【必勝法】女性が狭き門である事務職に転職するための3つのコツをご紹介!

「女性は事務職への転職が厳しいって本当?」
「事務職に転職する際のコツを知りたい!」

上記のようにお考えではないでしょうか。

この記事では、「女性が事務職に転職するのが難しい理由」「事務職に転職する際の3つのコツ」について詳しく解説していきます。

事務職への転職は狭き門ですが、コツを抑えておけば難しいことでもありません。
転職のポイントを知り、事務職の仕事を勝ち取りましょう!

転職活動をする前に知っておきたい事務職の実態


以下にて、事務職へ転職をする前に知っておきたいことを3つ紹介していきます。

未来に向け消えゆく職種であること

「仕事はAIによってどんどん奪われていく」こんな言葉をよく聞いていたのもすでに数年前の話。
皆さんもご存知の通り、現代のテクノロジーの進化、発展はすさまじい勢いで進んでいます。

AIが得意とする分野は、いわゆるルーティン業務です。要するに、マニュアル化できるような作業はこれから先、全てAIが行っていくと考えられています。
たとえば、一般事務や経理事務、営業事務などがこれに該当します。たとえ正社員であったとしても、人件費が抑えられるなら企業はAIを投入することになるでしょう。

自動運転の車がもうすでに走っている世の中ですから、事務職の仕事が無くなったとしてもなんら不思議ではありません。

実際に、便利なITツールがどんどん登場し、事務処理業務を中心に仕事の効率化が進んでいます。

今後、更に便利な事務処理ソフト・事務処理ロボットなどが登場すれば、多くの人材を雇用せずとも、より正確でスピーディーに事務処理が行われていくよると考えられます。
会社の経営はうまくいったとしても、正社員が生きていく場所は徐々に奪われるのです。

事務作業に関しては今後、正社員採用をするのではなく、派遣スタッフや契約社員など「非正規雇用」を中心に人員配置を考える企業が増えていくのではないでしょうか。

採用枠が他の職種に比べてかなり少ない

知っている人も多いかもしれませんが、事務職は採用枠自体が少ないです。

事務職は、他の社員のサポートや営業職を支えるお仕事になります。
営業職のように直接的に会社の売上に貢献するわけではないため、企業はなるべく採用の枠を少なくしたいわけです。
現にベンチャー企業のような若い企業は、事務職の人数を減らし、営業職の仕事を増やすような体制をとっているところも少なくありません。

たとえば、50人規模の中小企業だと、50名のうち事務職はたったの1~3名程度です。
もちろん業界や会社ごとに人員配置は変わります。しかし、どの会社の、どの業界でもさほど大きな違いはありません。事務職に用意されているポジションは極端に少ないと言わざるを得ないでしょう。

また、事務職は離職率が非常に低いです。イスの空きがうまれないため、求人募集する頻度も少ないという現状があります。

アウトソーシングが増えている

近年では、正社員として事務職を採用する会社が少なくなってきています。
それは、派遣やアウトソーシングを使う会社が増えてきているからです。

会社は「正社員を雇うことで発生するコスト」を徹底的に減らしたいからでしょう。
たとえば、新しい社員を雇うことで「教育」「給料」「福利厚生」など、さらに求人の広告もだしているわけですから、たった1人を雇うだけでも相当な費用がかかります。

直接的に会社の売り上げに貢献するような営業職や企画職、または専門職にの人に与える人件費を抑えると、より良い条件の会社に転職をされてしまったり、良い人材を取り逃がてしまう可能性もあります。これは会社の存亡に関わります。

一方で、事務職はどうでしょうか。
事務職は、あくまで他の社員がスムーズに仕事が行えるように支援するポジションであるため、一定の事務処理スキルがあれば、正社員でなくても、派遣スタッフやアウトソーシングで十分まかなえます。

また、アウトソーシングの仲介をする大手プラットフォーム『ランサーズ』が今や大体的にテレビCMをやっています。
リモートワークや働き方改革が叫ばれる昨今ですから、今後アウトソーシング移行の流れはどんどん速まっていくでしょう。

意外と知られていない?事務職の仕事内容


事務職といっても、仕事内容は多岐にわたります。
以外と知られていないものもありますので、転職活動をするの方はぜひ下記をご覧ください。

  • 受付
  • 経理
  • 総務
  • 秘書
  • 資料作成
  • 営業事務
  • データ入力
  • クレーム対応
  • ヘルプデスク
  • アシスタント
  • 人事アシスタント 
  • コールセンター業務

    上記を総じて事務職と呼びます。

「事務職に応募する」といっても上記を全て指すことになりますので、事務職の中でも何をするのか明確にしておく必要があります。

いっしょくたんに考えてしまっていると、面接の突破すらも怪しくなります。注意しましょう。

事務職に転職する際の3つのコツ


ここまで読んでいただき、「事務職に転職ってかなり厳しいんじゃないか・・・」と思った方もいるでしょう。

たしかに簡単なものではありません。ただ、転職を可能にするコツはあります。
以下で3つ紹介していきますので、事務職への転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

