これから必要とされる職業や給料が上がる仕事4選!仕事の選び方を徹底解説

「これから必要とされる職業ってなんだろう?」
「これから給料が上がる仕事を知りたい!」
「安定していない職業に就きたくないな…」

このようにお考えではないでしょうか。

この記事では、これからの将来をお考えの方に向け、下記について解説していきます。

・これから必要とされる(給料が上がる)職業の特徴
・これから必要とされる(給料が上がる)5つの職業
・これから必要とされる(給料が上がる)職業に就くための方法

安定して高い給料を得られる職業に就き、充実したライフスタイルを実現させましょう!

これから必要とされる職業の特徴

これから必要とされる職業の特徴は下記の通りです。

・業界がしっかりと成長している
・AIに代わられる心配がない
・個人の感性が重要とされるクリエイティブな仕事

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

業界がしっかりと成長している

「業界がしっかりと成長しているかどうか」という視点で職業を選ぶことは大切です。

なぜなら、成長の水準が低い業界では会社を存続させることが難しく、勤務する上でいつ首を切られるか分からないというリスクがあるためです。

様々な業界がありますが、中でもIT業界はしっかりと成長しており、今後の成長も期待できます。

たとえばIT業界の場合、2021年以降には「スマートフォンの更新需要」「ソフトウェア」「ビジネスサービス」などの分野で顕著な成長が見込めますし、2022年からは5Gの導入により堅調な業界拡大が予想されています。

さらに経済産業省の調査では、2020年頃に約58.4万人のIT人材が不足することが分かっています。

(参考経済産業省『IT 人材の需要と供給の差(需給ギャップ)の推移』https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

AIに代わられる心配がない

昨今では革新的なまでにAIの技術が進化していますから、そのAIに代わられる心配のない職業を選ぶことは重要です。

では具体的にどのような職業が無くなっていくのでしょうか。
この先、AIにとって代わられる可能性があるとされている職業は下記の通りです。

・給食の調理人
・自動車組み立て工
・工場のライン作業
・公務員の事務作業
・マンションの管理人

上記の仕事はほんの一部で、野村総合研究所は「20年以内に労働人口の49%が仕事を奪われる」と発表しています。

(参考:野村総合研究所『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に』https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf

このことからも、仕事選びは慎重に選ぶ必要があります。

「AIに奪われる可能性が低い仕事」については後述しておりますので、ぜひご参照ください。

個人の感性が重要とされるクリエイティブな仕事である

個人の感性が重要となるクリエイティブな仕事は、これから先も必要とされる職業になりやすいです。

クリエイティブな仕事はAIに代わられにくいというのもありますが、何より全体の母数が少ないため、他の仕事より重宝されやすくなります。

クリエイティブな仕事とは例えば「企画・開発」「ITエンジニア」「技術職」などです。

これから仕事選びを行う方は、ぜひ参考にしてみてください。

これから給料が上がるされる4つの仕事

これから給料が上がるとされる仕事は下記の通りです。

・ITエンジニア
・営業職
・IT事務職
・介護関係の仕事

それでは見ていきましょう。

ITエンジニア

ITエンジニアは、これから給料が上がっていく仕事の代表格です。

前述の通り、これから先はIT業界の更なる発展に伴い、多くのIT技術者が求められるようになります。

ただ中には、「ITエンジニアはAIに奪われる」と唱える人もいます。たしかにこれから遠い未来を考えたとき、全くありえない話ではありません。

しかし、 ITエンジニアは基本的にコミュニケーション能力を必要とする仕事であるため、AIにとって代わられる可能性は非常に低いです。

給料に関しても、需要と供給の観点から今後もますます伸びていくことが予想されます。

営業職

営業職もこの先、給料が上がり続ける職業の一つです。

なぜなら、営業職が活躍できる業界は幅広く、経験や実績が高く評価され職業であるからです。

また営業職は、仕事をマニュアル化することが容易であっても、個人によって実績が大きく異なるという特徴があります。

つまり、個人の力量が問われやすく、実績がそのまま給料やキャリアに直結する可能性が高くなるのです。

さらに営業職は係長・部長などへのキャリアアップが可能であるため、給料は比較的上がりやすい傾向にあります。

IT事務職

IT事務職の需要は高く、給料も上がりやすい職業です。

IT事務職の仕事内容は、一般事務が行うような仕事を行いつつ、Web開発やアプリ開発のサポートをする仕事になります。エンジニアのお手伝いをする事務員といったイメージです。

