コロナでも需要がある仕事は安定している!コロナ禍での転職の成功法もあわせてご紹介

コロナの影響で

・職を失った
・休業が続いている
・給料が激減した

などの状態にあり、転職を検討している方は少なくありません。
そして、今の仕事を続けていけるのか、生活費は大丈夫かなど、不安な日々を過ごしている方も多いでしょう。

そこで、本記事ではコロナで影響を受けている方に向けて、コロナ禍での転職の成功方法、需要があり将来性のある仕事ついてご紹介します。

本記事を一読いただければ、コロナの状況下で転職先として選ぶべき職種、転職を成功させるポイントを理解でき、転職の成功により近づけます。

コロナ禍での転職活動のポイントを凝縮してお伝えするので、是非転職活動のご参考にしてください!

コロナで打撃を受けなかった業界とは?

コロナで打撃を受けた業界もあれば、そうでない業界もあります。
コロナで打撃を受けた業界は個人消費やインバウンドなどへの依存が強く、不景気に弱い業界と言えます。そのため、コロナ禍での転職先としては避けたほうがいいでしょう。

例えば、外食業界、アパレル業界、小売業界、ホテル・観光業界などです。

一方、コロナの影響がほとんどなかった業界は社会の変化や不景気に強く、長期的に見ても安定した業界だと考えられます。

そのため、安定している業界に転職したいと考えるなら、コロナの影響が少なかった業界を選ぶのがいいでしょう。

では、コロナで打撃を受けなかった業界はどのような業界があるのか解説します。

コロナで打撃を受けなかった3業界

コロナで打撃を受けなかった業界は主に以下の3つです。

・インフラ業界
・IT業界
・保険業界

まずインフラ業界は「人の生活に欠かせない」こともあり、コロナの影響をほとんど受けていません。

また、IT業界はコロナの影響により、ゲームやスマホ、ネットの利用時間が増え、「巣ごもり需要」の恩恵を受けています。
加えて、在宅・テレワークが普及したことにより、オンラインツールの利用、ネットワーク環境の見直しによる需要が伸びました。
そのため、IT業界全体としては業績影響がほとんどありませんでした。

そして、保険業界もコロナによる健康不安などの需要があり、保険解約も少なかったことから業績ダメージはほとんどありませんでした。

この他にも物流業界や介護業界なども影響をほとんど受けませんでしたが、主には上記3業界で影響が少なかったと言え、安定性のある業界だと言えます。

コロナで打撃を受けたなら転職すべき!その理由とは?

コロナにより、一部を除いていずれの職種・業界も多少なりと影響を受けています。

しかし、その中でも失業や休業を余儀なくされた、給料・ボーナスが激減したなど、影響があまりに大きいのであれば、転職を検討すべきです。

ではなぜ転職すべきと言えるのか、その理由について解説します。

将来性に欠けるため

コロナの影響は一時的なものではなく中長期的に経済に影響を与えます
アメリカでは3000万人近い人々が失業状態にあり、世界恐慌レベルといっても過言ではありません。

そうした中で、生活面・金銭面で影響を受けているのであれば、今後も中長期的にダメージを受けるでしょう。
そのため、将来性を考えても今の仕事から離れることを考えていいと言えます。

不景気に弱い職種・業界から離れたほうが良いため

コロナで打撃を受けた、いわゆる不景気に弱い職種・業界からは離れるべきです。

不景気と好景気は循環しますが、仮にコロナショックを乗り越えられても、次の不景気を乗り越えられるかわかりません。

ご自身のキャリアを考えても、不景気で不安定になってしまう仕事からは離れるのが良いというわけです。

コロナ禍でも転職におすすめの職種3選

コロナ禍でもおすすめの職種は

・テレワークが可能
・需要が高まっている
・未経験でもチャレンジできる
・将来性がある

の4点を兼ね備えた職種です。

では、どの職種がおすすめなのかご紹介します。

エンジニア職

エンジニア職はIT技術の革新により、需要が非常に高まっています。

専門性は高いですが、未経験でも採用している企業も多く、プログラミングやIT知識の学習意欲があるなら採用されるチャンスは大いにあります。

IT業界では未経験者を積極採用しているため、IT業界未経験の方でも活躍できるように、充実した研修制度が整っている会社が多いです。
そのため、IT業界未経験でも安心して挑戦できますよ。

また、パソコン1台あればどこでも仕事ができるので、テレワークも可能です。
そして、今後もIT革新が進むため、需要はより高まります。
エンジニア職は人材不足なので、希少価値が高く、専門性をつければ給与アップの可能性も高まります。

コロナ禍でも給料や働き方に影響をほとんど受けていないので、転職先に非常におすすめな職種の一つです。

コールセンター

コールセンターの仕事内容は、

顧客からの問い合わせの対応を行う「インバウンド」
自社の商品やサービスを売り込む「アウトバウンド」

の2種類があります。

コールセンターの中でも、ECサイト、保険業界のコールセンターがおすすめです。

ECサイトのコールセンターはECサイトで商品を購入されたお客様からの問い合わせに対応します。また、保険業界のコールセンターは保険への加入を検討されている顧客、すでに加入している顧客からの問い合わせに対応するのが主な仕事です。

