コールセンターを辞めたい方必見!培った経験を生かして満足のいく転職の方法をご紹介

・精神的なストレスがかなりかかっている
・身体的に辛い
・ノルマが厳しい

このような理由からコールセンターを辞めたい、行きたくないという方は少なくありません。

結論からお伝えすると、もしコールセンターを辞めたいと考えているなら、20代のうちに転職を考えたほうがいいです。

そこで、本記事では、

編集部

・コールセンターを辞めて早めに転職したほうが良い理由
・転職する際におすすめの職種

などについてご紹介します。

本記事を一読いただければ、コールセンターからの転職に関する情報、おすすめの職種について把握できます。

コールセンターを辞めたいけど転職に一歩踏み出せない、転職するか迷っているなどの不安を払拭する有益な情報をお伝えするので、是非一読くださいね!

コールセンターを辞めたい理由

コールセンターを辞めたい、行きたくない理由は大きく3つに分かれます。まずは、どのような理由でコールセンターを辞めたいと考えている人が多いのか、見ていきましょう。

精神的・身体的なストレス

コールセンターは、クレームや顧客からの理不尽な罵倒に対応しなければなりません。
全ての電話がクレームなわけではありませんが、クレーム対応が積み重なると、かなりの精神的ストレスになります。

また、休憩時間以外は座りっぱなしであったり、常に誰かと話し続けているなど、身体的なストレスもかなりかかります。

そして、精神的・身体的なストレスにより、体に不調をきたす人やうつ状態になる人も少なくありません。

クレームや理不尽な罵倒に身構えて毎日を過ごしていると、神経をすり減らし、それに加えて身体的なストレスもかかるため、辞めたいとなるわけです。

残業時間が多い

コールセンターの仕事は、受付時間内は電話応対に、受付時間外は事務作業に追われます。

アウトバウンドの場合でも、通話時間や発信数が記録されていることがほとんどのため、日中はコール数に追われ、時間外は事務作業や雑務に追われます。

そのため、ほっと一息する時間もなく、業務量の多さから残業時間が多いわけです。
精神的・身体的ストレスを抱える上、家でゆっくりする時間もないとなると、辞めたくなりますよね。

人間関係が閉鎖的

コールセンターは個人情報や顧客情報を取り扱うため、セキュリティが厳重で、ほとんどの場合は外部への出入りが制限されています。

そうした閉鎖空間では、人間関係が密になりやすいです。メンバーと良い人間関係を築けている、協力体制が敷けているなら、ストレスを抱えることは少ないでしょう。

ただ、気の合わない上司や同僚と密に関わらなければならず、逃げ場があまりありません。

そのため、人間関係が原因で辞めたいと考える人は非常に多いのです。

コールセンターからの転職は20代のうちに!その理由とは?

コールセンターを辞めたい理由の多くは上記の3つですが、もし辞めたいと思っているなら早めに転職を考えたほうがいいでしょう。

では、なぜ早めに転職を考えるべきなのか、その理由について解説します。

体調が悪化する前に転職すべきだから

コールセンターは、精神的にも身体的にもストレスが非常にかかります。

そのストレスから体調が悪化すると、仕事を休む日が増えたり、モチベーションが上がらなかったり、仕事に影響が出て悪循環に陥ります。

そして、体調不良になって仕事を辞めると、療養に時間を取り、転職活動までタイムラグが発生します。

また、精神疾患を患ってしまった場合、転職時に不利になってしまいます。

・入社してもまたすぐ辞めてしまうかも
・ストレス耐性がなさそう
・欠勤の日が増えそう

という印象を与えてしまいます。

離職期間が空けば、正社員への転職成功率は下がってしまいます。

そのため、もし辞めたい理由が仕事のストレスなら、体調が悪化する前に早めに転職すべきというわけです。

他業界・他職種への転職は可能になるため

コールセンターの経験では、言葉遣いやビジネスマナーなど、社会人としての基本スキルが身につきます。
そうした基本スキルを評価する採用企業は非常に多く、転職活動の強力な武器になります。

加えて、若ければ若いほど他業界・他職種への転職の可能性は上がります。なかなか転職に踏み出せず年齢を重ねると、転職できる業界・職種の選択肢が減ってしまいかねません。

30代になった途端、業界・職種の経験が求められるため、未経験の業界・職種への転職はほぼ不可能です。

希望する業界・職種に就くためには、コールセンターでの経験を武器に、若いうちに転職活動をすべきだと言えます。そのため、早めに転職すべきだというわけです。

コールセンターでの経験を活かすための準備とは?

