文系女子は就職が難しい?オススメの業界ランキングや就活必勝法をご紹介!

「文系女子の就職は厳しいって本当?」
「文系女子が有利になる業界について知りたい」
「就職を有利に進めるためのコツってあるのかな…」

このようにお考えではないでしょうか。

この記事では、就職についてお悩みの文系女子に向け、下記について詳しく紹介していきます。

・文系女子の就職が厳しいと言われいてる2つの理由
・文系女子が有利になる業界ランキングBEST5
・文系女子が就職を有利に進めるための3つのコツ

記事を読むことで、自信をもって就職活動に挑むことができるようになります。

自分に合った素敵な企業を見つけ、充実した社会人生活を送りましょう!

文系女子の就職が厳しいと言われいている2つの理由

文系女子の就職が厳しいと言われている理由は下記の通りです。

・大学での勉強が社会で通用しにくい
・社会で通用するスキルがない

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

大学での勉強が社会で通用しにくい

まず、文系での勉強が社会で通用しにくいという事が考えられます。

「数学が将来どんな役に立つの?」と同じ理屈で、大学でたくさん勉強したらかといって就活で役立つわけではないのです。

もともと就業意識をもって大学を選択した人であれば、就活に役立つ何らかの専門知識を習得できるかもしれません。

しかし、多くのが学生は明確な将来設計をたてずして大学へ進学しますから、4年間の勉強を就活に役立てるというのは難しいです。

むしろ面接官からすれば「大学でちゃんと勉強をしました」というのは普通で、それ以外にどのような経験をして、何を考えていたのかという点に着目しています。

社会で通用するスキルがない

「社会で通用するスキルがない」というのは、文系女子がもっとも就職で苦しむポイントです。

理系学生のように専門性の高い研究を通し、実験のスキルを身に付けていれば一部の企業で役立つこともあります。

しかし、普通の文系学生はこれといったスキルを持たずして卒業する場合が多いです。

とはいえ男女関係なく文系学生の大部分がスキルをもっていませんので、企業側もそれを前提として採用試験を行っています。

そのため「私には何もない…」などと悲観する必要はまったくありません。

就活では、今もっているものよりも「これから先に何をしたいか」ということに対し、思慮深く考えている人が優位に立つのです。

文系女子の就職が不利だということではない

これまで文系女子の就職が厳しい理由を紹介してきましたが、あくまで厳しいというだけで、就職自体が不利になるわけではありません。

なぜなら、新卒の採用活動では能力を重要視しない傾向にあるためです。

実際のところリクナビの調査では、面接官が就活生をみているポイントは多い順に「企業とのマッチ度(66.1%)」「入社意欲(64.0%)」「会話力・論理的思考力(43.5%)」となっています。

(参考:リクナビ『二次面接を担当するのはどんな人?見ているポイントは?』https://job.rikunabi.com/contents/interview/7819/

