【例文付き】事務職でキャリアプランは立てられる?キャリアプランの立て方を徹底解説

皆さんはキャリアプランをご存知でしょうか?特に転職活動の際に、企業側から面接で聞かれることが多く、事務職に転職するのにキャリアプランをどう立てたらいいか分からないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、事務への転職を考えている方必見!キャリアプランのメリットや立て方などを解説し、例文付きでご紹介していきます!

自分の場合はどうかな?と考えながら読んでみてくださいね。

キャリアプランとは何か?


キャリアプランと聞くと、バリキャリを目指す人が将来性を見据えて描くビジョンというイメージがあり、事務職に当てはめるのは少し難しいと思ってはいませんか?

キャリアプランとは「自分自身が仕事において将来どうなりたいか?それを目指すためにどういった計画や考えを持っているのか?」ということを示すためのものです。どんな職種であっても、例え出世願望がなかったとしても、それぞれに合ったキャリアプランを立てることは可能なのです。

キャリアプランを立てるメリット

キャリアプランを立てることによって、自分自身が会社や仕事においてどうなりたいか、そのためには何が必要なのかが明確に見えてきます。そうすることによって、考えにブレがなく、自信を持った回答をすることができ、どんな角度からの質問にも答えられるようになるのです。

また、応募する会社が自分のキャリアプランに合っているのかを見極めることにも繋がっていき、より自分にあった会社を選ぶことができるのです。

例文付き!キャリアプランの立て方


それでは具体的にキャリアプランを立てるのはどうしたらいいのでしょうか?必要なポイントを見ていきましょう!

無料で、プロにキャリアプラン&自己分析の相談をする!

自分がどうなりたいのかをリストアップする

例えば、同じITサポート事務の仕事でも、システムエンジニアを目指したい方、プロジェクトマネージメントをやりたい方、事務の仕事を続けて行きたい方など、将来どうなりたいのか?は個人によって様々です。

キャリアアップを目指す上昇志向だけがいいのではなく、事務の仕事を続けていきたいという考えや、家庭と仕事を両立させていきたいという考えでもOKなのです。大切なのは意思がしっかりしているということと前向きな姿勢であることです。

初めは考えがまとまっていなくても、どんな仕事をやりたいのか、将来はどうなりたいのかなどを、とりあえず書きだしてみましょう。リストアップすることにより自身の考えを客観視することができます。

リストアップしたら、その中で何を重要視するかなど優先順位を考えてみましょう。

目指すものに必要なステップを考える

次に行うのは、自分が設定した目標を達成するために何が必要かを考えることです。このステップをひとつずつ踏んでいくことが、キャリアプランを実現するための手段となっていきます。

アルバイトからの転職で事務が未経験という方なら「エクセルなどのOffice系ソフトの使い方を勉強する」、一般事務からITサポート事務への転職なら「キャリアアップを目指して、プログラミングの勉強をする」などです。

募集要項で未経験者歓迎だとしても、会社としてはやる気のある前向きな人を採用したいと考えます。目指すものが見えてきたら、それに必要なものを勉強するなどして意欲があることを示しましょう。

考えがまとまったら文章にまとめてみよう

考えがまとまってきたら、文章にしてみましょう。

言葉にすることで、自身の中でキャリアプランがより明確になっていきます。

ここでは具体例を挙げながら例文をご紹介していきますね。

アルバイトから事務職へ転職する未経験者の例

アルバイトから正社員への転職を目指す方の場合、とりあえずは正社員になりたいという方多く、その後の具体的なキャリアプランを描くのはハードルが高いというケースがあります。そんな時は、事務職を極めることを目指し、社員のサポート役を担いたいという目標を掲げてみましょう。

【例文】
事務の仕事のスペシャリストになりたいと思っております。しかし事務職は未経験ですので、現在はOfficeソフトの勉強をしており資格取得を目指している段階です。PCスキルを身に着け、これまでのアルバイト経験で培ったマルチタスク処理やコミュニケーションスキルを活かしながら社員の方をサポートしたいと思っております。「私に仕事をお願いしてよかった」、「○○さんのような事務を目指したい」と同僚に言ってもらえるような、事務のスペシャリストを目指していきたいです。

一般事務からITサポート事務へ転職し、将来はWebデザイナーを目指したい方の例

次にご紹介するのは経験者の転職です。将来的に技術を身に着けてキャリアップを目指したい方は、ご自身がなりたい姿に当てはめて考えてみてください。その会社だからこそ実現できる事などを盛り込むといいですね。

【例文】
将来はWebデザイナーへのキャリアアップを考えております。現在は一般事務の仕事をしながら、Webデザインの勉強をしております。御社が開発しているWebサイトを拝見し、目を惹くようなユニークなデザインに大変興味を持ちました。また、御社では事務職からのキャリアアップをされている方が多く、私もぜひ同じ環境でチャレンジしたいと思いました。ITサポート事務の仕事を通して開発へ携わり、3年後には事務職で培ったコミュニケーションスキルを活かしながら、顧客のニーズを的確に掴み、提案できるようなWebデザイナーへと成長していきたいと思っております。

完全無料で、あなたのキャリアプランの作成をサポート!

まとめ

キャリアプランで大切なのは、前向きな姿勢と自分がどんな仕事をしたいか、将来どうなりたいか?を明確に示すことです。夢だけでは終わらせるのではなく、実現のためにどうするべきかのステップも考えましょう!

ITサポート事務の教科書では、経験豊富なキャリアアシスタントが無料で相談を行っています。自身のキャリアプランをどう書くべきか悩んでいる方や、これでいいのかな?と自信が持てない方、アドバイスが欲しい方などもぜひご相談下さい。

無料相談はこちらから(https://it-job.me/lp/inexperience/