エンジニアに向いていないから辞めたい!向いていない人の特徴や対処法をご紹介

この記事はこんな人におすすめ
  • 自分はエンジニアには向いていないかもと思っている人
  • エンジニアから転職しようか悩んでいる人
  • エンジニアから事務職に転職したいと考えている人

エンジニアの仕事してるけど、自分には向いていない気がするから転職したいな・・・

エンジニアから事務職に転職したいけど、できるのかな・・・?

本当はエンジニアよりも、勤務時間が安定した仕事をしたいな・・・

以上のような悩みを抱えている方のために、この記事ではエンジニアに向いていない人の特徴や、エンジニアから事務職へ転職するメリットを紹介します。

そのため、エンジニアから事務職へ転職するかどうかを決断する材料になりますよ。

編集部

エンジニアから事務職に転職しようかどうか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んで“転職”を選択肢の1つに入れてみてくださいね。

エンジニアに向いていないと思う人の特徴

ここでは、エンジニアに向いていない人の特徴を紹介します。
エンジニアに向いていない人の特徴は以下の3つです。

・ITに興味を持てない
・知的好奇心が低い
・コミュニケーション能力が低い

編集部

もしあなたがエンジニアの仕事に向いていないと思っていて、これから紹介する特徴に当てはまっていたら、一度転職を含めたキャリアプランを考えてみてくださいね。

特徴①:ITに興味を持てない

エンジニアに向いていない人の特徴1つ目は、ITに興味を持てないことです。

IT企業から内定もらって入社し、とりあえずエンジニアになった人もいます。

時代の最先端でかっこいいイメージを抱いてエンジニアになったけど、実際はあまりITに興味を持てなくて仕事が苦痛だという方も少なくありません。

ITに興味を持てない方にとって、エンジニアを続けることは苦行ですよね。

あなたに合わない仕事を続けるよりも、エンジニアからキャリアチェンジすることを考えてみてください。

特徴②:知的好奇心が低い

エンジニアに向いていない人の特徴2つ目は、知的好奇心が低いことです。

IT業界は短いスパンで技術や言語が開発されていくため、積極的に新しい知識を勉強する必要があります。

常に新しい言語や技術を学ぶことが辛ければ、エンジニアを続けることが苦行となってしまいますよ。

また、システムやアプリを作るときやエラーがあったときなどは、自分で調べながら粘り強く対応しなければいけません。

そのため知的好奇心をもって取り組まなければ、業界で生き残っていくのは難しくなってしまいます。

特徴③:コミュニケーション能力が低い

エンジニアに向いていない人の特徴3つ目は、コミュニケーション能力が低いことです。

エンジニアは“黙々と作業して人とはあまり関わらない”というイメージがありますが、実際はコミュニケーション力の高さは必要不可欠です。

例えば、システムやアプリの開発は基本的にチームで進めるため、チーム内のコミュニケーションは必須です。

さらにSE(システムエンジニア)になると、プロジェクトについてクライアント企業と何度もコミュニケーションをとる必要があります。

エンジニアに向いていないと思ったときの一番の対処法は転職

エンジニアの業務が辛いと思ったら、1度“転職”を選択肢に入れてみてください。

特に、ITやプログラミングが嫌いで困っている方にとってエンジニアを続けることは苦行になってしまいます。

そのため、早い段階で転職エージェントに相談してみてください

この記事では、エンジニアから事務職への転職にスポットを当てて紹介しています。

エンジニアから事務職へ転職するメリット

ここでは、エンジニアから事務職へ転職することのメリットを紹介します。
エンジニアから事務職へ転職するメリットには以下の3つです。

・残業や休日出勤が少ない
・挑戦のハードルが低い
・エンジニアで得たスキルを生かしやすい
もしエンジニアから事務職への転職を悩んでいる場合は、事務職へ転職するメリットを確認してから考えてみてくださいね。

メリット①:残業や休日出勤が少ない

エンジニアから事務職へ転職するメリットの1つ目は、残業や休日出勤が少ないことです。

事務職の業務は基本的に、緊急の業務がなければ定時で退社できます。

エンジニアはフレックスに働けることが魅力的ですが、納期前になると長時間働かなければいけないことも多々ありますよね。

不規則な就労時間や長時間業務に疲弊している場合、働く時間が決まっている事務職は魅力的ですよね。

編集部

定時退社が可能なため、スケジュールも立てやすくプライベートも大切にできますよ。

メリット②:挑戦のハードルが低い

エンジニアから事務職へ転職するメリットの2つ目は、挑戦のハードルが低いことです。

事務職は必須の国家資格などがないため、エンジニアから転職する場合でも挑戦しやすいです。

しかし、事務職の正社員の募集は人数が少ないうえにライバルも多くいます。

そのため、正社員の事務職を勝ち取るにはしっかりと対策する必要がありますが、どんな対策をするべきか分からないですよね。

そんなときは、信頼できる転職エージェントに頼ることをオススメします。

転職エージェントは転職市場を熟知した上で、履歴書の添削や面接対策をしてあなたの転職をサポートしてくれますよ。

また、求人サイトには載っていない求人情報を扱っている場合もあるため、幅広い求人を確認できます。

編集部

さらにMOSや簿記2級以上の資格を取っておくことで、事務職への転職にプラスになりますよ。

メリット③:エンジニアで得たスキルを生かしやすい

エンジニアから事務職へ転職するメリットの3つ目は、エンジニアで得たスキルを生かしやすいことです。

事務職に必要なスキルとエンジニアに必要なスキルは異なりますが、エンジニア業務で得たITスキルは事務職にも通用します。

編集部

例えば、エンジニア業務で培ったプロジェクト管理スキルやマネジメントスキルは、事務職でも大いに活用できますよ。

「IT事務の教科書」では、事務職の求人を一部取り扱っています。
詳細が気になった方は以下の記事を参考にしてくださいね。

エンジニアから事務職へ転職した体験談をご紹介!

ここでは、エンジニアから事務職へ転職した体験談を紹介します。

編集部

事務職への転職を考える際にぜひ参考にしてくださいね。
文系でITベンチャーから内定をもらってSE(システムエンジニア)になりました。
しかし、5年続けてもどうしてもエンジニアの仕事が好きになれず、一般事務に転職しました。
最初は転職活動がうまくいきませんでしたが、転職エージェントを利用してからは効率よく希望の事務職に内定をもらえました。
SE時代は残業も多く余裕のない毎日でしたが、事務職に転職してからは趣味の時間も確保できて充実しています。

まとめ:エンジニアに向いていないと感じたら転職を視野に入れよう

この記事では、エンジニアに向いていない人の特徴エンジニアから事務職へ転職することのメリットを紹介しました。

エンジニアは手に職をつけられる魅力的な職業です。
しかし、エンジニアを続けることが苦痛であれば、あなたの理想の働き方を手に入れるためにも“転職”を考えてみてはいかがでしょうか。

エンジニアから事務職に転職するには、やはり頼れるエージェントの存在が必要不可欠です。

編集部

IT事務の教科書」は、あなたの事務職への転職をお手伝いしています。
まずは無料のオンライン面談から始めてみませんか?

無料のオンライン面談は以下の記事から申し込んでみてください。
最短2週間で正社員!事務職転職のポイントをオンライン面談で

あなたからのご応募お待ちしております!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?