転職先決まってないけど辞めてしまった方必見!転職を失敗しないための5つのコツをご紹介

あまりにも早く今の職場を辞めたくてとっさに辞めてしまったけど、転職先が決まっていないと不安だな…

退職した後に転職活動してもいけるかな?

退職後に転職活動をうまく進められるのか不安…

あなたはこのようなお悩みを抱えておりませんか?

編集部

この記事では、転職活動で不安を抱えている方に向け、下記について紹介していきます。
・転職先が決まっていなくても退職するのはアリかナシか
・退職後の転職活動を成功させるための3つのコツ

記事を読むことで、今あなたがお持ちの不安を解消することができます。

不安を解消したうえで、納得できる転職活動を行いましょう。

転職先が決まっていなくても退職はアリ

結論から申しますと、転職先が決まっていなくても転職するのはアリです。

中には勢いで退職してしまって後悔している人もいるかもしれません。
ですが、たとえ後先を考えずに退職したとしても、これから考えられればよいだけなのです。

世の中には我慢して仕事を続け、心身ともに疲弊してしまっている人がたくさんいます。
そして、疲れているだけでなく、仕事が原因で命を落としてしまっている人も現実にいます。

何においても自分の身体が一番大切ですから、「辞めたい」と自分自身が悲鳴を上げている段階でやめるのは全く悪いことではないのです。

それに、転職先が決まっていない状態で退職をしても、転職はうまくいきます。

まずは退職という一歩を踏み切った自分を褒めてあげましょう。

次の仕事が決まってなくても仕事を辞めたくなる理由

以下では、「次の仕事がまだ決まっていない状況でも仕事を辞めたくなる理由」について見ていきます。

人間関係があまりにもひどかった

辞める理由として最も多いのが人間関係ではないでしょうか。

気の合わない会社の上司や、どうしても仲良くなれない同期など、悩みのタネはそこら中にあるものです。

特に、会社の上司に対して不満があっても強くは言うことができないため、どうしてもストレスを抱えてばかりなってしまいます。

実際、8割程度の人は人間関係が原因で退職していますから、「自分の人付き合いが下手なんだ…」などとネガティブにならないでください。

仕事のノルマや目標がきつくなった

営業や販売職では、高いノルマや目標を掲げる企業がたくさんあります。
中にはその高いノルマ・目標に耐えきれなくなって退職する人も多いです。

「高い給与に魅力を感じて入社してみたけどノルマがきつすぎる…」というのはよくある話で、そのままダラダラと仕事を続けてしまう人も中にはいます。

また、ノルマがきついと転職を進める時間もありませんので、転職活動より先に退職してしまう人も多いです。

仕事内容がに納得できなくなった

仕事内容に納得ができなくなり退職をする人も多いです。

たとえば、毎日のように同じ仕事を繰り返していると、「なんで自分はこんな仕事やってるんだろう」「この仕事って将来に役立つのかな?」など、さまざまな疑問が湧いてきます。

そして、ネガティブな疑問について考えていると「転職した方がいいかも…」という結論にたどり着くのです。

もっと言うと、モヤモヤしていると仕事も思うように進まなくなり、仕事に悪影響がでる可能性もあります。

編集部

ですから、一度悩んだのなら最後までしっかりと考え、「退職をする」「このまま仕事を続ける」どちらかの結論をだしてしまうことをおすすめします。

労働時間に対する不満が爆発した

労働時間に対する不満が募り、退職を決断する人も多いです。

働き方改革が行われても、世の中すべての会社の労働環境が改善されるわけではありません。
今もなお、非人道的ともいえる程の仕事を押しつける会社が多く存在しているのです。

