働きたくないから結婚したいはアリ?結婚前に考えることと相手を見つける方法を紹介

・もう仕事を続けていくのがしんどい
・通勤も大変だし、何より仕事のわりに稼げない
・いっそのこと早く結婚して仕事辞めたいな…

このように毎日ため息をつきながら仕事をしている女性は多いものです。
この記事を読んでいるあなたも、仕事はつまらないし、早く安定したいと思っていませんか?

記事で紹介すること
・働きたくないから結婚したいはアリ?
・今の環境を変えたいから結婚したいだけ?
・結婚前の転職は事務職がおすすめ
・条件のよい求人を探すなら転職エージェントに相談しよう
・転職するにしてもしないにしてもまずは結婚相手を探そう

記事を読めば、働きたくない、今の会社を辞めたいという悩みから解消されますよ。

編集部

結婚相手が見つかるきっかけを見つけていきましょう。

働きたくないから結婚したいはアリ?

働きたくないから結婚したいは全然アリです。
自分自身が心から願っているのであれば、誰も間違っている!とは言えません。

ただ働きたくない理由を整理して、自分の本音に耳を傾けてみる必要はあります。

例えば
・働きたくないのは人間関係からなのか?
・仕事の内容がつまらないからなのか?
・専業主婦に憧れて仕事を辞めたいのか?
など

その本音の願いによっては、転職すれば解決するのでは?ということもあります。

編集部

要は、働きたくないから結婚したいと考えるようになった「きっかけ」を探ってみることが大切です。

今の環境を変えたいから結婚したいだけ?

今の職場環境が辛くて、逃げ出したいから結婚したいと考える女性も多いです。
もしかすると結婚したら好きなように自分の時間を使えてラクに暮らせる、結婚=幸せと思っていませんか。

しかし結婚をゴールのように考えて、ただ結婚することだけが目的と考えてしまうと少々危険です。

自分の考え方次第で、幸せにも不幸せにもなるものが結婚。

ただ漠然とラクをしたい、辛い状況から逃げたいという考えでは、結婚してからも同じような悩みが出てくるものです。

もしも結婚したい理由が、現状からの逃げではなく、前向きな願いからであれば、婚活に専念してみるのもよいでしょう。

しかし仕事を辞めても、結局は多くの女性が社会とつながりを求めるようになります。

編集部

ですので職場環境を変えれば悩みが解消されるなら、まずは転職を検討してみるのがおすすめです。

今の職場が嫌なら転職するのもアリ

同じ職場で寿退社する仲間が増えてくると、自分も結婚して仕事を辞めたいという気持ちになることがあります。

特に結婚を機に、仕事を辞めた女性が周りにいれば、「働きたくない」と思うことは自然の流れです。

しかし今の環境から離れてみることで、仕事が楽しくなったり、結婚しても働きたい感じるような職場に出会ったり、状況はよくなる場合もあります。

もし環境を変えて悩みが解消される可能性があれば、一度転職を考えてみましょう。

思い切って方向転換してみることで、思いもよらない出会いに恵まれることもありますよ。

結婚前の転職は事務職がおすすめ

結婚相手がいて今すぐ結婚したいと思っている人が、とりあえず転職を希望する場合は、事務職がおすすめです。

事務職は結婚してからでも働ける職種として人気が高い傾向にあります。

もしも転職して一年も経たないうちに結婚することになった場合、比較的続けやすいのが事務職です。

編集部

めでたく妊娠した場合でも、リモートで仕事ができたり、産休が取りやすかったり、何かと融通が利きますよ。

営業職のように顧客に気を遣うストレスや炎天下の中で働く必要もなく、比較的マイペースで働くことが可能です。

一方で結婚前の女性におすすめな事務職は、求人倍率も高く、特に条件のよい企業であれば、当然すぐに採用が決まってしまうデメリットもあります。

転職活動がはじめてという人にとっては、一人で求人を探して応募するのはハードルが高いことも事実です。

条件のよい求人を探すなら転職エージェントに相談しよう

せっかく転職するのなら、今度こそ条件のよい職場で働きたいと思いますよね。
できれば「働きたくない」と思っている人でも、環境が変わることに期待を持ってしまうものです。

ただ求人応募の数は予想以上に多く、何から始めていいのかわからない、どの求人に応募していいのかわからないと悩んでいる人が少なくありません。

そこでおすすめしたいのは、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは、企業と密に打ち合わせを行っているので、詳しい情報を直接聞くことができます。
もしあなたが希望する条件が明確になっていたら、希望通りの求人を紹介してもらうことが可能です。

