お盆休み明けに仕事に行きたくないと憂鬱なあなたへ!気が晴れる5つの対処法を紹介

「お盆休み明けに仕事にいくのが辛い」
「仕事ばかりの日常に戻りたくない」
「どうすればやる気を出すことができるんだろう…」

このようにお考えではないでしょうか。

この記事では、「休み明けに仕事をしたくない」という方に向け、下記を紹介していきます。

・お盆休み明けに仕事に行きたくないと思ってしまう3つの原因
・仕事に行きたくない時の3つの対処法
・辛いときは転職を考えた方がよい理由

記事を読むことで、今あながた持つネガティブな感情を解消することができます。

「気持ちよく仕事を始めたい」とお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

お盆休み明けに仕事に行きたくなくなる3つの要因

お盆休み明けに仕事に行きたくなくなる3つの原因は下記の通りです。

・職場の人間関係を考えると辛い
・ノルマがキツイ仕事に戻るのがだるい
・出社することを考えると辞めたいと思ってしまう

それでは見ていきましょう。

職場の人間関係を考えると辛い

職場によっては、人間関係を考えると辛くもなるものです。

お盆期間中は、実家に帰ってゆっくりしたり、好きな友達や恋人と一緒に過ごしますから、ストレスの無い人間関係の中で過ごすことができます。

そんな楽しい空間から一転、職場の人間関係といえばストレスそのものです。

「ずっとこのままでいたい」「職場の嫌いな上司に会いたくない」そんな風に考える方も多いのではないでしょうか。

ノルマがキツイ仕事に戻るのがだるい

営業職や販売業で働く人の中には、きついノルマのことを考えて億劫になってしまう人も多いです。

特に大型連休の後ともなると、「戻ることを考えただけでだるくなってしまう」という人もいることでしょう。

毎月あくせくしながら達成してきた仕事の日々、ゆったりと過ごしていたお盆の後では考えたくもないはずです。

出社することを考えると辞めたいと思ってしまう

「出社することを考えただけで辞めたくなる…」そう思う人も少なくないはずです。

人混みの激しい電車を利用している人の場合、精神的な苦痛が特に大きいのではないでしょうか。

また、好きな時間に起きて自由に過ごしていたお盆休みから、「ちゃんと朝に起きる生活に戻らないといけない」という辛さもあると思います。

朝に起きて急いで支度、たくさんの人に揉まれながらの出勤…
「いっそのこと辞めてしまいたい」そう考えたくなるのも不自然なことではありません。

仕事に行きたくない時の対処法

仕事に行きたくない時の対処法は下記の通りです。

・好きな曲を朝に流す
・モチベーションが上がる予定を作る
・無理せず休む

以下では、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。

好きな曲を朝に流す

まずおすすめなのが「好きな曲を流す」という対処法です。

脳科学的に、お気に入りの曲はモチベーションを上げる効果があると実証されています。

ですから朝起きた時、自分のお気に入りの曲を聞くことで、仕事に行きたくないというネガティブな気持ちを切り替えることが可能です。

仕事に行くまでの間も、なるべく自分の好きな曲を聞いてモチベーションを上げ続けられるようするとよいです。

これらの流れを毎日行うと自分の感情やモチベーションを自由に操作できるようになってきます。

ぜひ明日から試してみてください。

モチベーションが上がる予定を作る

「土日や仕事が休みの日にモチベーションが上がる予定を入れる」というのもおすすめです。

友達と遊ぶ予定である必要はありません。
自分の好きなことするための予定を立てればよいのです。

たとえば、「おつまみやお酒を買い込んで一日中家でゲームをする」「気になっている観光スポットに日帰りで行ってみる」などが考えられます。

とにかく自分が楽しめればそれでOKです。

あなたにとっての楽しいこととは何でしょうか。
まずはモチベーションが上がることを考え、休みの予定を立てみましょう。

無理せず休む

「会社に行くことが大事だ!」と思い込んでしまっていないでしょうか。

一番大切なのは、あなたの体とあなた自身ですから、無理せず休むことも大切です。

個人的な事情で会社に行きたくない人もいると思います。精神的な苦痛が大きいにも関わらず会社に行くというのは、体に良いことではありません。