また、残業が多くなると会社への不満も溜まりますから、仕事のモチベーションも低くなります。

さらにモチベーションが低い状態で仕事をすると、余計に疲れ、業務に支障が出るといったような悪循環も生まれます。

そして自分の将来に関することも考えられなくなり、退職へとつながっていくのです。

特に理由はないがとにかく辞めたくなった

「特に理由はないけど、とにかく今の仕事を辞めたい」「毎週月曜日になると憂鬱になって仕事を辞めたくなる」、このように考える人も多いのではないでしょうか。

どのような仕事をしても気付かない間にストレスは溜まります。
そのため、理由がなくとも退職したくなるのは当然といえば当然なのです。

そしてストレスは体にとって毒と同じようなものですから、体と心にに大きな悪影響を与えます。

ですから、「退職したい」という正常な考えができるうちに退職し、新しい環境で働くこともあなたのためです。

特に退職する理由がないからといって、ストレスを抱え込みすぎないようにしましょう。

退職後の転職を成功させるための3つのコツ

以下では、退職後に転職を成功させるための3つのコツを紹介していきます。

紹介していくコツは下記の通りです。

・【自己分析】どうして退職したくなったかを考える
・【企業分析】目星をつけた企業を分析する
・【事前準備】面談や資料の準備しっかりと行う

上記のコツを抑えておけば、転職先を見つけていない状態の人でも転職を成功させることが可能です。

次こそは後悔が生まれない職場を見つけ、心身ともに安定していられる日常を手に入れましょう。

【自己分析】どうして退職したくなったかを考える

まずは最初に自己分析を行います。

下記3つの項目をもとに自分自身を掘り下げていきましょう。

・転職で何(どんな現状)を変えたいのか
・なぜ退職(もしくは転職)をしたいと思ったのか
・自分はこれまでどのような経験をしてきかた(キャリアの棚卸し)

上記3つのポイントを深掘りすることで、質の高い自己分析をすることが可能です。

自己分析をすることで、「自分が本当にやりたいこと」「マッチする企業の条件」など、転職活動において欠かすことのできない情報が見えてきます。

【企業分析】目星をつけた企業を分析する

自分自身の分析が終わったら、次は企業分析を行っていきましょう。

まずは、自己分析で明らかになった「本来の自分自身」がのぞむ企業を見つけてください。

次に、下記をポイントに希望する企業の分析を行っていきます。

・どのような事業を行っているか(存続し続けられるか)
・どのような労働環境(雇用条件)なのか
・同業界での位置づけ(他社とどのように違うのか)

上記3つのポイントをもとに企業分析を行うことで、ミスマッチを未然に防ぐことができます。

なお、企業の詳しい労働環境はネット上に記載されていないケースがあることも知っておいてください。

口コミ等でリサーチすることもできますが、確度が高く、新鮮な情報を得たい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

【事前準備】面談や資料の準備しっかりと行う

応募する企業が決まったら、面談や資料などの準備を行っていきましょう。

準備しておきたい項目は下記の通りです。

・履歴書や職務経歴書
・面談の質問に対する回答

面談では「退職した理由はなんですか?」「どうして転職しようと思ったのですか?」などといった質問を必ず聞かれます。

自己分析をもとに、面接官を納得させられる回答を用意しておきましょう。

編集部

また、「履歴書や職務経歴書の準備」「面談対応」などが不安な人は転職エージェントに相談するとよいです。

転職エージェントに相談することで、応募する企業ごとに有効な「履歴書の書き方」「面談の回答」などを教えてくれます。

少しでも失敗するリスクを小さくしたい方は覚えておくとよいでしょう。

転職を成功させるなら転職エージェントに相談がおすすめ

転職を成功させたいのであれば、転職エージェントに相談するのがおすすめ。

転職エージェントとは、転職相談ができ、相談内容からあたなに合った企業を紹介してくれる無料の転職サービスです。

転職エージェントをおすすめする理由は下記の通り。

・プロの目線でマッチする企業を紹介してくれる
・企業の情報(離職率・労働環境)の詳細を知れる
・履歴書や面談対応などをブラッシュアップしてくれる

など、さまざまなメリットがあります。

転職エージェントをうまく利用することで、入社後に後悔をしない転職先を短期間で見つけることが可能です。

自分自身にマッチした企業で働き、ストレスのない豊かな生活を送りましょう。

まとめ

この記事では、

・退職を考えるきっかけになりがちな理由
・転職を成功させるための方法

などを紹介してきました。

前述の通り、退職してしまった後でも、順を追えば転職を行うことはできます。

そして普通の人が中々踏み出せない「退職という一歩」を踏み出すことのできたあなたなら、転職活動も大成功に収めることができるはずです。

記事で紹介したコツを参考にし、あなたに適した素晴らしい職場環境を手に入れてください。

楽しく豊かに過ごせる日々は、もうすぐそこまで来ています。

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?