の人の割合は約30%となりました。少なくともこれだけの割合の人がコロナの影響を受けてボーナスカットとなっているため、他人事ではない状況です。

ではこの数字を踏まえあなたは今のボーナスがもらえない状況をどう考えますか?

現状を維持することは一番簡単な選択肢ですが、このままボーナスを貰えない生活を続けることのデメリットはたくさんあります。

例えば

  • 貯金がしづらい
  • ローンが組みにくい場合がある
  • 仕事のモチベーションが上がらない

と、ザっと挙げるだけでもこれだけのデメリットがあります。ここではコロナの影響を受けた例を紹介しましたが、ボーナスが下がったり支給されないのは一概にコロナの影響だけではありません。次は他に考えられる原因を挙げていきます。

ボーナスが下がる原因

ここではコロナの影響は関係なく、ボーナスが下がったり支給されない原因についてまとめていきます。ボーナスが下がる原因については複数考えられるため、自分にはどの原因が当てはまるかを考えてみましょう。

会社の業績が悪い

会社の業績が悪いことはボーナスが下がる原因として最も考えられる事柄の一つです。ボーナスは本来賞与のため会社の業績が悪く、利益があがっていない場合は支給額が減る(最悪の場合は無支給)のは当然といえば当然です。

この場合は会社の業績や状況を冷静にみて、このまま続けていくことが懸命なのかを判断しましょう。まずいと判断したら転職を考えるのも一つの手です。

個人の業績が悪い

ボーナスには働き手に対してねぎらいや評価の意を示す意味もあります。そのため、会社の利益に関わらず、働き手個人の業績をベースとしてボーナスの支給額を算出する企業もおおくあります。

つまり、この場合はあなた自身が会社へどれだけ貢献できているかを考えることも必要です。この貢献度についての考え方は企業によって違いがあり、完全に数字で判断する場合もあるため客観的に見てもボーナス額が見合わないと判断できる場合は会社と談判するなどの対応策が必要です。

年俸制で賞与が月給に含まれている

年俸制で元々の給与が高く、ボーナスが支給されない場合には他のボーナスがもらえる企業と年収ベースでの差を算出しましょう。そうして算出した数字をもとにボーナスが支給されなくても年収ベースで満足できる数字なのかを判断しましょう。

ボーナスが下がった時の対処法

まず上記で説明したように、ボーナスが下がる理由には様々な原因があります。

「自分のボーナスがなぜ下がったのか」原因を追求しましょう。

原因がわかった後でも納得できない場合には、あきらめて放置するのではなく、それぞれの原因に合わせて対応することが大事です。

以下にて、ボーナスが下がった時の対処法をご紹介していきます。

会社の業績が悪くボーナスが下がった時の対処法

会社の業績が悪くボーナスが減額してしまった場合の対処法としては、

  • あなたが今いる会社の業績は今後上がっていく見込みがあるのか
  • 業績が上がるまであなた自身が我慢できるのか

を考えましょう。

当然、我慢して現状を続けることにはデメリットがあることも考えましょう。

あなたが今いる会社の業績は今後上がっていきますか?

業績が上がるまで我慢が出来ますか?

ここで「NO」となってしまう場合には思い切って、ボーナスが安定的に支給されやすい職種に転職することも考えてみましょう。

個人の業績が悪くボーナスが下がった時の対処法

あなた自身の業績があまり評価されずボーナスが減額してしまった場合には、あなた自身の業績を今一度見直しましょう。

ここで妥当だと判断できる場合はそのままで良いのですが、自分の業績に対して見合っていないと判断した場合には会社に交渉するという選択肢もあります。

この時に注意しておきたいのは、会社の方針として完全に数字をベースに評価する方針なのか、日頃の勤務姿勢を評価するのかを見分けることです。

例えば完全に数字をベースに評価する会社において、自分の成果(数字)があがっていないにも関わらずボーナスを上げてくれと交渉するのはナンセンスということです。

会社の評価方針と会社全体の個人成果を把握し、あなたの成果と比較することで適切な対応をとるようにしましょう。

原因がわかることで対策ができます。あなた自身がしっかりと成果を出してボーナスが上がるようにするという選択肢もあります。

それでも、場合によってはどうしても納得いく結果にならない場合もあるでしょう。そんなときには今の会社に固執せず思い切ってボーナスが安定的に支給されやすい職種に転職を考えてみると良いです。

