コールセンターってきついの?向いている人の特徴やメリットをご紹介!

「コールセンターはきついって本当?」
「コールセンターで働くことのメリットとデメリットを知りたい」
「正直きついところで仕事はしたくないな…」

このようにお考えではないでしょうか。

この記事では、コールセンターに興味のある人に向け、下記について詳しく解説していきます。

編集部

・コールセンターの仕事内容
・コールセンターで働くメリットときつい点
・コールセンターに向いている人の3つの特徴

記事を読むことで、コールセンターのリアルな部分を知ることができます。

コールセンターは隠れた優良職業です。
快適なワークライフをお望みの方はぜひ最後までご覧ください!

コールセンターの仕事内容

まず、コールセンターの仕事内容は「インバウンド」「アウトバウンド」の2つに分かれます。

インバウンド・・・顧客からかかってきた電話に対応するコールセンター。具体的な仕事は「生命保険の資料請求受付」「自動車の事故処理受付」「洋服通販の発注窓口」など。

 

アウトバウンド・・・こちらから顧客に向けて発信していくタイプのコールセンター。具体的な仕事は「新聞やテレビのニュースなどに使われる世論調査」「資料請求を行った顧客への状況確認」など。

インバウンドタイプのコールセンターで求められるのは、とにかく顧客の話を丁寧に聞くことです。顧客との会話から状況を整理し、悩みを解決へと導くことがインバウンドの目的となっています。

アウトバウンドは営業に近い側面がありますから、丁寧に聞くことはもちろん、分かりやすく相手に伝えることも大切になってきます。
双方のコミュニケーションを意識しつつ、顧客にストレスを与えずにコールセンターとしての目的を達成することが大切です。

コールセンターが人気なのは5つのメリットがあるから

コールセンターのメリットは下記の通りです。

・働く時間を選べるため自由度が高い
・時給が高いため稼ぎやすい
・オシャレをしたまま仕事ができる
・勤務している分野に詳しくなれる
・未経験でもスムーズに入社できる

コールセンターには、他の仕事には無いメリットがたくさんあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

働く時間を選べるため自由度が高い

コールセンターは、働く時間を選びやすく、自由度が高いことで知られている仕事です。

普通のパートやアルバイトは短い勤務時間の中で働くことが多いですが、コールセンターは「2~4時間程度のスポット」から、「8時間のフルタイム」まで、働く時間を自由に選ぶことができます。

たとえば、22時をまわる夜勤勤務であれば更に時給がアップしますし、スポットで勤務すれば子育てをしながら働くことも十分に可能です。

自由度の高い職場であれば長期的に働くことができ、少ないストレスの中で勤務することができます。

時給が高いため稼ぎやすい

コールセンターは基本的に時給が高いため稼ぎやすいです。

東京でのアルバイトでも中々時給1,000円を超えることはありませんが、コールセンターの時給は1,000円以上の求人が多くなっています。

たとえば、時給1,100円の人が週に5日出勤(月22日勤務)をすると、8,800円 × 22日で「19万2,000円」の月給を得ることができます。

専門的な知識を要するコールセンターであれば時給1,500円の求人も少なくありませんから、ガッツリと稼ぎたい人にもおすすめです。

オシャレをしたまま仕事ができる

コールセンターは、服装・髪型・ネイルが自由なため、オシャレをしたまま仕事ができます。

仕事をするために黒染めしたり、趣味のネイルをやめる必要はありません。
むしろ、これまで出来なかったオシャレを楽しみながら仕事をすることができるのです。

この「オシャレができる」というメリットに魅力があるためか、コールセンターには「ミュージシャン」「モデル志望」など、オシャレに気を遣う仕事と両立している人が多いです。

勤務している分野に詳しくなれる

前述した通り、コールセンターには「インバウンド」「アウトバウンド」2種類のタイプがあります。

言葉遣いやマナーなどは基本的に変わりませんが、扱う商品やサービスによっては持つべき知識が大きく異なります。

たとえばPC関連の商品を扱っている会社のコールセンターとして働くのであれば「PC周辺機器についての知識」「ソフトウェアについての知識」などが求められため、研修期間でしっかり覚えなければいけません。

