医療事務の平均収入は安い?業界別の事務職の収入を役職・年齢別に徹底比較!

事務職への転職として特に女性に人気がある医療事務。誰でも一度は病院でお世話になったことがある身近な職業ですよね。

しかし、医療事務は収入が低いという噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。そこで今回はそんな医療事務の収入について徹底調査しました。収入が低いと言われる理由や昇給の実態について見ていきたいと思います。

さらにはITサポート事務との収入比較やそれぞれの将来性についても見ていきましょう。

医療事務の収入は安い?


医療事務の平均収入が安いというのはよく耳にする話であり、そういったイメージが定着していますよね。編集部が調査したところでは医療事務の年収は約280万円で、他の事務職と比較しても低めの傾向にあります。

しかし収入が安いのに、人気というのも医療事務の特徴です。その理由はなんでしょうか?次の項目で詳しく見ていきましょう。

平均収入が安い理由

なぜ、医療事務の収入は安いのでしょうか。事務スキルのほか知識も必要で専門性が高いように思われていますが、その理由には一般事務などと同様で、業務のIT化と雇用の問題がありました。

近年急増している電子カルテやレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成するためのレセコン(レセプトを作成するためのコンピューター)の導入などにより、業務が効率化され、専門知識があまりない方でもパソコン操作ができれば業務を行えるようになってきました。

加えて、医療事務の仕事を派遣社員やパートで行う病院やクリニックが多いため、正社員の給料がなかなか上がらないという状態になっています。そして医療事務は受付業務やレセプトなどのルーティンワークが多く、キャリアアップが難しいという側面も持っています。そのため昇給の幅も狭いのです。

医療事務が人気の理由

収入が安くても、医療事務はなぜ人気が高いのでしょうか。その理由は、転職のしやすさと雇用の幅にあります。
地域や診療科などによって多少の違いはありますが、日本には国民皆保険制度という公的な医療保険制度があるために、基本的にどこの病院であってもレセプト業務などの仕事は同じになります。

そのため転職がしやすく、結婚や出産、旦那さんの転勤などで仕事を辞めることになっても、経験を活かして復職しやすいという特徴があるのです。加えて派遣社員やパートでの募集が多いので、特に女性に人気が高いのです。

医療事務とITサポート事務の収入比較


次に医療事務の収入について見ていきましょう。医療事務とITサポート事務の収入を比較したものを表にまとめました。

 初任給20代後半~30代前半(経歴5年~)30代後半~(経歴10年~)
医療事務268万円296万円313万円
ITサポート事務288万円332万円400万円

※2019年12月 IT事務の教科書編集部調べ

初任給、昇給ともにITサポート事務に軍配

表を見ると一目瞭然ですが、収入についてはITサポート事務に軍配があがりました。初任給時はどちらも200万円代とそこまで大きな差はありませんが、年齢を追うごとに昇給の幅はITサポート事務が大きくリードしていることが分かります。

前述したように、ルーティンワークが主である医療事務はキャリアアップが難しく、収入も上がりにくい状態です。もちろんメディカルクラークや診療報酬請求事務能力認定試験などの資格を取得し、医療コンシェルジュなどへのキャリアアップを目指すこともできますが、それは大病院の中の極少数と言っても過言でないほど少ないのが現状です。

ITサポート事務の収入が高い理由

発展し続けているIT業界。みなさんもインターネットやスマホなど普段の生活に欠かせないアイテムになっていますよね。年々新しい技術やサービスが開発されて、その成長ぶりは目を見張るものがあります。成長しているIT業界だからこそ、その中で働くITサポート事務の収入も高いのです。

しかも、ITサポート事務は未経験者の募集も多く、キャリアアップを目指す方が多いのも特徴なのです。初任給時は収入がそれほど高くなくても、スキルを積みキャリアアップをすることによってどんどん収入が上がっていくのです。さらにITサポート事務からシステムエンジニアなどにキャリアアップをした方は、表で挙げた収入よりもさらに高い方がほとんどなのです!

詳しくは、『ITサポート事務の方が一般事務より年収が高いって本当?給与が高い理由と昇給の実態をご紹介』の記事でもご紹介していますので、こちらもぜひご一読ください。

ITサポート事務の方が一般事務より年収が高いって本当?給与が高い理由と昇給の実態をご紹介

まとめ


女性に人気の医療事務は、経験を活かしながら全国どこでも転職がしやすいという利点があるものの、キャリアアップが難しく、また派遣社員やパートでの雇用が多いために収入がなかなか上がらないという現状がありました。

一方のITサポート事務は、成長著しいIT業界だからこそ収入も高めの傾向にあり、昇給率も良い、求人も多いという特徴がありました。さらに未経験者の募集も多いので、異業界からの転職もしやすく、将来にむけてシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどにキャリアアップもしやすいのです。

女性に人気だからと医療事務を目指している方、転職を考えるなら、ぜひIT事務へチャレンジしてみてください!

IT事務の教科書では未経験の方向けの無料相談を行っています。
ぜひお問い合わせください!(https://it-job.me/lp/inexperience/

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?