ボーナスをもらってから転職したい方!転職活動を始めるのに最適な時期をご紹介

「ボーナスを貰いつつ転職をする方法を知りたい」
「退職届はどのタイミングで出すべき?」
「損しない転職手順を知りたい!」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

転職の手順によってはボーナスが貰えない可能性が十分にあります。

そこでこの記事では、しっかりとボーナスを貰って転職したい方に向け、下記について詳しく解説していきます。

・退職届を提出するベストなタイミング
・損をしない転職手順
・ボーナスを多く得るための方法

記事を読むことで、ボーナスを損なく貰う方法、効率的に転職活動を進める方法について知ることができます。

ボーナスを可能な限り多く貰うことで、欲しいものを買い、行きたいところへ行くこともできるようになるでしょう。

ぜひ最後までお付き合いください。

ボーナス支給後に退職届を提出して転職するのがベスト!

ボーナスを確実にもらって転職するためには、ボーナス支給後に退職届を出すことがベストです。

なぜなら、零細企業や中小企業の場合、経営者の判断によってボーナス支給額が決められることがあるためです。
ボーナスの支給ルールがしっかりとあればよいのですが、ルールが曖昧だと経営者の判断で支給額が少なくなることもあるので注意してください。

また、ボーナスは本人の査定はもちろん、会社の経営状態も加味されるため、退職届の提出が理由で減額されたと思われる場合でも、支給額に対して不服を申し立てることが難しいです。

したがって、きちんとボーナスの支給を受けるためには、退職届を提出するまではその意思を悟られず、支給後に退職を申し出るのが確実だといえます。

ボーナスのもらい逃げだと思われないための転職手順

ボーナスが今まで働いてきた実績に対するものだと考えれば、ボーナス支給直後に退職しても何も悪いことはありません。

ですが、業務の引継ぎ時間を確保せず、ボーナス支給直後に即退社。そうなると周囲から「ボーナスもらい逃げ」と言われ、気持ちの良い転職ができません。

気持ちの良い転職をするためには、ボーナス支給後、1〜2週間以上経ってから退職届を提出し、引継ぎ期間を設けることが大切です。

カレンダーで表すと下記のようになります。

5~6月 転職活動スタート→内定を獲得
6月末 ボーナス支給→退職届の提出
7月頭 引継ぎ
7月中旬 退職
8月頭 転職先に入社
12月末 転職先でボーナス支給

上記が理想的な流れです。

それでは以下にて、ボーナスを確実にもらい、確実に転職するための方法を詳しく解説していきます。

1.現職の「ボーナス支給規定」を確認しよう

ボーナスの支給後に転職をすることを決めたらまず、「ボーナス支給規定」を見て

・現職の賞与算定期間
・賞与支給時期

などを確認してください。
ボーナス支給規定には、どのようなことを指標として支給額を決めるかも書かれていますので、念のため全体に目を通しておくとよいです。

一般的に賞与算定期間は、賞与支給前の半年間が対象になります。ただし、企業によっては年2回のボーナスではなく、3ヶ月ごとに査定を行う場合もあるので注意しましょう。

また、賞与支給時期は夏が「6月末〜7月上旬」、冬は「12月上旬」である企業が多いです。
支払日在籍条項の有無にも注意して、確実な転職スケジュールを立てていきましょう。

2.内定後の入社は「1ヵ月~3ヵ月程度」であると考える

ボーナス支給後に退職する際、転職先に対しても気を付けるポイントを紹介します。

在職中の転職活動であれば、内定を獲得し、転職先が決まってから退職を申し出ようという方が多いと思います。その場合、転職先の採用担当者はあなたに対して、本当に退職する意志があるのかを見極めます。

その際、退職の意思を表示するためにも、内定から入社までの期間に無理のないスケジュールをたて、確実に入社できる日を転職先に提示することが大切です。

本音では思っていても、「現職のボーナス支給後まで退職を待ってください」などと伝えてはいけません。

転職後のあなたのポジションや企業などにより異なりますが、内定をもらってから転職先への入社までの期間は、1〜2ヵ月が一般的といわれています。長くても3ヵ月が目安だと思っておきましょう。

3.退職予定者にも支給されるかを確認

退職予定者にもボーナスが支給されるかを確認しましょう。

企業によっては、退職予定者にはボーナスを支給しないというところもあります。
つまり、ボーナス支給日に在籍していても、退職する予定があればボーナスをもらえないということです。

したがって、退職を通知するタイミングも大切になります。

大切なことなので繰り返しますが、退職予定者にボーナスを支給しない会社では、ボーナスを受け取った後に退職を願い出ることがベストです。

4.転職先のボーナス対象期間を調べておく

現職(転職前の会社)のボーナスばかりを気にしていてはいけません。転職先の会社での次のボーナス対象期間を調べてく必要があります。

たとえば、転職先の冬のボーナスの評価対象期間が4月から9月だったとしましょう。この場合、3月入社と5月入社では大きな差がでるということになります。

3月入社であれば全評価期間に在籍となりますが、5月入社の場合は2ヵ月分の評価が0になりますので、3月入社のほうが冬のボーナスに期待ができます。
5月入社ではボーナスの支給がないという企業もありますので注意してください。

このように、転職前の会社のボーナスをもらいたいばかりに退職日を調整していると、転職先の会社のボーナスが減る可能性、もしくは支給されない可能性がでてきます。

したがって、転職前と転職後の会社のボーナスの評価期間を比べて、ベストな転職タイミングを見つけることが必要になるのです。

転職活動には時間も費用もかかります。
ボーナスを少しでも多く得られるよう、無駄のない効率的なスケジュールを立てるようにしましょう。

まとめ|転職エージェントを利用して損のない転職活動を

この記事では、ボーナスをしっかりと得られる転職方法を紹介してきました。

記事でも紹介しましたように、転職先の会社のボーナス規定をしっておくことも非常に重要になってきます。

とはいえ、これからお世話になる会社にボーナスのことは聞きづらいもの。
そこで活用してほしいのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用することで、転職先のボーナス規定を知れることはもちろん、計画的で効率の良い転職活動を行うことができます。

「転職に関する悩み」「転職先に対する疑問」「効率的な転職活動の計画」に関しての相談がる方は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

Click to Hide Advanced Floating Content

「高卒」の20代バイトが
最短2週間で正社員の事務職に採用される方法とは?