転職活動が不安で一歩踏み出せないあなた!不安を解消するための5つの対処法をご紹介

「転職活動への不安が抑えられない・・・」
「他の人はどんなことに対して不安に思っているの?」

上記のような不安や疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、「世間の人が転職活動に対してどのような不安を抱いているか」そして、「それらの不安を解消する方法」について紹介していきます。

不安を解消し、効率の良い転職活動を行っていきましょう。

転職活動に対し人はどのような不安を抱くのか


dodaが2000人の転職意識を調査した結果、下記のような解答が得られました。

  • 不安の方が大きい55.5%
  • 自身の方が大きい16.6%
  • どちらでもない23.1%
    (参考『あなたが転職するとしたら、転職した先で活躍する自信と不安はどちらが大きいですか?』https://doda.jp/guide/ishiki/

やはり、転職活動に対して不安に思う人は多いようです。
それでは、人々は転職活動に対してどのような不安を抱くのでしょうか。

以下にて見ていきましょう。

先が見えない事に対する不安

人は日常的に継続していた行動や環境をを大きく変える時、先が見えないため不安を抱きます。

転職活動をして職場を変えるというのは、「キャリアアップ」「収入の底上げ」など、ポジティブな要素が多いです。しかし、転職活動の期間が長引けば長引くほど、自分の判断に迷いが生じ、不安になってしまう人が多くいます。

既に会社を退職している人の場合、経済的な不安も相まって「このまま仕事が決まらなかったらどうしよう」「どうやって生きればいい?」などと考え、自信をもてくなくなり、辛くなってしまうのです。

ネガティブに考えても良いことは1つもないので、できるだけポジティブに考えましょう。

環境の変化に対する不安

大きな環境の変化は、誰しもが不安に思うことです。
これまでも、中学や高校への進学で感じたことがある人も多いのではないでしょうか。
転職でも同じようなことがいえます。

特に転職が始めてだという人は、「新しい職場環境に馴染めるか」という不安があるはずです。また、未経験職種にキャリアチェンジする人は、「経験したことのない仕事をうまくやれるのかな」といった不安もあるでしょう。

上記のような不安は、誰しもが持つものです。
内定という結果を得ることができているのであれば、新しい職場はあなたを認め、あなたを必要としているということ。自分を信じて、フレッシュな気持ちで新しい仕事に臨みましょう。

また、環境の変化というと、引っ越しや新天地に対する不安もあるのではないでしょうか。
職場環境だけでなく住む場所の変化があれば、地域に馴染めるかといった不安も出てきます。

自分から溶け込む努力をすることはもちろんですが、あまり意識せずに自然体で臨むとよいです。日本である以上、そう大きな変化はありません。

結果連絡が来ないことに対する不安

結果の連絡がこないことに対して不安に思っている人もいるかもしれません。
しかし、面接が終わった後に結果連絡の日程を伝えられているのであれば、その時期までは落ち着いて待ちましょう。

連絡の時期が伝えられていないという場合は、1週間~10日ほど待つことをおすすめします。もし、その期間を過ぎても連絡がないようであれば、採用担当者にメールや電話で問い合わせてみるとよいです。

不安な気持ちを持ち続けることは、体調にも影響します。特に、志望度の高い会社であるほど連絡を待っている間は不安になります。

しかし、不安に思うだけでは良い進展は生まれません。
「転職活動している会社の提出書類の見直し」「面接対策」など、今できること、やるべきことをしっかり進めていきましょう。そうすることで、自然と気持ちも切り替わります。

不安抹消!はじめての転職で気を付ける3つのこと


以下で紹介する「転職活動をする際に気を付ける3つのこと」を抑えておけば、不安も抹消できます。

何かと不安に思ってしまいそうな人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動では大量エントリーをしない

転職活動ではふつう、大量エントリーをしません。
新卒時の就職活動だと、何十社もの大量エントリーをしていたかと思いますが、転職活動では十分な対策をしていないまま選考に進むのは避けた方がよいでしょう。

転職活動は、就職活動のように十分な時間が無い場合が多く、限られた時間の中で自分にマッチした企業を見つけなければいけないからです。

また、新卒での就職活動は、会社説明会を始めとした手厚い情報提供の場が用意されています。一方で転職活動では、応募してすぐに書類選考や面接に移ることがほとんどです。

十分な企業研究や面接対策をしないまま選考に進んでしまうと、時間を大きく無駄にしてしまうことにもつながりますので、応募する企業は、万全の準備ができる数にしぼりましょう。