コールセンターもテレワークが可能で、コロナの影響が少なかった職種の一つです。

そして「対顧客」の仕事なので、AIに自動化されない仕事として将来性もあると言えます。

特にECサイト、保険のコールセンターはコロナの影響がほとんどなかったため、より安定性・将来性があると考えられます。

コミュニケーション能力、対応力に強みを持っているなら、検討したい職種です。

事務職

事務職はテレワーク可能で、未経験でもチャレンジできる職種です。
ただ、一般事務はAIの発達により需要が減少しており、将来性があるとは必ずしも言えません。

そのため、事務職の中でも経理事務、労務事務、ITサポート事務がおすすめです。それぞれ経理、労務、ITの知識が必要で、ある程度のPCスキルが求められます。
また、専門性がつき、資格取得などでキャリアアップも可能なため、将来的にも安定して働けます。

そして、特に今後の需要が増えていくのは、ITサポート事務です。
ITサポート事務はEXCELの関数やマクロ、VBAなどを駆使し、IT関連の庶務を行うため、事務兼エンジニアのような仕事だと言えます。

「IT業界に興味はあるが、いきなりエンジニアはハードルが高い」という人もIT事務からチャレンジするのは非常におすすめです。

また、ITサポート事務を未経験採用している企業も多いので、興味がある方や、手に職をつけられる事務職に転職したい方はチャレンジしてみるのがいいでしょう。

専門性をつけたい、サポート業務に就きたいと考えるなら、転職先の選択肢としては非常におすすめな職種だと言えます

##コロナ禍でも転職を成功させるための3つのポイント!
コロナの影響により、有効求人倍率は低下しています。

なぜなら、企業はコロナで売上減少し、採用に消極的になっているからです。
そのため、今から転職するのであれば、やや厳しい状況下での転職活動になると言えます。

しかし、ポイントさえ押さえれば、転職を成功させるのはさほど難しくありません。では転職活動においてどのようなことに注意すべきか、どう工夫すればいいのか、そのポイントについて解説します。

焦らず求人を探し続ける

コロナで求人数は減少傾向にあり、希望にマッチする求人を探すのは容易ではありません。そのため、焦らず希望の求人を探し続け、マッチする求人は漏らさずに応募してください。

転職活動は通常、早ければ2週間、約1ヶ月あれば採用・内定までたどりつけますが、コロナの状況下では、求人検索に時間がかります。ただ、マッチする求人さえ見つかれば、1ヶ月程度で転職することは可能です。

また、良い求人は取り合いになります。そのため、できる限りスピード感をもって、短期集中型で活動に取り組みましょう。

リスクはできる限り取り除く

コロナ禍においての転職活動は思っている以上に時間がかかります。
そのため、現職を続けられている、もしくは休業状態であっても休業手当などがあり、最低限生活するための収入があるなら、すぐに退職せず現職を続けながら転職活動を行いましょう。

また、会社都合で退職を余儀なくされたという方は、ハローワークで求職の申し込みを行い、失業手当を受け取ることをおすすめします。
会社都合であれば申込から7日後には手当を受給できます。

「最低限の収入もない」というリスクをできる限り取り除くように、状況に合わせて柔軟に行動しましょう。

資格取得などキャリアアップに時間を費やす

コロナで仕事量が減っている、失業や休業になってしまったなどで時間に多少の余裕があるなら、資格取得などキャリアアップに時間を費やしましょう。

希望職種で活用できる資格の勉強、知識の吸収に時間を費やすことで、より転職成功に近くことができます。
例えばエンジニアやIT事務であればプログラミング、経理事務であれば簿記、労務事務であれば労務について勉強するのがいいです。

ある程度の知識をつければ面接でのアピールポイントにもなるので、時間の許す限り勉強に時間を費やしましょう。

転職成功の鍵は転職エージェントの活用!

コロナ禍の転職活動は求人数も限られているため、一人だけで転職活動を行うには限界があります。

そのため、転職をトータルサポートしてくれる転職エージェントを活用しましょう!

コロナで失業、休業状態にあり、不安な日々を過ごす方は多いでしょう。ただ、将来を真剣に考える、キャリアやご自身の仕事を見直すきっかけになったという方も少なくないはずです。そのため、「ピンチはチャンス」、いい機会だと思い前向きに転職にトライしてください!

そして、この機会に転職を決意された方も、迷っている方もまずは無料カウンセリングを受けて、転職相談してみてみましょう!

\現在転職を視野に入れている方や、転職活動中の方/
是非ITサポート事務の教科書に一度相談をしてみませんか?

ITサポート事務の教科書は、経験豊富なキャリアアドバイザーが、完全無料

・ヒアリング
・転職のアドバイス
・履歴書や職務経歴書の添削
・面接対策
・あなたの理想の将来を叶えられるお仕事を紹介

といったサポートを丁寧に行います!

また、内定後のアフターフォローも行いますので、ご安心ください。

あなたからのご応募お待ちしております♪

IT業界や事務職に限らず、転職のカウンセリングを行っております!

今すぐ無料でカウンセリングを受ける

事務職に関する無料カウンセリングはコチラ

事務職でキャリアを積みたいあなたにおすすめ
事務職は根強い人気職種のため、必ず対策が必要です。
未経験で事務職希望の方、書類や面接で2社落ちてしまった方は、私たちと対策をしましょう。
IT業界や事務職の転職ならお任せください。

お名前必須
お電話番号必須 ※3日以内にヒアリングのため、5分程度お電話させていただきます。
メールアドレス必須
<個人情報取り扱い>
お問合せにあたり、個人情報の取り扱いを必ずご確認ください。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?