秘書がつらくて辞めたい人必見!つらい理由やつらさから解放される方法をご紹介

「秘書がつらいと思うタイミングって?」
「秘書に多い転職理由を知りたい」

上記のような疑問やお考えをお持ちではありませんか?

この記事では、「秘書がつらいと感じる瞬間」「秘書に多い転職理由」などを詳しく紹介していきます。

「仕事がつらい・・・」と考える秘書はたくさんいます。
では、世間一般の秘書はどのようなことに対してつらいと思っているのでしょうか。

記事内で明らかにしていきます。

「つらい・・・」と秘書が感じる瞬間5選


秘書はどのようなときにつらいと感じるのでしょうか。

以下にて、5つ紹介していきます。

秘匿な仕事がゆえに孤独を感じる

秘書は上司と仕事をするうえで、企業や重役の機密事項に触れることもあります。
それはもちろん、口外することが許されません。
「言いたいけど言えない・・・」そんな状況が続くと次第に孤独を感じるようになります。

業界や企業によっては、気軽に仕事の悩みや苦労話をすることもできません。自分の中だけに留めておかなければならないことがどんどん増えていくのです。

また、秘書は一人で仕事をすることも多いため、悩みを打ち明けたり、苦労を分かち合えたりする仲間がいないことが多いです。

「他人と関わらずに仕事をする」というのは想像以上に孤独でつらいことになります。

上司のスケジュールに合わせなければならない

秘書は上司のサポートをする仕事ですから、当然ながら上司のスケジュールに合わせて動く必要があります。

企業に勤める場合、基本的には標準勤務時間が設定されていますが、上司のスケジュールに合わせて働かなければならないことも多いです。

たとえば、上司よりも早くオフィスに行き、部屋の整備、その日することなどを行い、上司が帰ってから自分も帰宅する。そんな生活が続きます。
上司の中には、早朝から仕事をすることを好む人もいますから、朝が早くなる場合もあります。

また、職場や上司にもよりますが、「早く帰りたい」と思っても、上司が遅くまで仕事をしているようであれば、自分も残らなければいけません。
仮に上司が「先に帰っててもいいよ」といっても帰りにくく、結局さいごまで一緒に仕事をすることになります。

上記のような働き方は上司の考えやその場の状況にもよりますが、基本的には上司のスケジュールに合わせて働くこととなります。

自分の時間が少なくというのは紛れもない事実ですので、これに対し「つらい」と感じる人は多いようです。

自分の日程を思うように作れない

自分の日程を希望通りに作れないというのも秘書のつらいポイントになります。秘書は基本的に上司のスケジュールに合わせなければならないためです。

たとえば、上司に急な会議や来客が入った場合は、自分もそれに合わせて動かなければいけません。上司の用事が終わるまで、秘書も残るのが一般的であるからです。

いくら優秀でテキパキと仕事を片付けられる秘書であっても、急な用事ができてしまっては予定を変更せざるを得ません。逆に緊急事態への対処が秘書の力の見せ所でもあります。

また、休日だからといって気を抜けません。
上司や会社から急な連絡が入れば、たとえ休みであっても関係各所に連絡を行ったり、緊急的に休日出勤したりする場合もあるのです。

秘書が動かなければ、所属する会社のビジネスを大きく狂わせてしまうこともあります。
やりがいのある良い点でもありますが、自分を犠牲にすることもその分多くなってしまうのです。

気を遣うことに疲れる

気を遣うことに疲れてしまう人も多くいます。
秘書は上司をはじめ、社内・社外を問わず多くの人とコミュニケーションをとり、仕事を片づけていきます。

多くの人との出会いや交流は勉強にもなり、楽しい面もありますが、いつも周りに気を遣っているとストレスはどうしても溜まります。
「人とコミュニケーションをとるのが苦ではない」という人でも気を遣うようなコミュニケーションは疲れてしまうのです。

また、常に丁寧な対応が求められるため、緊張感も続きますし、気を張り続けることにもなるため気苦労もすごいです。

自分を追い詰めすぎないためにも、上手に息抜きをしてバランスを保つ必要があります。
ストレスをうまく発散できないと「つらい」が重なり、仕事に嫌気がさしてきてしまうのです。