応募理由が曖昧なままエントリーしない

希望する転職先や志望動機が曖昧なまま応募してしまうのは避けましょう。これは、大量エントリーに少し似ていますが、よくある失敗の1つです。

たとえあなたに、「コミュニケーションスキル」「これまでに培ってきた経験」があったとしても、転職先に関する志望動機が曖昧だと、不採用となってしまうケースが多いからです。

これまでどのような経験を積んできたかも重要ですが、転職活動において採用担当者に見られる一番のポイントは「自社とどれくらいマッチするか」です。

あなたと企業のマッチするポイントを多く見つけるためには、企業研究が必須となります。
応募理由が曖昧なままエントリーをするのは避けましょう。

余裕のあるスケジュールを立てる

余裕のあるスケジュールを立てることも大切。無理があるスケジュールを立てて失敗するケースが多いからです。

特に、在職中に転職活動を行う人はスケジュール管理に要注意です。
「十分な企業研究や書類作成・面接対応」「退職までの引き継ぎ作業」などを踏まえたスケジュールを、無理のない範囲で立てるようにしましょう。

スケジュールを立てる際のポイントは、引き継ぎにかかる期間を考慮し、退職時期やだいたいの入社日を予想しておくことです。あらかじめ予想しておくことで、スケジュールも立てやすくなります。

不安のない転職活動の進め方


これまでは転職活動をすすめる際に気をつけるポイントを紹介してきました。

以下では、「不安のない転職活動の進め方」を紹介していきます。
不安のない状態での転職活動は良い結果を生みやすいですから、ぜひ参考にしてみてください。

下調べを入念しておく

入念な下調べが重要であることを知っておきましょう。
おそらく、あなたも不安に思っている「新しい人間関係や社風に馴染めるか」という不安を払拭するためには欠かせないためです。

具体的には、「直属の上司になる人に会わせてほしい」と伝えたり、「一緒に働きたい上司像」を伝えたりするなどです。とにかく、社内の雰囲気や人間関係を掴めるように動きましょう。ミスマッチの可能性を減らすためには、積極的な行動が大切です。

会社のホームページを見るだけでも社内の雰囲気はつかめます。たとえば、ホームページを見ることで「この会社はどのような事業を行っているか」「花形部署はどこか」などといったことが分かります。

事業内容を知ることで、仕事内容も推測できますので、事業の名前をGoogle検索してみるのも手段の1つ
です。

「入社前にどんな準備をしておけばよいか」も事前に調べておくとよいです。業界知識はもちろんのこと、その業界で「当たり前」とされている知識についてです。

たとえば、外資系企業では「英語」。コンサルティング会社では「ExcelやWordのスキル」が求められることが多いです。「データ分析」ができて当然という会社もあるでしょう。

中途での転職は新卒と違い、入社しても周りから丁寧に教えてもらえないため、特に準備に関する下調べが大切になるのです。
必要なスキルは身につけておくことで、不安もなくなり、安心して転職活動が進められます。

在職中に転職活動をすすめる

転職活動は、在職中に進めるのがおすすめです。

理由は、退職後だと毎月の収入がなくなってしまうからです。
意外と見落としがちな点ですが、転職活動が長期戦となった場合は生活に大きな負担がかかります。

転職資金が潤沢にあればよいですが、できるだけ残しておきたいというのもあると思いますので、収入があるうちに転職先を決めましょう。そのためには、在職中に転職活動をすることが絶対条件です。

転職エージェントを利用してスムーズな転職を

転職エージェントを活用することでスムーズに転職を進められます。

転職エージェントに依頼することで、非公開求人を含めた企業を紹介してもらえるため、より自分の希望に沿った企業が見つけやすくなります。
スケジュール調整も行ってくれるため、在職中でも無理なく活動することができます。

エージェントの場合、面接日のスケジュール調整や書類・面接対策といったサポートが充実しています。

初めての転職で不安が多いという人は、ぜひ転職エージェントの利用も検討してみてください。

まとめ


この記事では、「転職活動を行う上で不安に思うこと」「不安に対する対処法」などを紹介してきました。

環境の変化や新しい人間関係など、転職には様々な不安が強いられます。
しかし、そういった変化は悪いことばかりではありません。

優れた上司との出会い、仕事をしやすい職場環境など、良い変化もたくさんあるはずです。
「気になるお店」「美味しい居酒屋の発見」など、職場が変わることで得られる新鮮さもあるでしょう。

「それでも不安が大きい・・・」という人は、転職のプロのである転職エージェントの相談してみてください。あなたのキャリアを考えた上で、親身に対応してくれます。

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント