合同会社DMM.comが無料で学べるエンジニア養成機関「42 Tokyo」開講!

フランス発のエンジニア養成機関「42 Tokyo」とは?

皆さんは「42 Tokyo」という言葉をご存じでしょうか?「42 Tokyo」は東京六本木で2020年4月に開校予定の、合同会社DMM.comによって設立されたエンジニア養成機関です。「42 Tokyo」の特徴は2つあります。

「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会の提供

年齢、学歴、性別に関係なく、誰もが教育を受けられます。
なんと、学費も無料です。IT系の専門学校の学費が1年間におよそ100万円程度必要となることを考えると、これは嬉しい驚きですね!

実践的で世界で通用する教育システム

「42 Tokyo」では24時間365日開放されているキャンパスで、「ピアラーニング」方式で学ぶことができます。「ピアラーニング」とは、教師から一方通行に講義を受ける一般的な授業のシステムではなく、学生同士で学びあうしくみのこと。IT技術はもちろんコミュニケーション能力などお仕事に必要となるスキルも同時に習得できそうです!
カリキュラムは世界各地のIT先端企業によって用意されたものであり、AIやセキュリティなど現在注目されている最新の高度な技術を習得できます。

「42 Tokyo」概要

「42 Tokyo」への応募や入学試験に関する情報については、こちらの通りとなります。
応募した後、入学試験を受け合格すると入学することができます。

  • 公式サイト:https://42tokyo.jp
  • 応募   :2019年11月7日(木)~
  • 入学試験 :
    第1回→2020年1月6日(月)〜1月31日(金)
    第2回→2020年2月3日(月)〜2月28日(金)
    第3回→2020年3月2日(月)〜3月27日(金) 予定
  • 入学   :2020年4月予定
  • 住所 :港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F
  • 授業料  :無料
  • 応募条件 :16歳以上

お仕事のためのIT技術の「学び」とは

IT技術でお仕事を得るために必要なスキルは「技術力」だけではなく、コミュニケーション力やヒューマンスキルも大切ではないでしょうか。
ITでお仕事する際同じチームの仲間とスムーズにやりとりできる、お客様に自分の成果物についてわかりやすく説明できるというような力は、気持ちよく働く上で欠かせません。

未経験からエンジニアになりたい、初心者としてIT業界にいるので技術を学んでスキルアップしたいという方が自分で技術を学ぶ手段には、e-ラーニングの受講や社会人向けのスクールに通うなどの方法があります。これらは講義を聞き課題をこなすという形式のため、エンジニア同士のやりとりのスキルは身につきにくいのではないかと思います。その点「42 Tokyo」なら学生同士のやりとりを通して学ぶ「ピアラーニング」で、即戦力となるための「実践力」も身につきそうですね。

「42 Tokyo」には著名人も注目

この「42 Tokyo」には、脳科学者の茂木健一郎さんなど各界の著名人も注目しています。
茂木さんは『「42」はあらゆる意味で革新的で、現代的で、すばらしい学校だと思います。 「42」に学ぶ人たちが、日本における破壊的イノベーションの中心となって、この国を、 そして世界を大きく変えていってくれることを期待しています。志ある方々は、ぜひ、「42」に集っていただきたいと思います。「42」には、人類の未来があるのです。』というコメントを寄せられています。
「42 Tokyo」にはIT業界以外の業界からも、注目が集まっています。

まとめ

IT業界でお仕事を始める前も、始めた後も日々進歩する技術についていくためには勉強が欠かせません。
24時間365日、高度な最新技術を学べる「24 Tokyo」で仲間と共に高度なスキルを身に着け、ITのプロフェッショナルへとキャリアアップしてみませんか!?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003451.000002581.html

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?