行きたい?行きたくない?会社の忘年会についてみんなの生の声を公開

会社の忘年会、みんな本音ではどう思ってる?

12月、忘年会シーズンですね。プライベートでも親しい人や最近会っていない人と連絡をとり、おいしいものを食べながらゆっくり話したい、という気持ちになることも多いと思います。会社でも、毎年忘年会を開催しているという会社は多いのではないでしょうか。そんな会社の忘年会について、多くの人は本音ではどう考えているのか、調査結果が発表されました。

全体では、8%の人が会社の忘年会には絶対参加したくない、60%の人ができれば参加したくないと考えているようです。7割近い人が参加には消極的なようですね。

どうして参加したくない?理由はこちらです。

多くの人が参加したくないと思っている結果が出ましたが、なぜそう思う人が多いのでしょうか。理由をいくつかご紹介します。

  • 社長や上司が、今年1年の振り返りをずっと喋っているだけだから
  • お酒や料理が口に合わなくても、お金を払って参加しなければならないから
  • 社長が酔うとキレやすい

社内の人のお酒のマナーの悪さや、飲み会での話題に関する不満が多いようです。
不愉快な思いをしても社長や上司が相手なら我慢しているしかないことも多く、そんな飲み会は苦痛かもしれませんね。

会社の忘年会に行きたい理由は?

逆に、会社の忘年会に行きたい!と考えている人ももちろんいらっしゃいます。今度は行きたい理由をご紹介します。

  • お酒や料理が通常の飲み会より豪華になり、ビンゴの景品などもあるから
  • 普段知らない職場の人たちの姿が見られるから
  • 普段言えない感謝の気持ちを伝えられる

など、やはり人間関係に関する理由が多いようです。
会社の忘年会に行きたい、行きたくないは普段からの職場での関係づくりがうまくいっているかどうかに左右されるのかもしれませんね。

まとめ

最近は、行きたくないと思う人も多い会社の忘年会。不参加でも不都合がない雰囲気の職場なら、参加せずに好きな人と過ごしたり、一人の時間をゆっくり楽しむのもいいと思います。全員参加しなければならない雰囲気の職場に勤めている場合は、お世話になった人に日頃の感謝を伝えるなど、自分なりの目的をもって参加するとまるきり時間の無駄だったと思わずに済むかもしれませんね。
飲み会でマナーの悪い言動や、お説教をされるのは誰だって嫌なもの。自分もついつい、後輩や部下に同じようなことをしていないか、我が身を振り返ることも大切ではないでしょうか。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000018041.html