仕事ができなくて劣等感を感じているあなた!劣等感を乗り越える5つの対処法をご紹介

まじめにやっているのに思うように仕事ができなくて「自分はダメな人間だ」と劣等感を感じ、悩んでいる人は少なくないでしょう。

後から入ってきた新人にも抜かれた気がしてモチベーションも下がる一方なんてこともありますよね。

この記事ではそんな仕事ができない劣等感を抱えている人のために、

・劣等感を払拭するための対処法5選
・モチベーションを上げて取り組めるおすすめの仕事

をご紹介いたします。

この記事を読むことであなたの仕事に対する劣等感を解消し、モチベーションを上げて取り組める仕事への転職を考えるきっかけになるでしょう。それでは早速みていきましょう。

劣等感を払拭するための対処法5選

仕事に際してベストパフォーマンスを発揮するために最も必要なのは自信です。つまり、あなたが今抱えている劣等感はあなた自身の能力を半減させているのです。

対処法を知り、劣等感を払拭することで自信がつき仕事に対するモチベーションも上がります。

ここではそんな劣等感を抱えるあなたのために劣等感を払拭する方法を5つご紹介いたします。まずは仕事に対しての劣等感を払拭し、自信をつけることであなた自身の本来の能力を発揮することができるでしょう。

悲観的な思い込みをやめる

あなたが普段、感じている劣等感はどのような事が原因でしょうか。「自分は仕事が出来ない」と思う具体的な根拠はありますか?人というのはネガティブで悲観的な感情ほど深く考えすぎてしまう生き物です。

もしかしたらあなたが今抱えてる劣等感はあなた自身が作り出したものである可能性もあります。つまり、周りが原因では無くあなたが周りと自分を比べて悲観的に考えすぎたことによる劣等感です。

逆に考えるとそれは長所でもあります。あなたは人の良い部分を見つける事が実に上手く、周りをしっかりと観察できている証拠です。実際に劣等感を感じるのはこのように他人の良いところと自分の悪いところを比べるときですよね。

他人の良い部分を見つけることは良いことですが、羨んで妬むなど悲観的な考え方はやめましょう。そしてポジティブな思考に切り替えることが出来ればおのずと劣等感は薄れるはずです。

カウンセラーや頼れる人に相談する

悩みは人に相談することで解決したり和らぐことができますよね。あなたが今抱えている劣等感も信頼できる人に相談することで解消できるかもしれません。事実、悩みは自分が思ってるより大したことじゃないなんてことはよくありますよね。

一人で劣等感を感じ悩んでいるときはどうしても視野が狭くなり、物事を俯瞰的に見ることが出来なくなってしまいがちです。

そんなときは人に相談することで俯瞰的な意見を聞くことができ、解決への糸口が見つかるかもしれません。

自然体でいること

あなたが劣等感を感じているのは他人と自分を比べすぎているからです。出世が早い人や人付き合いが上手くみんなに可愛がられている人に気を取られ自分も同じようにやらなきゃいけないと、無理をしているのではないでしょうか。

まずは自分のペースやリズムを大事にして自然体でいることを心がけてみてください。他人に合わせて行動することは自然体ではなく演じている姿と同じです。周りを意識して比較すればするほど精神的には苦しくなりがちですので注意しましょう。

無理をして演じているより、ありのままのあなたが素敵です。

劣等感=あなたも出来る可能性があるという事を知る

基本的に人が何かしらの劣等感を感じるのは「自分にもできる」と確信している物事に対してです。つまり、あなたが他人に対して劣等感を感じている内容は全てあなたでも実行できることなのです。

例えば、プロのサッカー選手を見て劣等感を感じますか?ほとんどの人が感じることは少ないと思います。人は自分とかけ離れた才能や到底かなわない相手に対しては劣等感を感じにくい傾向にあります。