このことから、これからのキャリアアップのために身に着けておきたい知識や、興味のある分野の知識を身に着けたいという人にはコールセンターはおすすめです。

未経験でもスムーズに入社できる

コールセンターは、業界・業種が未経験の方でも入社しやすいです。

そもそもコールセンターの求人は多く、どこの求人を見ても一定数の掲載があります。

商品やサービスを扱っている会社であれば、高い確率でコールセンターが設置されていますので、実務で経験を積めば一気に選択肢も広がります。

また、コールセンターはマニュアルや研修がしっかりしている場合が多いため、未経験の人でもスムーズに働き始めることが可能です。

コールセンターがきついと言われる理由

コールセンターは人気の仕事ですが、実際に働いてみて「キツイ」という人もいます。

きついと感じる人に多い理由は下記3つの通りです。

・理不尽なクレーム対応を任される
・正社員になりづらい
・実は身体的な負担が大きい

コールセンターはどのようにキツイのでしょうか。
それぞれについて解説していきます。

理不尽なクレーム対応にストレスを感じやすい

コールセンターと聞いてまず頭に浮かぶのは「クレーマー」の存在かもしれません。

1日仕事をする中で一度もクレームの電話が来ないこともありますが、1日に2度3度とクレームの電話がかかってくることもあります。

特に、顧客からの電話に対応する「インバウンド」のコールセンターでは、クレームの問い合わせが多いです。

「次こそはクレーム対応でありませんように…」と心の中で願いながら仕事をしている人も少なくありません。

最初から怒り心頭している顧客からのクレームも怖いですが、自分の知識の無さや伝え方の悪さで相手を怒らせてしまうケースもあります。

しかし、コールセンターの中でも「法人が顧客のコールセンター」はクレームが少ないです。

「クレームが少ないコールセンターで勤務したい」「対応が複雑にならないコールセンターで勤めたい」というようなご要望がある方は、転職エージェントに相談してみるとよいです。

正社員になりづらい

コールセンターは正社員になりづらいという側面があります。

なぜなら、コールセンターは基本的にクライアントがコールセンター運営業者に委託するアウトソーシング形式になっているためです。

つまり、コールセンターで実績を積んだとしても、委託元であるクライアントには直接的に影響しないため、クライアント企業に正社員として雇用されることはほとんどありません。

とはいえ、コールセンターの求人の中には正社員で雇用することを前提とした求人も複数あります。

「経験を積んでいく中で、コールセンターの仕事を自分が気に入れば正社員になりたい」といとお考えの方は、その旨をぜひ相談してみてください。

実は身体的にきついため病む人も少なくない

コールセンターは座ったまま行うことのできる仕事ではありますが、実は身体的な負担は大きく、病む人も少なくはありません。

座ったままとはいえ、ヘッドセットを装着した状態でパソコンを入力し続けるため、「腰痛」「眼精疲労」「肩こり」などといった形で疲れがでます。

しかし「冷暖房完備」「働きたい時間に働ける」というメリットはやはり大きいです。

どのような仕事でも身体的な負担は生じますから、総合的に見て自分自身に合っているかどうかという視点で考えると良いかもしれません。

コールセンターの仕事に向いている人の特徴

コールセンターの仕事に向いている人の特徴は下記の通りです。

・気持ちを切り替えるのが上手な人(引きずらない人)
・一人で黙々と行うデスクワークが好きな人
・素直に教えを吸収していける人

それでは、それぞれについて見ていきましょう。

気持ちを切り替えるのが上手な人(引きずらない人)

気持ちを切り替えるのが上手だったり、ネガティブな感情を引きずらない人はコールセンターに向いています。

なぜなら、前述の通り、コールセンターには理不尽なクレームがかかってくることがあり、引きずってしまうと仕事にならなくなってしまうからです。

一つのクレームに対してしっかり対応することも大切ですが、引きずらないことが何より大切になります。

また、クレーム処理は慣れていくものなので、最初こそ大変に感じますが、徐々に気持ちも切り替えられるようになります。

一人で黙々と行うデスクワークが好きな人

一人で黙々と行うタイプのデスクワークが好きな人はコールセンターに向いています。

コールセンターでは、パソコンの前に着席し、これまでの対応履歴を確認しながらデータ入力をしていきます。

仕事自体はルーティンワークであるため慣れれば難しくありませんし、パソコン業務が苦手でも自然と上達することも可能です。

したがって、「肉体労働はきつい」「外に出たり営業したりするのが嫌だ」という方はコールセンターが向いているといえます。

パソコン全般の知識を身に着けたいという人にもおすすめです。

素直に教えを吸収していける人

コールセンターは、素直に教えを吸収していける人が活躍する仕事です。

これはどのような仕事にも言える事かもしれませんが、コールセンターは「研修システム」「マニュアル」が手厚く用意されているため特に大切な要素になります。

研修やマニュアルを通し、自分なりのノウハウを身に着けていくことで、どんどん仕事もしやすくなっていきます。

「最初はどのように仕事を進めていくと良いか」「どうすれば楽に仕事ができるか」などは先輩社員に聞いてみるとよいです。

さまざまなノウハウを取り入れ、どんどん仕事を覚えていきましょう。

まとめ|きついかどうかは職場によって変わる

この記事では、「コールセンターのメリットやキツイところ」「コールセンターに向いている人」などを紹介してきました。

記事でも紹介した通り、コールセンターは稼ぎやすく、自由度の高い仕事です。

しかし、中には時給が低く、あまり良い環境ではない職場もあります。

そのため、これからコールセンターの求人を探す方は、求人探しとマッチングのプロである転職エージェントに相談することが大切です。

良い職場に出会うことで、稼ぎつつもストレスが少ない状態で仕事をすることができます。

そのような職場をお探しの方は、ぜひ『ITの教科書』にご相談ください。

 

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?