また手探り状態で転職を考えている人も、自己分析を元に、プロのキャリアカウンセラーから具体的なアドバイスをもらえるので、安心して転職活動を進めることができます。

20代・30代の転職にはマイナビエージェント


はじめての転職活動や、20代、30代の転職活動には『マイナビエージェント』がおすすめです。

マイナビエージェントの強み

・非公開求人が多数(個別にあなたの条件にあった求人を紹介)
・転職未経験者にも安心な徹底したサポート体制(面接対策セミナーも有)
・ヒアリングを元に丁寧なアドバイス

はじめての転職活動に自信がない方でもトータルサポートをしてもらえるので、後悔のない選択ができますよ。

今の段階で転職よりも婚活の方に意識が向いている方でも、登録は無料なので登録して損はありません。

編集部

いざ転職したいと本気で考えた時に、好条件の案件に出会えるとは限らないので、日頃から求人チェックしておくことが大切です。

》マイナビエージェントの無料登録はこちら

転職するにしてもしないにしてもまずは結婚相手を探そう

もしあなたが近い将来結婚したいと願っているなら、まずは結婚相手を探すことが優先ですよね。

転職すれば新たな出会いがあるので、もしかすると結婚相手が見つかる可能性もあるでしょう。

しかし期待していたにも関わらず出会いがなかった場合、ガッカリして仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

そこでおすすめなのが『婚活アプリ』です。

婚活アプリは、出会いを求める男女がアプリ上でプロフィールを閲覧して、メッセージ交換ができるサービスのこと。

出会いの場にわざわざ行かなくても結婚相手を探せるきっかけになりますよ。

結婚相手を探すには婚活アプリが人気

外に出かけるのが億劫、そもそも出会いの場がないという方に、婚活アプリが人気です。
24時間、自分のペースでアプリの閲覧ができるので、その手軽さが人気の秘密となっています。

転職も考えたいし婚活もと、同時進行を考えている方にとっては、効率的なサービスです。

婚活アプリを利用するメリット

ここからは、婚活アプリを使用するメリットをご紹介していきます!

場所や時間を選ばず婚活できる

婚活アプリに登録すれば、24時間365日、好きな時間に合わせてアプリの閲覧が可能です。

友達との待ち合わせ、電車の中などの隙間時間を利用することができます。

社会人になると、学生時代のような出会いの場はグンと減るものです。
今は婚活パーティーなども積極的に出かけるのは面倒と思う人も多くなっています。

そのような時に婚活アプリがあれば、場所と時間を選ばず婚活できるのは、魅力的ですよね。

条件に合致した結婚相手が見つかる

婚活アプリは、条件に合った相手との出会いが期待できるのも魅力の一つです。
しかもたくさんの会員数の中から検索することができます。

一方で婚活パーティーであれば、出会いの数は限られていて、婚活アプリに比べてかなり少ないです。

そのため婚活アプリに比べると理想の相手を見つけるのは困難と言えます。

お金をかけずに婚活できる

婚活アプリは、お金をほとんどかけずに婚活ができます。

結婚相談所と違って、女性は無料で利用できるアプリが多いので、気軽に婚活できるのが魅力です。

お金をかけずに婚活したいという人にとって、婚活アプリはメリットが高いサービスとなります。

婚活アプリのデメリット

一方で婚活アプリを利用するデメリットもあります。
デメリットも事前に知っておきましょう!

結婚目的の人ばかりではない

婚活アプリは料金の安さがメリットの反面、誰でも気軽に登録できることから、結婚目的の人ばかりではありません。

残念なことに、遊び目的で異性との出会いを求めている人もいます。
敏感な人であれば、「怪しい」と見抜けるかもしれませんが、アプリ上の情報で見抜くのはハードルが高いかもしれません。

