20代で次を決めずに退職した時の対処法とは?失敗しない転職術をご紹介

次を決めずに退職してしまったけど大丈夫かな?

20代での転職って先行きがすごく不安…

次に入社する企業では失敗したくないなぁ

このような悩みを抱えていませんか?

この記事では、次を決めずに退職した20代の方に向け、下記を解説していきます。

・20代で次の転職先を決めずに退職するメリットとデメリット
・転職活動で失敗しないための方法
・20代の方が転職エージェントを利用するメリット

記事を読むことで、今あなたが持つ不安を解消することができます。

編集部

これから行う転職活動を成功させ、理想的な社会人生活を実現させましょう!

次の仕事が決まっていなくても退職するのはアリ

まず結論ですが、次の仕事が決まっていなくても退職するのは大いにアリです。

その理由は下記の通り。

・20代は実績ではなく伸びしろが評価される傾向にあるから
・20代は入れ替えが激しくて求人が多いから
・キャリアチェンジするリスクが低い

以下では、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

20代は実績ではなく伸びしろが評価される傾向にあるから

20代での転職の場合、実績やこれまでの経験があまり重視されない傾向がありますので、退職後でも転職先を見つけることは難しくありません。

実際、リクナビNEXTが人事に対して行った「経験の浅い第二新卒を採用する理由は?」という調査で、最も回答が多かったのは「やる気(82p)」です。

次いで、「ポテンシャル・将来性(79p)」「バイタリティ(74p)」という結果になっています。

(参考:リクナビNEXT『人事が重視する理由ベスト5』

いずれにしても、実績やスキルを重視していないことが分かります。

つまり、まだ経験の浅い20代でも、面談や履歴書で「やる気」「ポテンシャル」をアピールできれば、採用の道は大きく開けてくるのです。

20代は入れ替えが激しくて求人が多いから

どの企業にとっても20代の入れ替えは激しいため、市場にはたくさんの20代向け求人があります。

実際、DODAの調査でも20代での転職が全体の約50%を占めていることが分かっています。

(参考:DODA『みんな何歳で転職してる?』

転職が多い年代であるということは、それだけ「第二新卒」「次世代の幹部候補」などのポストが空いているということになります。

そして、20代が育たないと会社は存続していきませんから、企業としては積極的に採用していきたいというわけです。

キャリアチェンジするリスクが低い

20代は、キャリアチェンジするリスクが低いです。
逆に、30代にもなると、キャリアチェンジにはリスクが伴います。

なぜなら、30代は、20代ほどの吸収力が無く、これまでの経験がかえって学習の妨げるになる可能性があるからです。

編集部

ですから、ためらって失敗のリスクを大きくするのあれば、まだリスクが小さい今のうちにキャリアチェンジをしてみてはいかがでしょうか。

特に、

自分は今の仕事に向いていないのかな…

今の仕事だと会社を変えてもすぐ辞めそうな気がする…

とお考えの方には、キャリアチェンジをおすすめします。

20代が次の転職先を決めずに退職するメリット

20代が次の転職先を決めずに退職するメリットは下記の通りです。

・ゆとりをもって転職活動ができる
・複数の会社に応募できる
・将来設計をきちんと考えられる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ゆとりをもって転職活動ができる

