【体験談あり】20代でアパレル辞めて良かった!未経験の私が異業種で活躍できた方法

「アパレルを辞めたい」
「今転職すべきかどうか迷う…」
「アパレルで働いている人はどんな時に辞めたいと思うんだろう?」

上記のようなお悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、「アパレルを辞めたい…」と悩む方に向け、下記を詳しく紹介していきます。

・皆がアパレルを辞めたいと思う理由
・アパレルを辞めたいと思っている人に人気の職業
・20代でないと転職が厳しい理由

記事を読むことで、今抱えている不安を解消し、ストレスの無い充実した毎日を送ることができますよ。

アパレルを辞めたいと思った理由5選

アパレルで働いている人が「辞めたい」と思った理由で最も多かったのは下記の通りです。

・女性の多い職場で人間関係がきつかった
・休みがとれない割に給料が少ない
・お客様対応がストレスだった
・キャリアップがない点に不安・不満があった
・ノルマや連勤が体力的にきつかった

それぞれについて、詳しく紹介していきます。

女性の多い職場で人間関係がきつかった

女性の多い職場ということもあり、人間関係に悩む人は多いです。

仕事がいくら楽しくても、人間関係が悪くては仕事を続けたいという気にもなりません。

特に目上の人にあたる店長と気が合わないとなると、より厳しい人間関係になります。
店長や先輩店員の怒り方があまりに理不尽なため、精神的に疲れたという人も中にはいるのではないでしょうか。

また、「時間いっぱいまで一生懸命働いている人」と、「サボりながら働いている人」の間に生じる温度差が人間関係の悪化につながるケースもあります。

逆に、温度感の高い店舗で仕事をしていても「売上一位になったことでスタッフのあたりがきつくなった…」というのもよくあることです。

人間関係は職場によって大きく異なります。
ただ、常に「アパレルを辞めたい理由」の上位であることは間違いありません。

休みがとれない割に給料が少ない

「休みも給料も少ない」そんな状況を苦痛だと感じる人は多いです。

3~4連勤でも「立ちっぱなしでのお客様対応」はキツく、精神面と体力面に疲労がたまりめやすいです。
「これだけ大変な仕事なのに給料が少ない…」と一旦思い始めると不満が止まらなくなり、辞めることばかりを考えてしまうという人は少なくありません。

また給与面で言うと、「自社の服を購入する際に適用される社割と給料が割に合わない」という不満を持つ人も結構います。
要は「給料が安いにの社割が低すぎて服が買えないという不満です。

さらに、アパレルという仕事は連休がとりにくいため、どこかへ遠出したり友達と海外旅行に行ったりすることが難しいです。

旅行に行くことができれば気持ちのリフレッシュもできますが、それができないとなるとやはり気持ち的にしずみやすくなってしまいます。

お客様対応がストレスだった

アパレルのお客様に対する仕事の幅は広く、

「お客様に合う服を提案する」

「お客様が探している服を一緒に探す」

「クレーム対応」

など、多岐にわたります。

最初は楽しく仕事ができていても、「理不尽なクレーム対応」「態度の悪いお客様の対応」などを繰り返すうちに少しずつ辛くなってくるものです。

「お客様対応に不安はあったけど、やってみるとできた」という人ならまだ良いですが、「やってみたら向いてないことが分かった」となるケースももちろんあります。

また、お客様との接し方が分からなくなり、「次第に辞めたい気持ちが強くなってくる」ということもよくあることです。

キャリアップがない点に不安・不満があった

アパレル業界の店舗で働く場合、キャリアップアップがないことが多いです。

キャリアップが無いことで下記のような不安・不満を持つことになります。

・この先ずっと給料が変わらないという不安
・実力や経験に応じた給料がもらえないという不満
・お客様対応の仕事ばかりをしなければいけないという不満

など、キャリアップという概念が無いだけで様々な不安・不満が生じます。

また、キャリアアップが無いことで「大幅な給料アップにつながらない」という現実と向き合う必要もでてきます。
将来のことを考える上で、この現実は不安要素として大きいですよね。

後ほど紹介しますが、他の業界には時間と経験を積むことでキャリアップできる職種があります
将来のことを優先的に考えたいという方は、ぜひ後述する仕事と比較・検討してみてください。

ノルマや連勤が体力的にきつかった

連勤が体力的にキツイことは先ほど紹介しましたが、店舗によってはノルマが精神的な重圧になることもあります。
ノルマが達成できないと店長にきつく言われたり、職場に居ずらくなってしまうのです。

たとえば、ノルマのある店舗に勤める人が「辞めたい」と思うきっかけになりやすいのは下記の通り。

・ノルマのプレッシャーで憂鬱になる
・店員同士でお客様の奪い合いになるのが嫌
・ノルマに対してのインセンティブ(報酬)が少ない
・ノルマがあるせいで店長に怒られることが多くなった
・ノルマが達成できない月は多めに出勤しなければいけない

など、ノルマがあるだけで様々な不満を抱えることになります
人間関係の悪化につながることが多いのも、ノルマのデメリットです。

また、ノルマを達成できないことで給料が低くなったりすることもあるため、気を抜けない毎日が続きます。
それに加えて連勤が続くとなると、体力的にも精神的にもかなり辛いです。

