【2020年最新版】将来性のない仕事ランキング!安定した働ける業種も徹底解説

「今の自分の仕事はこの先続けていけるのかな?」
「将来性のない仕事って具体的にどんな仕事?」
「逆に将来性のある仕事ってどんな仕事だろう?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、仕事の将来性に対して不安を感じている方に向け、下記を紹介していきます。

・将来性が無いといわれる仕事ランキング
・将来性がある3つの仕事
・将来に不安をもった時の対処法

記事を読むことで、将来に対する不安を払拭することができます。

不安を払拭し、楽しく仕事に打ち込みましょう。

将来性が無いといわれる仕事ランキングBEST5

以下では、将来性が無い仕事をランキング形式で紹介していきます。

それぞれ理由付きで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

工場のライン作業や機器を使用しての仕事

「工場のライン作業」「工場内で機器を使用して行う仕事」などは単純作業が多いため、これから機械にとって代わられやすい仕事の筆頭だといわれています。

もうすでに工場での生産業務はAIが活躍しつつあり、少しずつ人件の削減が行われ始めています。

それにヒューマンエラーを起こす可能性がある人間が作業するよりも、機械が作業を行う方が工場側からしても効率がよいです。

また、自動車製造のライン等の複雑性の高い現場は、すでに人間の手作業では不可能なとこまできているという現状もあります。

ただし、複雑な作業をこなす機械の導入はコスト面で難しく、仕事が無くなるのはまだ少し先になります。

AIの技術が量産されるような時代がくれば、真っ先に切られる仕事だと思っておいた方がよいです。

そしてその未来もそう遠くはありません。

銀行員(主に地方)

2000年代の初期ではまだ「安定的な職業の代表格」だった銀行員ですが、昨今では将来性のない仕事の代表格になりつつあります。

かつてのメガバンクでは、新卒で1,500人を超えるほどの大量採用を行っていましたが、今では多くて1,000人程度、少ない年だと800人以下、というところまで減少しています。

採用の需要が減っている理由は下記の通りです。

・団塊世代の退職が一巡して穴埋めが不要になったから
・ITを活用した業務効率化が進み、必要な人材が少なくなった

このような理由から銀行員の需要は減少傾向にあります。

しかし、銀行員でしっかりと営業の実績を積めば、転職の際に大きな武器になりますから、そこまで将来性を心配する必要はありません。

これからのことをしっかり考えることが大切です。

ライター

ライターも将来性が無くなるといわれている仕事の一つです。

理由は下記の通りになります。

・すでにAIライターが活躍しつつあるから
・副業解禁後、ライターが飽和状態になりつつあるから

AIライターというのは、アメリカの会社が公開している「Ariticoolo」というツールです。

「Ariticoolo」は、書きたい文章のテーマを3~5個程度いれることで記事を自動生成してくれるというもの。
この技術の進化が進めば、ジャンルによりますが仕事を奪われるライターは間違いなくでてきます。

また、身近なところでは日経新聞がすでに「上場企業の売り上げ分析」「記事のチェックや修正」などをAIライターが行っています。

もっと言うと、法律で副業解禁が命じられてからというもの、ライターは急激に増え飽和状態になっています。

2005年あたりはまだブルーオーシャンといわれていたライターですが、今ではすっかりレッドオーシャンです。

ただでさえライターが増えている昨今、将来的にはAIと戦うことになりますから、将来性は低いといえます。

タクシー運転手

タクシー運転手も今後、将来性が無くなっていきます。

将来性が無くなるといわれている理由は下記の通りです。

・車にもAIの技術がどんどん投入されているから
・国が自動運転タクシーの導入を検討しているから

上記にもある通り、国が自動運転タクシーの導入を検討しているというのが大きいです。

とはいえ、まだ自動運転に関する法律が整備されていない他、自動運転の車が事故を起こしたりしていることから、自動運転がタクシーに導入されるのはまだ少し先になりそうです。