ただ仕事内容を聞くと、「未経験の人が始めるのは難しいのでは?」と思った方もいることでしょう。

しかし安心してください。IT事務職はデータ入力や資料作成といった一般事務の仕事から徐々に覚えていきますから、未経験の方でも安心して仕事を始められます。

長めの研修期間を準備している企業も多いので、確実にスキルを伸ばすことが可能です。

介護関係の仕事

介護関係の仕事も需要が高く、これから給料が伸びやすいとされる職業です。

基本的に介護職は経験と保有する資格で給料が上がっていきますので、時間を費やすことで自然と稼げるようになっていきます。

また経験を積むことで、ケアマネージャーや介護士といった職にキャリアアップすることも可能です。

少子高齢化の影響もあり、今後も安定した雇用がある点もおすすめできます。

給料と人気が高い職業に就くための方法

給料と人気が高い職業に就くのは、求人の倍率が高いため容易なことではありません。

そのため、下記3つの方法を駆使する必要があります。

・転職エージェントの活用
・需要の高まるスキルを身につける
・業界や市場の動向をしっかりとリサーチする

給料の高い職業に就き、安定した裕福な日常を手に入れましょう。

転職エージェントの活用

転職エージェントのを活用をすることで、転職をスムーズに進めることができ、求人倍率が高い職業にも就きやすくなります。

なぜなら、転職エージェントを利用することで下記のようなメリットを得られるからです。

・相談した段階で一番ホットな求人を紹介してくれる
・希望する職場環境や給料に沿った求人を選択できる
・企業にマッチした面接対応や書類添削を行ってくれる

転職エージェントに相談することで上記のようなメリットを得られるため、マッチ度の高い職業に就ける可能性をグッと高めることができます。

転職に関することであれば、無料でどんなことでも相談にのってくれますから、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

需要の高まるスキルを身につける

これから先にかけて需要が高くなるスキルを身に着けることも大切です。

需要のあるスキルを身に着けることで、将来性のある職業に就くことができますし、需要と供給の関係で給料の高い職業に就くこともできます。

たとえば、これからの成長が見込めるIT業界では、下記のようなスキルの需要が高くなるとされています。

・プログラミングスキル(Java・PHP・Pythonなど)
・Webデザインスキル(Photoshop・illustratorなど)

などの需要は今後もさらに高まり、スキルを身に着けることで多くの企業が欲しがる人材になることができます。

特にプログラミングスキルを身に着けることができれば、選択できるキャリアの幅も広がり、あなた自身が望むようなライフスタイルを手に入れることが可能です。

「給料をもらいながらプログラミングスキルを学びたい」という方は、ぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。未経験でもお仕事ができる求人をご紹介します。

業界や市場の動向をしっかりとリサーチする

業界や市場の動向をしっかりとリサーチすることも大切です。

たとえ成長の著しいIT業界であっても、市場によっては減退傾向にあるケースもあります。

たとえば、プログラミングスキルを学ぶにしても、言語には流行がありますから、「とりあえず学んでおけばいいだろう」というものではありません。

具体的にいうと、「COBOL」「objective-c」などといった言語は人気が低く、企業もあまり欲していないのが現状です。

一方で、前述した「Python」「Java」に加え、「swift」「Javascript」などといった言語は人気が高く、企業も人材を欲しています。

このように、リアルタイムな業界・市場の動向を知ることは非常に重要です。

また、転職エージェントは業界・市場の動向に深く精通していますから、相談することで鮮度の高い一次情報を得ることができます。

上手く転職エージェントを利用するようにしてみてください。

まとめ

この記事では、これから必要とされる職業と、それらの職業に就きやすくするための方法を紹介してきました。

これから必要とされる職業に就くことができれば、将来に不安を抱くことなく、安定した裕福な生活を送ることができます。

逆に不安的な職業に就いてしまうと、日々ストレスを感じながら、将来への不安と戦う日々が続くことでしょう。

そこで「これから需要が高まる職業に就きたい!」とお考えの方は、ぜひ『IT事務の教科書』にご相談ください。

失敗のない転職活動をサポートさせていただきます。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?