これからの時代を生き抜くための仕事選びの方法とは?キャリアの考え方を徹底解説

技術の進歩や時代の流れによって、今存在している仕事のうちおよそ半数が必要なくなると言われています。

また、働き方改革やライフスタイルの変化によりフリーランスやリモートワークなど様々な働き方が選択できるようになってきました。

そんなこれからの時代に安定して収入を得つつ、より自分のポテンシャルを活かしていくためにはどのような仕事選びをしたらよいのでしょうか?

今回の記事ではこれからの仕事選びについて、必ず考えておきたいポイントをご紹介していきます。

編集部

これからご紹介するポイントを押さえておくと、これからの時代でも自分がやりがいを持って長く続けられる仕事について、方向性が考えやすくなります。

それでは具体的な考え方を見ていきましょう。

働くうえで妥協できない条件を考えよう

これからの仕事選びでまず第一に考える事は、「自分自身が働くうえで妥協できる点、できない点」です。

余計なストレスなく自分のポテンシャルを発揮するためにも、仕事内容ではなく自分の生活や将来の計画などを踏まえて考えてみましょう。

ライフプランから考える

まずは自分のライフプランをもとに考えてみましょう。

ライフプランに関わる条件としては、

・育休がとりやすい
・時短勤務が可能
・出張や転勤の有無
・福利厚生

などが考えられます。

このような条件は今は必要なくとも将来的に必要になる可能性もあります。長い目で自分がどういった人生を歩みたいかを考えつつ、条件をリストアップしていくことがポイントです。

働き方から考える

次は「理想の働き方」について考えてみましょう。

近年はリモート勤務やフレックスタイム制、残業なしといった企業も増えてきており、より多様な働き方が可能となっています。

このような働き方に関する条件は、仕事以外の日常生活の質を向上させたり仕事でのストレスを減らしたりするためにもとても重要です。

「どうせ難しいだろうな…」
「ある程度の残業には目をつむらなければ…」

などと諦めずに、自分の気持ちに正直になって妥協したくない条件をリストアップしておきましょう。

自分が持っているスキルを洗い出そう

これからの仕事選びでは、「個人が持っているスキル」がより重要視されるようになっていきます。

ひとえに「スキル」とは言っても、何らかの資格を持っているという事だけが全てではなく、スキルにも様々な種類があります。

まずは自分が現在持っているスキルを洗い出して、強みをはっきりさせていきましょう。

ポータブルスキルとテクニカルスキル

仕事をするうえでのスキルには、大きく分けて「ポータブルスキル」と「テクニカルスキル」の2種類があります。

まず「ポータブルスキル」は、仕事内容に関わらず活かすことのできる持ち運びできるスキルのことを指します。

ポータブルスキルの例としては、

・コミュニケーションスキル
・論理的思考能力
・課題解決能力

などがあげられます。

対して「テクニカルスキル」は、特定の業務において活かすことのできる専門的なスキルです。

テクニカルスキルの例としては、

・語学
・プログラミング
・経理

などがあげられます。

自分が現在持っているスキルがどちらに該当するものなのかを整理しておくと、これまでと同じ業界・違う業界のどちらで働くときにも、その場にあった自分のスキルを活かしやすくなります。

フリーランスに必要なスキル

もしこれからの時代でも増えると言われている「フリーランス」として働きたい、という場合には、持っておいた方が良いスキルもあります。

例えば、フリーランスで活かしやすいスキルとして以下のようなものがあげられます。

・エンジニアスキル(プログラミングなど)
・クリエイティブ系(デザイン、動画編集、ライティングなど)
・Webマーケティング

このような業務は外注に出されることが多かったり、個人でも業務ができたりとフリーランスとして仕事をするうえで役にたちやすいものです。

これからの仕事選びでも十分に武器にできるスキルと言えます。

自分の武器となるスキルを見つける

自分が持っているスキルを一通り洗い出すことができたら、その中で「自分の一番の武器となるスキル」を考えてみましょう。

自分の武器となるスキルを把握しておくことで、どのような働き方、業務内容を選んだとしてもポテンシャルを最大限に発揮しやすくなります。

武器となるスキルとしては、自分がもっとも得意とすることややりがいを感じる事をあげてみましょう。

これから成長する、残る仕事とは?

最後にこれから先の時代でも成長していく、もしくはなくなる可能性の低い仕事について見ていきましょう。

「今自分が携わっている仕事が将来なくなるかも…」といった不安がある方などは、今のうちからプログラミングやWebマーケティングのようなスキルの習得などを考えてみることもおすすめです。

特にこれからの時代の仕事選びでは、「個人のスキル」がより重要視されるようになります。

将来なくならないと言われている分野だから、と考えずにデジタルスキルなども積極的に取り入れていくことで、より市場価値の高い人材を目指すことができます。

人間が介在しないとできない仕事

人と人との関わり合いや人間が行わないと成立しないような仕事は、デジタル化が進む将来も一定数は残ります。

福祉、医療、料理などがこれらの代表例です。

しかしこのような業界は将来もなくならない分野である一方、大きな伸びしろはあまり期待できない業界でもあります。

しかしこのような業界においてもIT系のスキルを持っている事で、業務効率化や働き方改革など一段階上の活躍や成長につなげることができます。

AI + アート領域

アートやクリエイティブノ領域もこれからの時代に残っていく業界です。

デザインやアート、建築などに関する知識を持っている方は、それらのスキルを活かしていくことも一つの手です。

またこれらのスキルに加えてWebデザインやプログラミングなどのスキルも併せ持つ事ができれば、より仕事の幅を広げたり将来のキャリアアップにつなげられる可能性が増えていきます。

これからの仕事選びは個人のスキルが重要に

今回はこれからの仕事選びのポイントをご紹介しました。

働き方やライフスタイルに多様化とともに、これからの仕事選びでは今以上に「個人のスキル」が重要視されていきます。

特にIT、デジタル系のスキルはどのような業界でも必須になっていく重要なスキルです。

デジタル化に伴い不要になるであろう仕事も多くありますが、自分のライフスタイルや将来のプランも考慮しつつ、スキルを活かせる仕事選びをしていきましょう。

IT事務の教科書では就職活動に役立つ情報の紹介だけではなく、自己PR作成や添削のサポートも行っております。ぜひお気軽にご相談ください!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?