コールセンターは将来性がある?向いている人やメリットを徹底解説

・コールセンターに興味があるが向いているかわからない

・コールセンターに将来性はあるのかわからず不安

・コールセンターに転職するメリットが知りたい

このようにコールセンターに転職したいと考えていても、自分が向いているのか、将来性やメリットがあるのかわからず、転職するか迷っている方は少なくありません。

そこで、本記事ではコールセンターに向いている人の特徴や将来性、メリットなどについてご紹介します

本記事を一読いただければ、コールセンターについて正しい情報を理解でき、コールセンターへ転職すべきか判断できるようになります

コールセンターへの転職を迷っている方に有益な情報を凝縮してお伝えするので、是非転職活動の参考にしてくださいね!

コールセンターに向いている人の特徴4選

「コミュニケーション能力がなければコールセンターには向かない」という声をよく聞きます。

たしかに、コミュニケーション能力はコールセンターへ転職するのに最低限は必要です。

しかし、コミュニケーションだけが重要なのではなく、コールセンターで活躍するためには他にも大切な要素が多彩にあります

そこで、まずはコールセンターに向いている人の特徴について、厳選して4つご紹介します。

コミュニケーション能力に自信がなくても、ご紹介する特徴のうち1つでも当てはまれば、コールセンターに向いていると言えるので、是非参考にしてください!

聞く力(傾聴力)がある

コールセンターは顧客からの相談や問い合わせに電話で応対します。

そのため、顧客の話をきちんと聞いて相談・問い合わせ内容を正確に理解できるような、聞く力が必要になります

例えば、相談内容をろくに聞かず、こちらの提案を話してばかりのオペレーターがいたとします。

果たして顧客は悩みや不安を解消できるでしょうか?答えはNOですよね。

コールセンターの仕事はあくまで顧客のニーズを察知するのが大切であり、こちらからの提案やアドバイスは二の次になります。

つまり、顧客の相談・問い合わせを正確に聞き、自社のリソースで解決できるかを判断できるような聞く力があれば、コールセンターに向いているわけです。

素直さがある

コールセンターの仕事で未経験者が活躍するためには、管理者やトップオペレーターの指示やアドバイスをしっかり聞ける素直さが必要です

未経験でコールセンターに入れば、わからないことだらけですよね。トークや抑揚、話のリズムなどコツを掴むだけでも最低でも2〜3ヶ月はかかるでしょう。

そこで、アドバイスや指摘を素直に聞ける人はコールセンターで成長できます

そして、アドバイスや指摘をもとにトークや聞き方の練習、トークスクリプトの復習を素直にできるなら、人一倍活躍できると言えます

コミュニケーション能力に自信がなくても、素直ささえあれば、仕事を丁寧にこなすことができるので、素直さがあればコールセンターに向いているというわけです。

ある程度の適当さがある人

完璧主義、なんでもきっちりしていないと嫌だというより、ある程度適当である人がコールセンターには向いています

なぜなら、コールセンターは時にはクレーム対応をしなければならないからです。クレームをまともに聞き、「自分が悪いんだ」といちいち落ち込んでしまうと、メンタルが持ちません。

そのため、ある程度の適当さがあり、顧客からのクレームや理不尽な言い分を聞き流せる人がコールセンターに向いていると言えます。

メンタルが強くないといけないわけではないので、強靭なメンタルがなくてもコールセンターを諦める必要はありません!

報告・連絡・相談ができる人

コールセンターはチームプレーがほとんどで、一人で全てをこなす仕事は少ないです。

そのため、チームに情報を共有したり、逐一報告・連絡・相談ができる人はコールセンターに向いていると言えます

特に、入社してから間もなくはどう仕事を進めれば、事後処理をすればいいのかなど、わからないことが多いでしょう。

そこで、管理者や上司・先輩に報告も相談もなく、仕事を進めてしまうと、あとで思わぬトラブルに発展することもあります。

そのため、報告・連絡・相談をめんどくさがらず、きちんと徹底できる人がコールセンターに向いているわけです。

コールセンターに将来性はある!現状とその理由とは?

コールセンターに転職したいが、将来性はあるのか?こうした疑問を持っている方は多いでしょう。

コールセンターに将来性がなく仕事がなくなるのであれば、転職する意味がありませんよね。

そこで、将来性に関する不安を払拭するために、コールセンターの将来性について、解説します。

AI化が進み、一部の仕事はなくなる

AIとは、人工知能のことを言います。AIは人間の行動や言動を学習して、実践することができます。

特にAIは型の決まった仕事や単純作業を得意としています。

そのため、コールセンターでのマニュアル化されたオペレーション業務や単純な事務業務はAIが代わりにしてくれますつまり、コールセンターの一部の仕事はAIが対応するようになっているわけです。