元々の給与が高くボーナスが無い場合

この場合は前述した通り、あなたの給与を年収ベースで算出し、ボーナスが支給される他企業に比べて見合っているのかを判断しましょう。

この時、年収ベースでの収入に不満がある場合は会社と話し合うか、他の企業への転職も考えてみましょう。

中には、同じ年収でもボーナスが支給される企業のほうが良いという人もいると思います。その場合は会社の方針を簡単に変えることは出来ないため、ボーナスがしっかりと支給される企業に転職を考えてみると良いです。

 

ボーナスがしっかりと支給される職業3選

ここでは今の会社のボーナス体制に不満や悩みがあり、転職を考えている人のためにボーナスがしっかりと支給される職業をご紹介いたします。転職の参考にしてしっかりとボーナスがもらえる会社に転職することで金銭面だけではなく心にも余裕ができるでしょう

エンジニア

あなたはエンジニアという職業をご存知ですか?

エンジニアとは基本的にITにおけるプログラミングや保守・運用を行なう職業です。このエンジニア業界は基本的にボーナスがしっかりと支給される傾向にあります。

ボーナスがしっかりと支給される理由としては、IT業界は時代とともに需要が高まり、業績が上昇している傾向にあるからです。現代の社会においてITというものは常に必要とされ、様々な場面で活躍していることはあなたも体感していますよね?

エンジニアといえば専門的で難しいイメージがあるかもしれませんが、需要が高く慢性的な人員不足もあるため未経験でも積極的に採用する傾向にあります。業界全体の傾向として未経験でも質の高い研修制度を行うことで一からエンジニアを育てるという傾向にあります。

ボーナスはしっかりと貰いたいけど、未経験だからエンジニアは無理だろうと諦めているそこのあなたも大丈夫です。興味を持ったなら一度挑戦してみることをおすすめしたい職業です。

営業

営業の仕事にはインセンティブ制と呼ばれる給与体系があることが多く、給与+成果型報酬を貰えるため頑張り次第では高給が目指せます。

さらにこの成果はボーナスに反映する場合も多く、頑張って成果を挙げればおのずとボーナスも上がる傾向にあります。営業の仕事は人との対話が多い仕事ですが、喋りが得意な人はもちろん、対話が苦手な人でも一度は経験しておきたい職業です。

苦手を克服することはスキルを身につけることと同じくらい価値のあることです。営業での対話経験は必ずあなたの成長に繋がるでしょう。スキルアップしながら稼ぎたいと思うのであれば一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

事務職

事務職は基本的に会社内でのPC作業がメインの仕事です。

内容としては企業によりさまざまですが、どんな会社でも業務において必要不可欠な存在です。

事務職の平均月収は18万円程度となっており、ボーナスは月収の2~4ヵ月分が平均的な相場です。

中でもIT事務職と呼ばれる事務職は通常の事務職よりも給与やボーナスが高い傾向にあります。IT事務職は基本的には通常の事務職の業務に加えエンジニアのサポートも行うため、仕事をしていく上で自然とITの知識を身に着けることができます。。

さまざまな業務を行なうため「未経験では難しいんじゃないか」といったイメージがあり諦めてしまうかもしれませんが研修制度をしっかりと行う企業もあるので、スキルアップしながら稼ぎたい人にはおすすめの職業です。

 

ボーナスをしっかりと貰える企業に転職してみよう

編集部

生活においてボーナスという臨時収入はとても大きな役割を果たします。

貯金がしやすかったり、もしもの場合に備えられるという安心感もあります。また、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

では、現状としてあなたはしっかりとボーナスを貰えていますか?

さまざまな影響で満足のいくボーナスが貰えなくなってしまった人や、元々ボーナスの支給がなくて悩んでいる人は一度転職を視野に入れてみると良いです。

今回紹介したボーナスがしっかりと貰える職業はいま需要が高まっているものが多いため、転職するなら今です。

まずは思い切って行動に移すことであなたの将来を明るいものにしましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?