これらのことを考えると、「ノルマの無い仕事でストレス無く働きたい」という理由でアパレルを辞めるのは至極当然のことなのかもしれません。

アパレルを辞めたい人に人気の転職先3選

アパレルを辞めたい人に人気のある転職先は下記の3つです。

・事務職
・営業職
・サービス販売職

先ほど紹介した「辞めたい理由」に共感した人には特におすすめです。

それぞれの仕事について、詳しく見ていきましょう。

事務職

事務職がアパレルを辞めたい人に人気な理由は下記の通りです。

・給料と休日が安定している
・人間関係の良好な職場が多い
・ノルマが無いので悠々自適に仕事ができる
・キャリアップもできるため将来的な不安が少ない
・立ちっぱなしになることがまずないので体力的に楽

上記の理由からもわかる通り、事務職はかなり人気が高いです。

人気が高いため狭き門だと思われがちですが、未経験でも応募はできます。

タイミングとアピールの仕方が大切になるため、事務職に応募したい人は転職エージェントに相談するとよいです

転職エージェントに相談すれば、スムーズに転職することができ、安定的で充実度の高い仕事に就くことができます。

実際の体験談
アパレル業界で4年間仕事をし、事務職に転職しました。
転職のきっかけになったのはアパレル時代の労働環境の悪さです。連休はとれず、休みも週に1度か2度しか取れないという状況が続いていました。
そこで、キャリアアップのないアパレル業界でこのまま仕事を続けていくのは無理だと思い、転職に踏み切りました。
事務職は、営業・総務・幹部などと連携を取り業務を進めていく仕事です。これまでに感じたことの無かったやりがいを感じ、毎日がとても充実しています。
週2回の休みや有休、当然のことかもしれませんが、幸せを感じずにはいられませんでした。

営業職

営業職がアパレルを辞めたい人に人気な理由は下記の通りです。

・キャリアップがしやすい
・初月から高い給料がもらえる
・アパレルよりインセンティブが大きい

営業職の仕事は未経験でも初月30万円を超えることがあります。
それも決して珍しいことではなく、インセンティブが乗ることで40万円以上の給料をもらうことも可能です。

キャリアップアップも比較的しやすい職種であるため、将来に向けて不安を抱くこともありません。

また、営業職は「法人営業」「個人営業」に大きく分かれており、好きな方を選ぶことができます。

個人営業であれば、これまで培ったてきたアパレルの経験を活かすことができますし、法人営業であれば「事務職」「企画職」などのキャリアにつなげやすくなります。

実際の体験談
私は3年間アパレル業界で仕事をしてきました。
職場にはそれほど大きな不満が無かったのですが、給与面に限界を感じ、転職することにしました。
転職エージェントに相談してみると、キャリアアドバイザーの方に「未経験で高い給与が得られるのは営業職です」と教えていただいたので、ほぼ即決しました。
営業の経験は無かったですが、お客様と話すことには慣れていたため、初月からノルマを達成することができました。
ちなみに私の仕事はショッピングモール内でウォーターサーバーを売るという仕事で、いわゆる個人営業になります。
マニュアルや研修などが完備されていたため、スムーズに仕事ができました。

サービス・販売職

サービス販売職がアパレルを辞めたい人に人気な理由は下記の通りです。

・これまでの経験を活かせる
・転職をスムーズに進めやすい
・転職することで年収アップが望める

やはり何と言っても、これまでの経験を活かせるというのは大きいです。

経験を具体的に述べるだけでも面接対応はできるため、転職活動が難航することもありません。

また、上手く転職エージェントを利用することで、現職より年収の高い職場にチャレンジすることもできます。

「転職活動をできるだけ早く終わらせたい」という方には特におすすめです。

実際の体験談
転職した当時、私はアパレル2年目でした。
店舗にノルマがあったこともあり、常に職場の雰囲気は最悪でした。それだけならまだ良いのですが、どうしても気の合わない先輩がいて、我慢できなくなり転職を決意した次第です。
転職の際、どうせならアパレルの経験を活かしたいと思い、同じ販売業界の道に進みました。
2度同じ失敗をしてはいけないと思い、職場環境は徹底的にリサーチしました。実施に店舗へ行ったりネットの口コミを見たりしましたが、転職エージェントに相談したことが正解だったのかなと思います。
給与面はほとんど変わりませんが、毎日楽しく仕事ができていて、とても充実しています。

未経験で転職するなら20代でないと厳しい理由

未経験で転職する場合、20代でないと現実的に厳しいです。

理由は下記の通りになります。

・30代になると仕事の選択肢が一気に減る
・一般的に20代は30代より吸収力が高く素直とされているから
・20代はポテンシャル(可能性としての力)で採用してくれる可能性が高いから

上記を見ると分かる通り、転職に関しては30代より20代の方が圧倒的に有利です。

特に、20代の採用理由で最も多い「ポテンシャルを見込んでの採用」に関しては早ければ早いほど有利に働きます。

つまり、「転職したいと思った今」が踏み出すのに最も良いタイミングだということです。

まとめ|転職に不慣れな人は転職エージェントに相談しよう

この記事では、「アパレルを辞めたいと思っている人の理由」「アパレルを辞めたい人におすすめの職業」などを紹介してきました。

「転職した方がいいんだろうぁ…」と心の中で思っていても、中々前へ踏み出しにくいものです。
特に、これまでに転職の経験が無かったり、転職に不慣れな人であれば尚更ではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが転職エージェントへの相談です。

転職エージェントは、求人の紹介から内定獲得までを一貫して無料で行ってくれます。

まず転職エージェントに相談し、「自分がどんな職業に就くことができるのか」だけでも知ってみてください。
転職するかどうかは、そこからあなた自身で決めればよいのです。

IT事務の教科書でも同様のサービスを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?