このことからも、面接官は大学での経験や知識よりも、学生の内面的なところに焦点を当てていることが分かります。

理系には理系の、文系には文系の良さがあります。「文系女子の就職は難しい」などという世間的な一般論に躍らされず、自分らしさを前面に押し出していきましょう。

文系女子が有利になる業界ランキングBEST5

以下では、文系女子が有利になる業界をランキング形式で紹介していきます。

自分の好きな業界があれば、積極的にアプローチしてみるとよいです。

それでは見ていきましょう。

IT業界

IT業界の「事務職」「営業職」は人気が高く、文系女性が多く活躍していることで知られる業界です。

中でも「IT事務職」の人気は高く、安定した給与、働きやすい職場環境などを求めて多くの文系女子が就職先として選んでいます。

またIT業界は社会情勢の影響を受けにくいため、安心して働き続けられるというメリットもあります。

実際、2020年に猛威を振るった新型コロナウイルスですが、IT業界はそれほど大きな影響を受けていません。

ではなぜ、IT業界はコロナの影響をあまり受けなかったのでしょうか。

それは「パソコンがあればリモートワークに切り替えられる」「自宅にいる時間が長くなるからこそITのサービスを利用する」などといった理由があるからです。

さらに、IT業界の成長は著しいですから、これから就職を考えるうえで優先的に考えることをおすすめします。

旅行業界

旅行業界は文系女子から人気が高い業界として知られています。

よく旅行に行っていたり、知識や興味がある人はそれらを活かすチャンスも生まれるはずです。

旅行業界での仕事は、「国内外の宿泊サポート」「交通手段の手配」「ツアー旅行の企画」などになります。

最近は日本に訪れる外国人観光客も増えていますから、今後の需要も下がることはありません。

また、旅行業界だからといって学生時代にたくさん旅行していた経験必要であるということはないです。

旅行業界では、「国内外のお客様に対してホスピタリティ精神をもって対応することができるかどうか」その資質が問われます。

ただし、最近ではコロナの影響で採用活動をストップさせている企業があったりと、社会情勢に左右されやすい面があることも覚えておきましょう。

航空業界

航空業界は文系女子からの人気が高く、語学を習得している人はかなり有利になります。

英語が必須であることがほとんどで、中国語や韓国語といった他の言語を身に着けていることも重要です。

航空業界も旅行業界と同様に、訪日外国人の影響で業界は安定している傾向にあります。

文系の場合、理系のように専門的な授業が多くありませんから、外国語を学ぶ機会も多くとれることでしょう。

特に、海外や語学に精通する大学に通っていた人は積極的に目指してみるとよいです。

ただ、航空業界は金融業界と同じく社会情勢に左右されやすい面があります。実際のところ、コロナの影響で旅行する人は減り、業界全体が大打撃を受けています。

このように、就職をする際は「社会情勢の影響を受けやすいかどうか」という点を見ておくことも大切です。

金融業界

金融業界は業界規模が大きいため、毎年採用される人数も多いです。安定した給与を得られることからも、文系女子の人気の的となっています。

金融業界の営業職ではコミュニケーション能力が重要視される傾向にあるため、文系女子にも大きなチャンスがあります。

また、金融業界では法律に関わる知識も大切です。

法学部ほどではありませんが、文系は理系に比べて法律を学ぶ機会は多くあります。ですから理系女子よりも有利に就活を進められる可能性が高くなるのです。

さらに金融業界は女性が活躍しやすい場でもあります。

実際、厚生労働省の調査では、金融業界における女性管理職(係長相当以上)の割合が約20%と、産業の平均を約2倍近く上回っています。

(参考:厚生労働省『産業別女性管理職割合』https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-28r-09.pdf)

このことから、金融業界はしっかりとキャリアを積み上げていきたい文系女子におすすめです。

公社・団体・官公庁

公社・団体・官公庁も文系女子から人気が高く、活躍の場が広い業界です。

公社・団体とは、国が全額出資している法人で、官公庁は国の組織になります。

一般の民間企業は会社の利益を求めますが、公営の企業は社会全体の利益を求める団体が多いです。

そのため、会社のノルマや利益に埋もれることなく、人のため社会のためにやりがいをもって働くことができます。

また、経営の母体が国であるため、経営破綻に陥る可能性が低く、一般の民間企業より働くうえでのリスクが少ないです。

ただし、官公庁で働く場合は国家資格を受験する必要がありますから、すぐに就職できるわけではありません。

官公庁への就職を希望する際は、民間企業と勉強を両立させながら就活の準備を進めましょう。

文系女子が就職する際に重要な3つのコツ

文系女子が就活を進める際、重要となる3つのコツは下記の通りです。

・自分のアピールポイントを誤らない
・自己分析で自分の価値観を知り論理的に伝える
・積極性をアピールする

それぞれについて詳しく解説していきます。

自分のアピールポイントを誤らない

就活の際、自分のアピールポイントを誤らないことが大切です。

なぜなら、あなた自身が思っている自分自身のアピールポイントと、面接官が欲しいと感じる人材の要素が必ずしも一致しているとは限らないからです。

たとえば、前述したように、面接官は「企業とのマッチ度」を重要視しています。

このことから、あなたのアピールポイントは面接官から見て「企業にマッチしていること」が非常に重要になるのです。

ですから、自分自身をどのようにアピールするかは、企業をよくリサーチしたうえで慎重に決める必要があります。

「この前の面接ではウケが良かったから」といった理由でアピールポイントを使い回さないようにしましょう。

自己分析で自分の価値観を知り論理的に伝える

文系は理系のように「プログラミングスキル」「実験の基礎スキル」などを保有していませんから、それと同等以上のスキルが必要になります。

とは言っても、スキルは一朝一夕で磨けるものではありません。

そこで、「自己分析をして自分の価値観を知り、面接官に論理的に伝える」ということが大切になってくるのです。

「自己分析をする」というのは、自分の中にある既存のスキル・経験を嚙み砕き、整理して面接官にぶつけられるようにしておくことです。

たとえば、これまでにバイトの経験があるのであれば、「ただバイトをした」というだけでなく「効率よくバイトを進めるうえで何をしたか」と経験を深堀りしておきます。

もっと言うと、「これまでの経験から将来どのようなことを成し遂げたいと思うようになったのか」「今持っているスキルはどのようにして取得してきたのか」といったところに焦点を当てて深堀しておくのです。

就活するうえで準備は非常に大切なことですから、自己分析を行って自分のこれまでの経験を深堀しておきましょう。

積極性をアピールする

積極性をアピールすることはとても効果的です。

実際、dodaエージェントサービスが約3万社に対して行った調査では、企業は人材に対して「積極性(74%)」を最も求めていることが分かっています。

(参考:doda『企業が求める人材は?』)https://doda.jp/guide/saiyo/003.html

ちなみに、次に多いのは順に「柔軟性(60%)」「外向性(59%)」となっており、それらを「積極性」が上回る結果となっています。

積極性は面接などの場においてもアピールしやすいですから、どのようなことを話すにせよ意識しておいて間違いはありません。

「志望する企業に就職したい!」という気持ちがあるのであれば、ハッタリの積極性でもよいのです。

今の自分に自信をもち、精一杯ぶつかっていきましょう。

まとめ

この記事では、「文系女子の就職が厳しいと言われている理由」「文系女子におすすめの業界」などについて紹介してきました。

記事にもある通り、文系女子だからといって就職活動が不利になることはありません。

むしろ、文系女子だからこそ持っている強みやアピールポイントは必ずあります。

他の学生に引き目を感じる必要はないのですから、強い気持ちを持って積極的に挑んでいきましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?