退職後であれば、ゆとりをもって転職活動を行うことができます。

仕事のかたわらで転職活動を進めることも可能ですが、本業と同時進行だと、思うようスケジューリングできないことが多いです。

また仕事をしながらの転職活動は、内定取得を焦ってしまいがちなので、ミスマッチの企業へ転職してしまうリスクもあります。

ゆとりをもって転職活動をすれば、スケジューリングもしやすく、満足のできる転職活動を行うことが可能です。

将来設計をきちんと考えられる

先に退職することで、将来設計をきちんと考えたうえで転職活動を進めることができます。

仕事をしながらの転職だと「はやく内定をとりたい」「条件の良いところに入社したい」など、”今”に目を向けてしまうものです。

もちろん今の状況を改善させることも大切なのですが、一番考えるべき重要なポイントは常に”未来”にあります。

ですから今後、やむを得ず早期退職してしまうような企業に入社してしまわないよう、しっかりと将来設計をする必要があります。

編集部

退職してしまったことを悲観せず、今ある時間を活かして将来設計に目を向けてみてください。

リフレッシュ期間を設けることができる

先に退職してしまうことで、リフレッシュ期間を設けることもできます。

退職までの経緯は人によって異なりますが、心身の負担は大きかったはずです。

20代ということもあり、これから先はまだまだ長いですから、まずは自分の身を休めてあげるのもよいのではないでしょうか。

編集部

ただし、リフレッシュ期間を設けるのであれば「〇月〇日からは転職活動をスタートさせる」という風に計画的に行うことをおすすめします。

20代が次の転職先を決めずに退職するデメリット

20代が次の転職先を決めずに退職するデメリットは下記の通りです。

・経済的に破綻する可能性がある
・社会復帰できなくなるかもしれない

上記2つのデメリットについて、以下で詳しく解説していきます。

経済的に破綻する可能性がある

転職活動の期間が長引くことで、経済的に破綻してしまう可能性があります。

貯蓄がある方でも思わぬ出費がかさみ、生活費が無くなることも考えられます。

実際のところ、『リクナビNEXT』の調査では、53.8%の人が「準備資金が足りなかった」と回答しています。

ちなみに在職中の人の場合の同回答は37.6%にとどまっています。

(参考:ORICONNEWS『転職のための準備資金、いくらが相場?』

このことからも、退職後はより計画的に転職活動を進めることが大切であるといえます。

社会復帰できなくなるかもしれない

楽な方へ楽な方へと流れてしまうのが人間のさがですから、堕落してしまい社会復帰できなくなる可能性もあります。

会社に縛られていた時間が長かった人ほど、自制が利かなくり転職活動をサボってしまいやすいものです。

「自分は大丈夫」と思っている人もそうでない人も、事前にしっかり計画をたて、効率的に転職活動を進めていきましょう。

効率的に、そしてあなたの将来性を加味して転職活動を進めていきたい方は次章の『次の仕事が決まっていない人は転職エージェントを利用しよう』を参考にしてみてください。

次の仕事が決まっていない人は転職エージェントを利用しよう

後先考えずに退職してしまい、焦って転職先を決めることはおすすめしません。
また、ブラック企業に就職してしまい我慢を続ける生活は嫌ですよね?

編集部

転職活動を「失敗」しないためには、転職のプロである転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントを利用するメリットは下記の通りです。

・理想とギャップがない会社選びができる
・効率よく失敗のない転職ができる
・キャリアを見直すことができる
・キャリアチェンジをして環境が変えられる

それぞれのメリットを活かすことで、あなたにマッチする企業を効率的に見つけ出すことができます。

効率よく失敗のない転職ができる

転職エージェントに相談することで、効率よく失敗のない転職をすることができます。

転職活動の効率がよくなる理由は下記の通りです。

・面談の調節を行ってくれる
・エントリーシートを応募企業に送付してくれる
・企業にあわせた履歴書、職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれる
・ヒアリングした内容をもとにマッチする企業を紹介してくれる

上記の通り、普通は自分で行う必要があることを転職エージェントが行ってくれます。

また、あなたとマッチする企業をキャリアドバイザーの視点で紹介してくれるため、「ミスマッチ企業への入社」という失敗のリスクを下げることにもつながります。

キャリアを見直すことができる

「今のままで大丈夫なのかな?」

「自分の将来性が心配…」

などのように、漠然とした不安を抱えていませんか?

将来に対して不安を抱えるのは、現状のキャリアに不満・不安があるからです。

ですから、これまでのキャリアを振り返り、これからの将来設計をしっかりと構築することで漠然とした不安は無くなります。

転職エージェントでは、5年後、10年後どうなっていたいのか?から逆算し、理想の生活を手に入れるために「最適なキャリア」を転職の市場感とあわせて提案してくれます。

編集部

キャリアを見直したいと考える人はぜひ相談してみてください。

きっと自分自身にとって満足できるようにキャリアを再構築することができます。

また、20代の方であれば、キャリアチェンジをしてガラリと環境を変えることもできます。

これからのことを考え、まだ自分が経験していない業界・業種に飛び込んでみるのもよいでしょう。

思わぬ仕事があなたにとっての”天職”になる可能性も十分にあります。

ただし、キャリアチェンジをする際は慎重に判断する必要があることを知っておいてください。

自分の適正を見誤ると、早期退職につながってしまい、自分自身のキャリアを汚してしまうリスクがあるためです。

転職エージェントに相談することで、あなたの適正やあなたに向いている仕事を客観的に判断し、他業界の求人を紹介してくれます。

まとめ

この記事では、20代で次の転職先を決めずに転職した方に向け、

・次を決めずに転職をするメリットとデメリット
・転職エージェントを利用するメリット

などについて解説してきました。

20代での転職は不安なことも多いですが、まだ失敗が許される年齢でもあります。
とはいえ、一つの失敗がキャリアに泥を塗ってしまうのもまた事実です。

編集部

これから転職活動に臨まれる方は、今ある時間を活かし、リスクを最小限に抑えられる方法を選んでください。

後悔のない転職ができれば、充実した社会人ライフを満喫できます。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?