むしろ、体調を崩すことにつながったり、精神的な病にかかることもあります。

まずは自分の体を守ることを第一に考えてください。
自分の体と会社を天秤にかけて、大切なのが会社であるわけがありませんし、そうあるべきではないのです。

「会社に行きたくないな…」という想いが強い人は、無理せず休むことを検討してみてください。

自分を優先させてあげて!行きたくない・辞めたい時は転職を

会社に行きたくない時には転職を考えることも大切です。

まず、あなたが会社に行きたくない理由は何でしょうか。

前述した理由以外だと「苦手な上司がいる」「職場環境が悪い」など、色々あると思います。

行きたくない理由が明確にある人は、転職して自らが行きたいと思える会社に行くことも可能なのです。

会社を優先的に考えてしまっていると難しいかもしれませんが、自分を優先的に考えたとき、自分が本当にしたいことが見えてきます。

自分が本当にしたいことの先に、今の会社があるのであれば仕事を続けるのも良いでしょう。

しかし、もしあなた自身がやりたいことが今の会社に無いのであれば転職を考えてみてください。

エンジニアに転職する人が多い3つの理由

『IT人材ラボ』の調査では、エンジニアになる人は年々増えていることが分かっており、年間の増加率は3.35%となっています。

なお、日本のエンジニアの総数は109万人で、全世界の中でも4番目に位置づけています。

(参考:IT人材ラボ『世界のIT技術者は推計2137万人、日本は第4位で国内人口の0.86%』https://hrzine.jp/article/detail/2123#fnref:1)

エンジニアが人気である理由は下記の通りです。

・手に職を付けてキャリアの選択肢を広げられるから
・ノルマがなくストレスが少ないから
・ゆくゆくは在宅で自由に仕事ができるから

それぞれの理由について解説していきます。

手に職を付けてキャリアの選択肢を広げられる

まず、エンジニアを仕事にすることでキャリアの選択を大きく広げることができます。

たとえば、人気の高い「Java script」「PHP」などの言語を勉強してエンジニアの経験を積んだ場合、正社員・フリーランス・個人事業主など、様々な働き方を選択できるようになります。
キャリアの選択肢をたくさん持っておけば、自分の状況に合わせて仕事環境を変えることも可能です。

家族ができたら定時に上がれる職場へ移動できますし、がっつり稼ぎたい時は時間給の高い職場に移動することもできます。

自分の状況に合わせて仕事を選べる職種は少ないですから、エンジニア以外の仕事を選ぶ際は一つの基点として考えるとよいです。

ノルマがないからストレスが少ない

エンジニアにはノルマがありませんから、ストレス少なく仕事をすることが可能です。

まだ経験や実績がない状態だと、定時に上がれるような職場を選択できない可能性はあります。

しかし、しっかりとした経験を積むことで、職場環境を自分の価値観で選ぶことも十分にできるようになります。

ノルマが無いというストレスフリーな環境で仕事をしたい方には、自信をもっておすすめできる仕事です。

ゆくゆくは在宅で自由に仕事ができる

エンジニアとして経験を積むことで、完全在宅で仕事をできるようにもなります。

エンジニアはパソコン一台あればできる仕事ですから、在宅で仕事をする分には何の問題もありません。

また在宅での仕事には下記のようなメリットもあります。

・好きな場所で仕事ができる
・自分の選びたい仕事を選べる
・自分のペースで仕事を進められる
・出勤する必要がない(パソコンを開けば出勤)

など、在宅エンジニアには色々なメリットや魅力があります。

経験の浅いうちから在宅エンジニアを目指すのは難しいですが、経験を積めば誰もが選択できる道です。

まとめ|エンジニアは未経験からでも始められる仕事

この記事では、「お盆明けに仕事に行くのがつらい…」とお考え方に、その対処法とおすすめの転職先を紹介してきました。

記事で紹介したエンジニアは未経験からでも始められる仕事です。

会社で勉強しながら経験を積める環境はありますので、エンジニアに興味のある方はぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。

これであなたも近い将来ストレスの少ない職場で、悠々自適に仕事ができるようになりますよ。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?