あなたが今感じている劣等感はあなた次第で克服できます。

劣等感があるのは潜在的な向上心があるということ

誰しも社会生活をする中で劣等感を感じます。これは正常な思考であり、決して全てが悪いことではありません。

今まで全く劣等感を感じたことがないという人は、言わば盲人だといえるのではないでしょうか。なぜなら劣等感を感じるのは自分も同じようなことができるという潜在的な確信や、それ以上のことをできるようになりたいという向上心の表れだからです。

劣等感を感じることは「現状を変えたい」「もっと成長したい」という意識を持っているということなのです。つまり、劣等感が強い人ほど成功や成長に対して貪欲であると考えることができますよね。

劣等感を感じている人におすすめの職業

劣等感を感じている人は向上心があり、成功に対して貪欲であるということがわかりました。そんな人におすすめの職業をみていきましょう。自分に合った職業を知ることで次に転職するきっかけや現状を克服することができるようになるでしょう。

ここでは厳選した職業2つ

・エンジニア
・営業職

をご紹介いたします。それでは早速みていきましょう。

エンジニアがおすすめの理由

エンジニアという職業をご存知でしょうか。エンジニアと聞くと専門的で難しいイメージがあるかもしれませんが、現状の仕事に劣等感を感じている人におすすめ出来ることに加え、今まさに業界未経験者でも活躍できる職業です。

エンジニアの仕事は基本的にITにおけるプログラミングや保守・運用をおこないます。言葉だけ聞くと難しくとらえてしまうかもしれませんが、実は以下のように未経験でも活躍できる理由があります。

・業界自体の慢性的な人員不足による増員需要
・IT社会における仕事の増加によるエンジニアの需要が高まっている
・業界全体が新人育成に力をいれており、未経験でも成長しやすい
・他業界に加え整った教育環境が設けられている

代表的な理由を挙げるだけでもこれだけの理由があります。

更に、現状の仕事に劣等感を感じている人におすすめな理由として

・劣等感(向上心)がある人は成長しやすい業界である
・エンジニア毎に求められるスキルや分野が異なるためそれぞれが尊重される傾向
・多種多様な仕事があるため自分の得意な部分を磨くことができる

と、いった理由が挙げられます。

つまり、エンジニアという職業は現状に劣等感を感じている業界未経験の人にもおすすめができる職業であるといえます。

営業職がおすすめの理由

営業職は基本的に自社の商品やサービスを消費者に対してプレゼンし、販売促進に繋げていくことをします。そのため人との対話が多く、あなた次第で成果を伸ばしていくことができます。

頑張れば頑張るほど結果が出やすく、成果もあがり正当な評価を得ることができるのも魅力の一つでしょう。そのため現状に劣等感を感じている人でもモチベーションを上げることができるためおすすめの職業です。

営業職は未経験でも活躍可能な職業です。求人の要件も学歴不問・経験不問である場合が多く、やる気次第でチャレンジできます。給与体系もインセンティブ制と呼ばれる成果報酬がプラスされる会社が多いため営業成績に応じて高給が目指せるのです。

つまり営業職がおすすめの理由として

・あなたの頑張りが直接成果に繋がり評価される
・成果次第で高給が目指せる
・学歴に自信がない人・未経験者でも活躍できる
・正当に評価されるからモチベーションが上がる

といった理由から営業職は現状に劣等感を抱えている人にもおすすめの職業といえます。

まとめ

周りと自分を比べて劣等感を抱えている人は意外と多いものです。時にマイナスに考えたり、落ち込んでしまったりしますよね。しかし劣等感を抱くことは一概にして悪いことでは無く、あなた自信が成長したいという潜在的な意識の表れでもあることがわかりました。

今、現状の仕事に劣等感を感じている人は上記で紹介したエンジニアや営業職に転職しチャレンジしてみるのも一つの手でしょう。あなたの頑張りが正当に評価されることでモチベーションが上がり、楽しく仕事ができるはずです。

思い切って現状の劣等感を打破していきましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?