女ばかりの職場辞めたい!面倒な人間関係から解放される方法を徹底解説

女性社員ばかりの今の会社が辛い

毎日のように人間関係で悩んでしまう

転職も視野に入れている

女性の人間関係はギクシャクしやすいもの。
会社に入ったは良いものの、無視されたり悪口を言われたりと、精神的に疲れてしまう人も多いのです。

そこで本記事では、

なぜ女ばかりの職場はギクシャクしやすいのか
女ばかりの職場が辛いときの対処法
退職・転職を視野に入れるのもアリ
を解説します。

この記事を読むことで、今まで思い悩んでいた人間関係への悩みが解消するはず。

編集部

退職や転職を視野に入れた解決方法も提案しているので、ぜひご参考ください。

女ばかりの職場がめんどくさい理由

一体なぜ女性ばかりの職場が「めんどくさい」と言われるのでしょう。その理由として以下の3つがあげられます。

グループや派閥がある
他の社員に対する悪口や噂話が多い
仕事以外の雑談が長い

1. グループや派閥がある

一番ネックになるのは、やはり「人間関係」でしょう。中学校や高校で「〇〇ちゃんのグループ」があったように、若い女性はグループを作りたがります。

会社においては、このグループが結束力を増し「派閥」に分かれていくのです。学校時代よりも人間関係がドロドロしているのが特徴です。「どこかの派閥に入らなければならない」といった雰囲気に疲れてしまう人も多いでしょう。

2. 他の社員に対する悪口や噂話が多い

女性ばかりの職場では、他の女性社員への悪口や噂話も多くなります。

とくに「ゴシップ好き」の女性は多いです。たとえば、自分が誰かに話したプライベートな内容が1週間後には社内で知られているなど…知らない間に自分の噂が広まっているケースも少なくありません。

また女性社員同士で揉めたときの陰口や悪口も強烈です。聞こえる距離で悪口を言う人や、ヒソヒソと陰口を広めている人もいます。

3. 仕事以外の雑談が長い

女性は男性よりも話すのが好きです。仕事中でも、いわゆる「だべり」が長い人がいるでしょう。
しかも、この「だべり」には中身がないことがほとんど。いつも聞き役に回っている人からすると「めんどくさい」「時間の無駄」と思ってしまいますよね。

女ばかりの職場でも「自分らしく生きる」には?

お伝えしたように、女性ばかりの職場にはめんどくさいことが多いです。そんな中でも「自分らしく生きる」にはどうすれば良いのでしょうか。

相手に媚びることをやめる
「自分は自分、他人は他人」と割り切る
仕事にプライベートを持ち込まない

1. 相手に媚びることをやめる

グループから嫌われたくないといった理由から、同僚や上司に媚びている人もいるのではないでしょうか。さりげなく媚びる分には良いですが、周囲にバレてしまうような「媚びすぎ」は要注意。逆に人間関係がこじれるケースもあります。

自分の嫌いな人にまで媚びる必要はありません。

編集部

「別に自分も嫌いなんだから嫌いになったっていい」といった気持ちで正直に接すると、とても楽になるでしょう。

2. 「自分は自分、他人は他人」と割り切る

職場の人間関係に疲れてしまう人には「八方美人」が多いです。すべての人に好かれようと「良い人」と演じた結果、自分のメンタルが壊れてしまうのです。

必ずしも周囲の評価がすべてではありません。自分が正しいと思ったことを曲げてまで相手に合わせる必要なんて、一体どこにあるのでしょう?

編集部

ぜひ「自分は自分、他人は他人」というマインドで過ごしてみてください。
「自分はどう思うか」という軸で行動することで、適切な距離感で人間関係を構築できるようになるでしょう。

3. 仕事にプライベートを持ち込まない

女性ばかりの職場でプライベートな話をすると、泥沼です。とくに嫌いな人に対してはプライベートな話はしないのがベスト。学歴や恋愛、親の話をしてしまったら最後。延々と陰口と噂話に振り回され、仕事が手につかなくなります。

仕事に集中するためにも、プライベートな会話は「信頼できる人」だけにするのが良いでしょう。

編集部

また女性社員だけの「女子会」に参加しないのもテクニックのひとつです。

しんどいと思ったら退職・転職も視野に入れよう

嫌な職場を無理に続ける義務はない上に、人間関係ごときで精神を病んでしまってはいけません。辛かったら思い切って退職・転職してしまっても良いでしょう。

環境が変われば人間関係も変わるため、「いつでも辞めてやる」くらいの気持ちでいると気も楽になるはずです

「男性の多い職場」への転職がオススメ

もし転職するのなら「男性の多い職場」がオススメ。男性の場合、女性のようなギクシャクした人間関係はほとんどありません。

また、男性の多い会社にとって女性社員は大切にされやすいです。
なぜなら、女性活躍推進の取り組みによって、男性比率の高い会社にとって女性社員を獲得するのは容易ではないから。女性は貴重な存在であるため会社からも大切にされやすくなります。

男性の多い職場で働くメリットについてはこちらの記事もご参考ください。

とくに「IT業界」への転職がオススメ

男性の多い職場のなかでも、とくにオススメなのが「IT業界」です。IT業界は基本的に男性が多く、今後ますます需要が伸びていくことが予想できます。

システムエンジニアなど一見ハードルの高い仕事が並んでいますが、実はそこまで難しくありません。需要が大きいため、「初心者歓迎」としている会社が多いのです。ほとんどの会社で初心者向けの教育制度を設けているので、転職もしやすいでしょう。

また、IT業界で務める男性の特徴をキャラ別にご紹介している記事もあるので、ぜひ参考にして見てください!

女性ばかりの職場を退職した人の体験談(25歳女性)

新卒で美容関係の事務に就職しました。入社から最初の半年間は良かったものの、先輩社員から顔と名前を覚えられてから、少しずつ人間関係がこじれるように。

あるとき先輩と恋愛の話をすることがあり、そのときは楽しく終わりました。しかし、私の恋愛に対する価値観が気に入らなかったのか、それ以降先輩から無視されたり、裏で陰口を言われたりといった状態になってしまいました。

あまりにも私に対する風当たりが強く、精神的にも疲弊するように。そんな状態が1年以上続き、耐えられなくなったため思いきって退社を決意しました。

IT業界へ転職し今年で2年目ですが、入社後から人間関係で悩んだことはほとんどありません。男性社員が多いからか皆優しく接してくれますし、お互いに協力し合って仕事を進められています。転職して本当に良かったと思っています。

まとめ

本記事では、女ばかりの職場が辛いときの対処法について解説してきました。
グループや派閥があったり、陰口や悪口が多かったりと、女性同士の人間関係はギクシャクしやすいです。

辛いときは「全員に好かれよう」という気持ちを捨てて、ありのままで接することを意識しましょう。
耐えられないようだったら転職するのもアリです。

編集部

ぜひ本記事でお伝えした「男性の多い職場」や「IT業界」を視野に入れてみてください。
Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?