自己分析に手を抜かない

自己分析の手を抜かないことが、まず挙げられるコツの1つです。
これまでの経験を振り返りましょう。これまでの経験やスキルを棚卸ししていくイメージです。

今の自分にはどのようなスキルがあり、何を得意としているのか。
逆に、自分に欠けているスキルは何で、何を不得意とするのか。徹底的な自己分析を行うことが、転職を成功に導くためのカギになるといっても過言ではありません。

あなたは、これまでどのような仕事に携わってきたのでしょうか。
ただ経験してきた仕事を列挙するのではなく、どんな気持ちで、どのようなことに携わっていたのか、仕事の進め方、やり方をどのように工夫してきたのか、など。できる限り詳しく書き出すことがポイントです。

たとえば、「事務職の経験があります」といっても、先ほど説明したように業務内容の幅は広く、働く会社や部署によって実際に携わっていた仕事の内容自体も大きく異なります。

下記にて、事務職の仕事である「書類作成」について、簡単な例を見てみましょう。

A「ひな形を会社が用意しており、必要な箇所のみ適宜、修正を行っていた」

B「ゼロから書類作成をしたり、ひな形自体を作ることもしていた。要望に沿った書類を臨機応変に作成できる」

上記のように、書類作成であっても説明の仕方で経験値の見せ方が大きく異なります。

Bのような説明をするためには、できる限り詳しくどんな仕事をしたか、どんなことに取り組んだかなどをこと細かに見直していくことが重要になります。

事務職に求められるスキルを把握する

事務職に必要なスキルを把握することも大切です。

あなたは事務職にどのようなスキルが求められているかご存知でしょうか。
一般的にいう事務職に求められるスキルは下記の通りです。

  • 資料作成スキル
  • 電話対応・来客対応
  • コミュニケーションスキル
  • メール対応スキル(メールソフトとビジネスメールに関する知識)
  • Excel、Word、PowerPointなどのオフィス系PCソフトを使えるスキル

上記はあくまで、正社員の事務職に応募するときに、最低限持ち合わせおきたいスキルだと思っておいてください。

まだ年齢が20代であれば、スキル不足であっても、ポテンシャル採用や、将来性に期待しての採用があるかもしれません。

しかし、30代以上の場合は正直きびしいです。残念ながら、正社員での事務職に転職というのは困難でしょう。

将来のビジョンを明確にする

長期的なキャリアビジョンを明確にすることも非常に大切な要素の1つです。

先ほども説明したように、まずは徹底的な自己分析を終わらせます。
そうしたら次に、今後の長期的なキャリアビジョンを考えていきましょう。

「キャリアビジョンって言われても、何から考えていいのか分からない」という方もいるでしょう。

それではあなたに聞きます。

あなたは今まで、どのような基準をもって仕事を選んできましたか?
また、仕事を決める際に何を一番重視していますか?

下記をご覧になって決めてみてください。

  • 給与
  • 仕事内容
  • 勤務エリア
  • 勤務時間や残業の有無
  • 社内昇進が可能かどうか
  • 福利厚生などの従業員に対する制度

上記の中から選択したものについて掘り下げていきます(もちろん、上記以外のものでもOK)。
給与を選択したのであれば、「なぜ給与を大事に思うのか」「これから先、給与を伸ばすためにどのようにしていきたいか」と、どんどん深く掘り下げます。

そうすることで、自分なりのビジョンが見えてくるはずです。

あとは簡単。あなたが考えたビジョンの中に応募先の企業を組み込み、そのまま自己PRで話すだけです。

「未経験OK」と書かれた求人に応募する際の注意点


Web上で事務職に関する求人情報を見てみると、かなりの確率で「職種未経験OK」「業種未経験OK」というワードが並んでいます。

確かに事務職は、業界が違っても業務内容は大きく変わらないため、業界が違っても一定にパフォーマンスを発揮することはできます。
ただし、事務職自体の知識がない場合は少し注意する必要があります。
「業種未経験OK」は業界知識ですので、なくてもこれから覚えていけばよいです。

「職種未経験OK」というのがくせ者でして、企業は多くの応募からふるいをかけるためにこの言葉をつかっています。

「業界未経験OK」「職種未経験OK」こう書かれている求人があったら、たくさんの人が応募していることを覚悟しておきましょう。

まとめ


この記事では、「女性が事務職に転職する前に知っておきたいこと」について網羅的に紹介してきました。

事務職は狭き門ですが、記事で紹介してきた「やるべきこと」をしっかり行っていれば突破はできます。逆に今、「事務職への転職は簡単ではない」と知れたことはラッキーです。

とことん選考の対策ができますので、記事で紹介したこと参考にしつつ、着実に準備を進めていきましょう。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?