業務の幅が広く量も多い

秘書は業務の幅が広く、仕事の量も多いためキャパオーバーになることも少なくありません。日常的に行う業務のほか、時にはいわゆる雑用までをこなさなければいけないからです。

雑用というのは、買い物、電球の交換、接待会場の予約など、正直、例を挙げるとキリがありません。「なんでこんなことまでしなきゃいけないんだろう」と思わず考えてしまう人も多いです。

また、上司の仕事に関わることであれば、どんなに面倒で地味な仕事であってもこなさなければいけないという側面もあります。
「今日は早く終わりそう」なんて思っていた日こそ、業務が増えていつもより遅くなるというのはよくある話です。

秘書に多い転職理由3選


以下では、秘書が転職を考えるタイミングや理由について紹介していきます。

「スケジュールが立てられず、休日出勤が多くてつらい」

割と多いのは、「時間の調整ができず休日でも出勤することが多いのがつらいから転職したい」というものです。

先ほども少し説明しましたが、秘書は役員の都合に合わせて仕事をするため、自分で時間調整がほとんどできません。
急な要件にすぐ対応ができるように、昼食時間も席から離れることが出来ないという秘書も中にはいます。
休暇も自分の都合では取ることができず、役員が休暇を取る時に取らなければなりません。

早朝に出勤し、仕事の準備、来客対応、資料作り、各部署との対応などを行いつつ、その時々に必要となる知識を蓄えていくため、常に一杯一杯な状況が続きます。

昼食休憩や息抜きをすることも難しいです。さらに、退社後には接待の会食もはいってくるため、その場所への車の手配や食事、その後の二次会までも完璧なスケジューリングをこなさなければいけません。

会食も、ただ一緒にご飯を食べながら話すだけではなく、接待の相手の好みを前もって確認し、その下見をすることも大切な仕事になります。

上記のような仕事を日常的にこなすため、定時に帰ることは年に数回程度であるという人も多いです。

「理想と現実のギャップに絶望した」

「かっこよく上司のサポートをする秘書になりたい」そんな思いを胸に秘めて秘書になった人は、現実とのギャップに苦しみがちです。

実際の秘書業務というのは、「上司の予定管理」「社内・社外のメール対応」など雑務的な仕事が多く、地味なものが多いです。漫画やドラマのかっこいい秘書をイメージしていた人からすれば、大きなギャップを感じるはずです。

また、秘書は会社や上司のサポート、つまりは黒子役であるため目立つこともなく、表立って褒められることも少ないです。

雑務といえど楽な仕事ではないので、当然ですが激しく疲れます。
「こんな仕事がしたかったわけじゃないのに・・・」そんな思いが募り、転職を考え始めるのです。

「業務の量に対して給料が少ないと感じる」

秘書の業務範囲は広く、煩雑なうえに量も多いです。

「秘書の仕事像」でイメージするような「上司のスケジュール管理」「来客対応」だけでななく、上司のプライベートの旅行やお土産の手配、衣服のメンテナンスなどを仕事としてこなす場合もあるのです。

「こんなに仕事しているのに給料が少なくて割に合わない」そう感じるのも、ごく自然なことであるといえます。

一回ネガティブに考え始めると仕事が手に付かず、転職を考え始める人は多いです。

悩んでいるならまずは転職のプロに相談!


「転職はしたいけど・・・」
「秘書以外に向いている仕事が分からない」

転職への思いは人によってそれぞれだと思います。

ただ言えるのは、仕事を続けるにせよ、転職をするにせよ、ひとまず転職のプロである転職エージェントに相談してみた方がよいということです。

転職エージェントに相談することで、「自分に合っている業種」「進みたい方向性」などが見えてきます。

転職の相談はいくらしても無料です。
あなたの大切な未来のためにも、3分、4分の時間を相談の時間に使ってみてはいかがでしょうか。

志望動機/ES添削/面接対策・お問い合わせ

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?