早めに転職すべきだとお伝えしましたが、それでも転職に不安がある、どのように転職活動の準備をすればいいのか分からない方は多いでしょう。

そこで、コールセンターでの経験を転職活動で活かすための準備方法についてご紹介します。

キャリアの棚卸しを行う

まず、コールセンターでの経験を棚卸ししましょう。
コールセンターで何を経験したか、どのようなスキルを身に付けたか、どのような案件を解決したかなどを棚卸しすると良いです。

コールセンターでの経験を棚卸しすることで、自己理解を深めることができ、選考や面接で活かすことができます。

また、コールセンターでの経験で、言葉遣いやビジネスマナー、臨機応変な対応力、事務スキルなど多岐に渡るスキルが身に付いているはずです。

その経験や培ったスキルを大いにアピールできるよう、キャリアの棚卸しをしておくのが良いというわけです。

情報収集を行う

どんな業界があるのか、どのような仕事があるのか、どの企業が良いのか、全く分からない状態で転職活動に臨むのはよくありません。そのため、業界や企業に関する情報収集を行いましょう。

方法としては、Webで情報収集を行う、企業のHPをチェックする、転職の情報サイトを閲覧する、四季報などの情報誌を読むなどが挙げられます。

そして、キャリアの棚卸しで見出した経験やスキルとチェックした業界や企業、職種はマッチするかも考えてみましょう。
コールセンターでの経験は多彩な業界や職種に通じると気づけるので、時間をかけて行うのがおすすめです!

転職する際におすすめの職種は事務!

コールセンターでの経験、培ったスキルを活かせる職種は以下の3つです。

・事務
・接客、営業
・エンジニア

中でもおすすめなのが事務です。事務は電話・来客応対、資料作成、伝票処理などサポート業務全般を担います。

そのため、事務ではコールセンターでのビジネスマナーや事務スキル、対応力などが活かされます。また、コールセンターでバックオフィス業務に慣れているので、職場環境が激変することもなく、早く職場に慣れることができるでしょう。

特にIT事務がおすすめ!

事務はおすすめですが、AIやRPAの導入により、正社員求人が減少しています。その上、女性に人気の高い職種なので、競争倍率が非常に高いです。

そのため、事務職の中でも今後も需要が増えていく、スキルアップがしやすいIT事務がおすすめです。
ITサポート事務はEXCELの関数やマクロ、VBAなどを駆使し、IT関連の庶務を行うため、事務兼エンジニアのような仕事だと言えます。

そして、企業はITの専門知識・スキルを持った人材を採用するのは難しいと考えているので、未経験採用を積極的に行っているケースが非常に多いです。

IT事務であれば、コールセンターでの経験・スキルを活かせてスキルアップもでき、未経験歓迎の求人も豊富なので、一度チェックしてみてくださいね!

転職成功には転職エージェントの利用がおすすめ!

コールセンターでの経験・スキルをよりアピールし、希望する業界・職種に転職するためには、転職エージェントの利用するのが良いでしょう。
中でも「IT事務の教科書」がおすすめです。IT事務の教科書は転職相談から面接対策、履歴書・職務経歴書の添削など転職活動をトータルサポートします。

そして、IT事務の教科書であれば、おすすめしたIT事務の求人を豊富に紹介いたします。

まずは無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。以下URLよりアクセスしてみてください!

無料カウンセリングはコチラ

コールセンターから希望の転職を叶えるためにも、IT事務の教科書と一緒に転職活動をスタートしましょう!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?