文系の女子がSEになるために勉強しておくこととは?エンジニアとして活躍できる方法を解説

「文系女子でもSEってなれるの?」

「文系からSE就職するんだけれど、どんな勉強をしたらいいの?」

人気もお給料も高いIT業界、理系の業界と思われがちですが文系からSEになる人も多くいます。

本記事では文系女子がSEになることについて、気になるとのお声が多い以下の点を徹底解説します!

・文系女子はSEになれるのか?

・文系女子がSEになるメリット・デメリット

・SEになるために勉強すべきこと

をご紹介します。

文系女子だって、キャリア次第ではお給料が高く長く働ける仕事を見つけることができます!きちんと自分のキャリアを選びたいあなたにはIT業界のSEのお仕事がぴったり。

この記事を読めば、きっと自分がSEとして働くイメージをもてるはずですよ。

女性でも文系でも高収入やキャリアを諦める必要はありません。

是非自分のキャリアを見直す良いきっかけにして、安定して長く働ける仕事を見つけて理想の人生を描いていきましょう!

文系女子はSEになれるのか?

「SEってパソコンを使って黒い画面でカタカタする仕事でしょ?文系には無理。」というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか?

しかし結論を先に言うと、文系女子でもSEになることは可能です。さらに、SEとして長く働いて、結婚・出産をしてもしっかりと給料をもらっている女性もたくさんいます。

なぜ文系女子でもSEになれると断言できるのか、大きな理由は3つあります。

・IT業界が人手不足だから

・研修や教育制度があるから

・コミュニケーションや言語能力が活かせるから

詳しく解説します。

IT業界は人手不足

IT技術の発達により、IT業界は成長を続けています。そのため、IT業界で働く人のニーズも高まっていますが、人の供給が間に合っておらず世界中で人手不足と言われています。

そのため、文系や未経験、性別も問わず求人に応募して内定を獲得するチャンスがあります。

研修・教育制度がある

IT業界は研修や教育制度が整っていることが多く未経験の文系でも学ぶ姿勢があればSEになることができます。

最低限のIT知識とネットワークや機器について学ぶ研修、開発を行う会社であればプログラミング言語を数ヶ月みっちりと教えてもらえる研修などが用意している会社もあります。

その他、外部の研修を会社負担で受けられるなど、IT業界では研修制度が充実した会社もたくさんあります。

また、IT業界と一口に言っても、範囲が広く、技術革新が常に起こっている業界です。業界経験者であっても未経験者であっても任された仕事について学んでいく姿勢が必要とされています。

コミュニケーションや言語能力が活かせる

SEには意外にも人とのコミュニケーション能力が必要な場面が多くあります。

例えば、お客さんと打ち合わせをしたり、社内で問題が発生した時に関係者を集めてミーティングをしたりする場面です。

周りの多くのSEが論理的に的確な意見を伝えてくれる中で、文系らしい相手の立場や気持ちを汲み取ったコミュケーションができればプロジェクト全体がスムーズに進み現場では重宝されます。

文系出身の強みを生かすことで、現場で希少性の高いSEを目指すことができます。

文系女子がSEになるメリット

文系から勉強など苦労をしてSEになるメリットは一体何なのでしょうか?

SEの方は、大々的にアピールすることもあまりないのでSEとして働くメリットを知らない方も多いようです。

文系女子があえてSEになるメリットを詳しくご紹介します。

給料が高い

SEのお仕事は、文系女子に人気のある事務職と比べて給料が高いです。

そして給料の昇給が緩やかな事務職と比べて、SEはスキルアップや資格取得することで特別手当てをもらえたり昇格して大幅な給料アップが女性でも目指しやすいことが特徴です。

自分でしっかり働いたお金で好きなものを買ったり趣味に使ったり、誰にも咎められずプライベートを充実させることにもつながります。

結婚・出産を経ても続けやすい

SEの仕事は家庭との両立がしやすく主婦の方やママさんもたくさん活躍しています。

SEの仕事は手順書などのドキュメントを作成することも多いため、出産などで一時的に職場を離れる際も別のメンバーへ仕事の引き継ぎがしやすく自分が復帰する際も戻りやすい環境が整っています。

主婦やママになった後でも在宅ワークや仕事の定時上がりなど、スケジュールの調整がしやすいことがIT業界の特徴です。家庭を持っても、しっかり働きたい方にはぴったりです。