また、タクシーは運転技術が身につくことはあっても、社会的に役立つスキル(一般スキル)が身につきにくいという側面もあります。

保険外交員や保険代理店などでの仕事

保険外交員、および保険代理店などでの仕事も将来性が無いといわれています。

保険外交員とは保険を勧誘する人です。

では、なぜ保険外交員の仕事は将来性が無いといわれているのでしょうか。
理由は下記の通りです。

・景気の打撃を受けやすい職業だから
・昨今の保険業界は代理店や外交員を省きインターネット等での直接契約を促しているから

上記の通り、保険業界は景気の打撃を受けやすく、その影響を受けやすいのが保険外交員です。

たとえば、家計のやりくりを考えたとき、そもそも国民は国民保険に加入していますから、保険の支払いを切るという人が必然的に多くなります。

ただ保険の外交員は、のちほど「将来性のある仕事」として紹介する営業で経験を活かしやすい仕事であるため、まったく将来性がないということでもありません。

不安なく仕事ができる将来性がある3つの仕事

不安なく仕事に打ち込むことができる将来性のある仕事は下記の通りです。

・ITエンジニア
・営業
・事務職

なぜ、上記の仕事には将来性があるのでしょうか。

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

ITエンジニア

ITエンジニアに将来性がある理由は下記の通りです。

・手に職をつけられる
・IT産業が拡大の一途をたどっている
・どのような仕事スタイルにも対応できる
・経験を重ねることでキャリアの幅が広がる

上記にもある通り、ITエンジニアは多様化している仕事スタイルに対しても柔軟に対応することができます。

たとえば2020年に世間を苦しませた新型コロナウィルスですが、ITエンジニアはその影響をほとんど受けていません。

というのも、ITエンジニアはそもそもPCが一台あれば良い仕事ですから、そのままリモートワークに切り替えるだけで対応できたのです。

こういった外部の影響を受けにくい点も、ITエンジニアに将来性があるといわれる理由の一つといえます。

営業

営業に将来性がある理由は下記の通りです。

・経験や実績を積むことでキャリアの幅を広げられる
・AIにとって代わられることのない仕事であるから
・転職で困ることが無く、現状によって柔軟に対応できる

中でも、経験を積むことでキャリアの幅を広げられるという点は、営業という仕事を選ぶ上での大きなメリットです。

たとえば、営業は経験や実績を積むことで、「グループリーダー」「係長」「部長」と分かりやすくキャリアアップを重ねることができます。

さらに営業の求人は非常に多いため、一度経験を積んでおけば転職先に困ることがほとんどありません。

家族ができて子供が幼いときは残業の少ない職場へ転職する、ガッツリ稼ぎたいときはインセンティブが高い仕事にチャレンジするなど、その時その時に合わせて柔軟に対応することができます。

したがって、営業は将来の不安が少なく、安定感を保ちながらできる仕事であるといえます。

事務職

事務職と聞くと、

・将来性がなさそう
・AIに取って代わられそう

というイメージはありませんか?そのイメージはあながち間違いではありません。

事務職に将来性がないと言われている理由は、データの入力や集計といったルーティンワークが今後AIや自動化によって取って代わられると言われているからです。

しかし、事務職の中でもどの事務職につくかで将来性はだいぶ変わってきます。事務職の中でも特に将来性があると言われているのはIT事務職です。

IT事務職は一般の事務職の仕事に加えてエンジニアのサポート業務も行います。そのため、専門的なIT知識をつけていくことができます。

IT知識をつけることで、カスタマーサポートやヘルプデスク、プログラマー、エンジニアといったキャリアの選択肢を広げることができるため、IT事務はこれからも長く安定的に働いていくことが可能です。

ただ事務職は安定した給与と残業の少ない仕事として人気が高いですから、良い求人を探すのが容易ではありません。

そのため仕事をお探しの方は、転職のプロである転職エージェントを上手く利用することをおすすめします。

まとめ|今の仕事の将来性に不安を感じている人は転職しよう

「今の仕事の将来性は大丈夫かな…」と不安に感じている人は転職をしましょう。

不安を感じながら仕事をするとストレスを溜まりやすいですし、何よりご自身の将来のためによくありません。

将来性のある仕事に就くことができれば、将来に対する不安を持つことなく、楽しく仕事に打ち込むことができます。

特に「ITエンジニア」「営業」などの仕事は給与が高いため、安定的な収入を得ることが可能です。

ただし人気の高い仕事でもありますから、良い求人を探すのは正直難しいです。

そこで「とりあえずどんな求人があるか知りたい」「転職が不安…」という人は、ぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?