現に、本気で結婚相手を探していたのに相手は結婚する気がまったくないというパターンもあります。

個人情報がやや不安

現代は、個人情報保護法が叫ばれているので、余程のことがない限り「安心」と多くの人が思っています。

しかしネット上では、まだまだ個人情報の保護が徹底されておらず、中には個人情報が悪用されてしまうことがあります。

ただしセキュリティ面がしっかりしているアプリもあるので、全てのアプリが不安なわけではありません。

アプリを登録する際にはきちんと確認しないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

写真と実物との違い

近年の写真アプリは、驚くほど性能がよくなっていますよね。
やはり婚活アプリともなれば、美しく・カッコよく見せたいと思うのは当然です。

せっかく婚活アプリに登録するなら、自分至上最高の写真を載せる人は多くいます。

そのためアプリ上でステキに写っていた人と、実物が別人のように感じるケースもあるようです。

婚活アプリは複数のアプリ登録がおすすめ

婚活アプリは、実にさまざまなアプリが揃っています。
気にかけてみると、電車の中やテレビCMなど、至る所で広告を見かけますよね。

それぞれの婚活アプリによって特徴が違うので、何を優先するかによって選び方も変わってきます。

例えばあるアプリは料金は安いけど、セキュリティ面の安全性が確認できない、別のアプリは登録者数が多くて安全性も高そうなど。

アプリはいくつかあるので、しっかりと内容を確認して見極める必要があります。

編集部

そしてできれば、一つのアプリだけを利用するのではなく、複数登録しておいた方が便利です。

婚活アプリを複数登録するメリット

・出会いの確率が高くなる
・アプリによって出会う男性の特性が違う

婚活アプリに登録する際は、メリット・デメリットがあることを認識して、慎重に結婚相手を探しましょう。

オススメの婚活アプリ

・もう働きたくないから早く結婚したい
・結婚した後も働きたくない
・専業主婦になりたい

そう思っているあなたは、平均収入以上の男性を捕まえないと結婚後も働かなければなりません。

結婚したいと思っていても、知り合いの男性の中にハイスペックな男性はなかなかいないこともありますよね。

ここでは、普段の生活で関わる機会が少ないハイスペックな男性と出会えるオススメのマッチングアプリを紹介します。

アプリで出会うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、近年ではマッチングアプリに対する偏見も薄れてきました。

編集部

アプリで出会うことは決して恥ずかしいことではありません。

人脈には限りがあるので、アプリを使用しないと一生話すことのない人と出会えずに終わってしまいます。

・アプリでハイスペックな男性を見つけて、結婚後は働かずに家で過ごせる生活
・アプリは使わずにイヤイヤ仕事を続けていく生活

あなたはどちらの生活を送りたいですか?

家にいながら出会える婚活アプリ「ナレソメ」

・新しい出会いは欲しいけど、コロナも怖いしなかなか外に出歩きたくない
・いきなり対面で会うのは抵抗があるし緊張する

このアプリは、リモートで婚活ができるので、家にいながら男性と出会えます。
食事代や交通費もかけずに男性と出会えるので、コスパもいいですね。

アプリ内には、

・3ヶ月以内にお付き合いしたい人
・高身長エリート男子
・爽やかな男性

というようにたくさんのパーティーの企画が用意されています。

あなたの理想の男性を見つけやすいので、効率よく出会えること間違いなしです。

オススメポイント
・zoomを使った婚活パーティーとは違い、相手のプロフィールを見ながら1対1のトークができるため、会話も続きやすくより深くお相手のことを知ることができる。
・300種類以上の企画をご用意
・トーク相手からのトークのレビューが「笑顔/雰囲気」「話しやすさ」「トータル好印象」の3軸で数値化されるため、次のトークにも活かすことができる

オンライン婚活パーティー【ナレソメ】


無料登録はこちら(公式サイト)

ハイスペック男性を毎日紹介してくれる「デイズ」

男性ハイステイタス限定の恋活マッチングサービス「デイズ」の特徴は、何と言ってもハイスペックな男性しか登録していないところです!

普段の生活でなかなかハイスペックな男性と出会える場面はないですよね。

エリートな男性と出会えたら、将来的に専業主婦になりたい方や、今後安定した生活を送りたい方は願いを叶えることができますよ。

オススメポイント
・登録費無料・月会費無料・紹介料無料・いいね無料
・毎日1名・年間365名をご紹介
・男性はエリートに限定
・男性は身分証+資格証明書、女性は身分証の提出必須で安心!
・年間1,000本以上の恋活パーティをプロデュースするプレミアムステイタスが運営
・四柱推命第一人者「鳥海伯萃」氏による今日の運勢を毎日無料でお届け!

【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介



 

無料登録はこちら(公式サイト)

まとめ

今回はもう仕事を続けていくのがしんどい、早く結婚して仕事を辞めたいと思っている方に向けて、「転職するのか結婚するのか」のヒントをお伝えしました。

どちらを選んでも自分の選択に自信を持って行動すれば、後悔することはないでしょう。

編集部

避けたいのは、悩んでばかりで何も行動しないことです。

転職するなら、転職エージェントを利用してみる、婚活するなら婚活アプリがおすすめ!

ぜひ明るい未来を想像して、一歩進んでみてください。

Click to Hide Advanced Floating Content

LINEで配信中!
事務未経験者のあなたが最短2週間で「正社員」の事務職に採用される方法とは?