また、転職が必要になった際にもSEとして身につけたITの知識は様々な職種で生かすことができます。

人間関係がさっぱりしている

SEは女性も多く活躍していますが、男性の割合が高い職場が多いです。また、多くのSEが自分のタスクをコツコツこなすように仕事を進めます。

その結果、職場での人間関係はさっぱりしており仕事以外での人間関係トラブルは少ない傾向があります。

文系女子なら一度は経験したことのある、女子特有の人間関係トラブルやストレスから解放されます。

文系女子がSEになるデメリット

文系女子がSEになるメリットは分かったけれど、デメリットも知っておきたいという方もいますよね。

デメリットを事前に知って、自分にあった企業選びをすることをおすすめします。

ブラック企業・残業が多い

IT業界はお伝えした通り、成長業界にも関わらず人手不足の業界です。

そのため、人手が足りないにも関わらずプロジェクトの納期が迫っており残業がとても多くなってしまうといった会社も多くあります。

人手不足の状態が慢性的に続くと、残業や休日出勤が当たり前と言ったブラックな働き方となる可能性もあります。

就職前に離職率や残業時間を調べることで、ブラック企業は回避することができます。

勉強を続けなければならない

SEの仕事はIT技術の発達とともに変化していきます。参加するプロジェクトが変われば全く新しい分野に挑戦することになる可能性もあります。

そのため常に学ぶ必要があり、勉強を続けていくのを苦痛と感じる方もいるでしょう。

別の考え方をすれば、仕事を通して世の中の進化を体感できたり、スキルが増えていくので自分の市場価値は上がっていきます。

SEになるために勉強すべきこと

SEを目指すにあたり、勉強しておくべきことはあるのでしょうか?

答えはプロジェクトによって必要な知識は大きく異なるため、専門的な学習は仕事をしながら身につけていけば問題ありません。

とはいっても事前に勉強しておくことで、SEとしてのキャリアをスムーズにスタートできることもあります。

IT業界やSEの仕事全般を理解するために知っておくべきこと3点をご紹介します。

IT業界の仕事について知る

IT業界は一口に言ってもとても広いです。まずは、どのような会社や仕事があるのかIT業界を全体的に知ることから始めましょう。

インターネット上で使用できるWebのサービスを作っているイマドキな会社もあれば、何十年も前から使用されている大規模なシステムを守り続けて安定稼働を支えている会社もあります。さらに、パソコンやサーバといった機械に携わる仕事もあります。

あなたがどのような会社でどのような業務を行うかによってSEと言っても全く別の仕事をすることになります。

ITパスポート試験合格

全くの未経験からIT業界を目指すのであれば、手始めにITパスポート試験を受けることをおすすめします。

ITパスポート試験は国家資格の一つで、IT業界について満遍なく知識をつけることに役立ちます。

さらに時間と意欲があれば、基本情報技術者試験を受験しておくと基本知識とやる気をアピールすることができますよ。

Excel活用方法の習得

SEの仕事で意外にも多く使用するツールはExcelです。Excelの関数やVBAといったツールを使用して業務を自動化する機会が多くあります。

実際に業務で使用しながら都度調べて覚えれば問題ありません。しかし、新人の頃はできないことが多くて肩身が狭い、少しでもできることを頑張って勉強しておきたいという方には事前にExcelについて学んでおくことがおすすめです。

資格試験としてはMOS(マイクロオフィススペシャリスト) があるため、合格を目指してみると自分の自信にもつながります。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、文系女子はSEになれるのか?やSEになるメリット・デメリット、SEになるために勉強すべきことについて詳しくご紹介しました。

SEのお仕事は文系女子でもやる気があれば、しっかりと活躍できます。

ぜひあなたが納得できる、誰もが羨むキャリアを築いていってください。しっかりとキャリアをつみ、自分でお金を稼ぐことができれば自分の好きなことにお金も使え、家族ができたときも安心した家庭を築くことができますよ。

しかし、IT業界はまだまだブラックなところも多く会社選びを一歩間違えると辛い・収入が低いという可能性もあります。

「IT業界いいかも!でもブラック企業は避けたい…」という方は、IT事務の教科書を参考にしてみてください!

IT事務の教科書では、志望動機の添削や転職の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?