AIができる仕事には限界がある

コールセンターの一部の仕事はAIが奪っていくため、人員削減は進むでしょう

しかし、AIは人間のように感情がなく、人の気持ちに寄り添うことができません。また、意思を持った判断や柔軟な対応も不可能です。

そのため、顧客からの電話応対やマニュアル化できないイレギュラーな対応は人間が行うことになります

つまり、コールセンターがAIの導入によって完全になくなることはなく、人間にしかできない仕事のスキルを伸ばせば、将来性はあると言えます

海外に拠点を設けている会社が多い

AIの導入が進む一方、海外に拠点を設けている会社もあります。東南アジアや中国などに拠点を設けたほうが、人件費を抑えることができるためです。

人件費は企業にとって最も負担のかかる経費です。そのため、できるだけ人件費を安く抑えられる東南アジアや中国にコールセンターの拠点を設けるわけです。

また、東南アジアでは日本語が第二言語になっている国も多く、コミュニケーションをとる上での弊害はあまりないと言えます。

国内に拠点を回帰させる会社が急増

海外のコールセンターの拠点を日本国内に回帰させている会社が急増しています。

その理由としては、

  • 東南アジアや中国の人件費が高騰していること
  • 日本人オペレーターの価値が高まっていること

上記2点が挙げられます。

東南アジアの経済成長は目覚ましく、成長に伴い人件費が高騰しています。人件費を抑えられないのであれば、海外に拠点を設ける意味がありません。

また、AIの導入が進む中、人間による柔軟な対応力や人間の温かみがコールセンターに求められています。そうした中、日本人の丁寧な対応力や温厚さのニーズが高まっています

そのため、海外の拠点を国内に回帰させている会社が急増しているわけです。

こうした状況を鑑みても、日本におけるコールセンターの将来性はあると言えます。

将来性を高めるのに必要なスキル

コールセンターが完全になくなることはありませんが、それでも一部の仕事はなくなります。そこで、将来も働き続けられるようになるには、下記のスキルを磨くことです。

編集部

  • 柔軟な判断力
  • 親切・丁寧な対応力
  • マネジメント力
まず、AIにはできない、柔軟な判断や親切・丁寧な対応力を磨くことが将来性をより伸ばすことができます。

また、マネジメント力を高めて管理職になれば、オペレーターへの研修や指導を担当することになり、仕事がなくなることはありません。加えて年収を高めることもできます。

転職する場合にも、管理職・マネジメント経験があれば、有利に転職活動を進めることが可能になります。

つまり、コールセンターの仕事を将来も続けていくには、判断力・対応力・マネジメント力を伸ばすことが大切になるわけです。

人間にしかできない仕事ができるようになれば、将来性がなくなることはありません!

コールセンターに転職するメリットとは?

結論から言うと、コールセンターへの転職は非常におすすめです。

なぜコールセンターへの転職がおすすめなのかというと、コールセンターで働くのはメリットが多様にあるからです。

ではどういったメリットがあるのか、ご紹介します。

ビジネススキルが身につく

電話では声しか聞こえないため、対面で話す以上に言葉遣いに気をつける必要があります。

そのため、敬語や正しい言葉遣い、トーク術など、社会人としてのビジネススキルが身につきます

また、伝える能力や柔軟な判断力も身につくでしょう。

未経験からでも自然にビジネススキルが身につくので、どこに転職しても通用する人材に成長できると言えます。

柔軟な働き方ができる

コールセンターはシフト制の場合が多いので、好きな時間を選んで働けるケースが非常に多いです。

そのため、例えば朝が弱い方は昼から夜のシフトを、夜はプライベートの時間に充てたいという方は朝から夕方までのシフトを選んで働くなどもできます。

また、コールセンターは受付時間が決まっていることが多いため、残業時間も少ないです。

柔軟に働きたい、時間に融通を利かせたいなど考えている方には、非常に大きいメリットだと言えます。

服装や髪型が自由なことが多い

コールセンターは顧客と直接で会うことはほとんどありません。

そのため、服装や髪型の規定が厳しくない職場が多いです

また、ピアスやイヤリング、ネックレスなどのアクセサリーに関してもルールが設けられていない職場もあります。

オフィスカジュアルを推奨するコールセンターが多いですが、服装・髪型、アクセサリーなどに関して厳しい職場はほとんどないので、リラックスして働けると言えます。

コールセンターを目指すなら転職エージェントを利用しよう!

ご紹介した通り、コールセンターに転職するメリットは多彩なため、人気職種の一つに挙げられ、競争倍率がやや高いです。

そのため、コールセンターに転職したいと考えるなら、転職成功率を高められるように転職エージェントを利用しましょう!

そして、転職エージェントの中でもおすすめなのが「ITの教科書」です

ITの教科書なら転職相談や面接対策、書類添削など全面サポートしてくれ、あなたの希望にマッチするコールセンター求人を多数紹介してくれます

また、IT事務の教科書はコールセンター以外にも事務職の求人も多く紹介してくれるので、オフィスワークがしたいという方は是非利用してみてください

IT事務の教科書を利用して希望の転職を一緒に叶えましょう!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?