社内恋愛あるある!楽しく円滑に社内恋愛をするための攻略法をご紹介

「社内恋愛」と聞いただけで、色々な想像が膨らみますよね。

良い想像、悪い想像、あなたはどちらの方が多いですか?

「社内恋愛ってどんな感じ何だろう?」と興味を持つあなたは、社内恋愛に憧れを持っているのではないでしょうか。

また、これから始まる社内恋愛の予習として、知っておきたいという人もいるでしょう。

この記事では、社内恋愛のあるあるを、かなりリアルな視点でご紹介します。ポジティブなあるあると、ネガティブなあるある、両方をお伝えしていきますね。

ポジティブなあるあるを聞くことで、とびきり楽しくなることもあるでしょうし、ネガティブなあるあるを聞いて、「社内恋愛はやめよう」と尻すぼみするかもしれません。

ぜひ、あなたの会社に置き換えながら想像してみてください。

社内恋愛のネガティブなあるある


一見、キラキラと輝いている社内恋愛ですが、もちろんリスクもあります。

社内恋愛は、同じ学校の同じクラス内で恋愛している感覚に近いです。ですが、学校での恋愛とはまた違った怖さがあります。

どのような怖さやデメリットがあるのでしょうか。以下にて、詳しく説明します。

恋愛関係を隠すことが難しい

社内恋愛を隠し通すことは、ほぼ無理です。

部署が違ったり、常駐しているフロアが違うと隠せる可能性もありますが、いずれにしても限界があります。

先ほどの例にも挙げましたが、同じ学校の同じクラスでの恋愛を隠し通せるでしょうか。かなり難しいですよね。

誰か一人にバレることで、噂もあっと言う間に広がります。

仮に、あなたの会社が社内恋愛禁止であったり、あまり良く思われないような職場だったりした場合、出勤しづらくもなるでしょう。

付き合う前は、「バレても大丈夫かな」とバレることを前提で考えておいたほうがよいです。

別れたあと、かなり気まずくなる

付き合い前から「別れるかも…」なんてことは考えませんよね。いや、「別れた後のことなんて考えられない」というほどに燃え上がってしまっているかもしれません。

しかし、別れた後に待っているのは地獄です。

見たくもないのに、出勤するたびに現れる元カレ。別れてしまって気が乗らないのに「これが5日間も続くのか…」と考えることで、より一層ブルーになります。「どうして付き合ってしまったんだろう」と後悔の念に潰されることもあるでしょう。

また、ほとぼりが冷め、元カレがいる職場にも慣れたころ、こんな情報が耳に入ってくるかもしれません。「元カレさん彼女できたらしいよ」「新卒で入社した子と良い感じらしいよ」など。

目にしたくない顔、耳にしたくない情報などを、嫌でも受け止めなければならない状況が続いてしまうのです。

考えただけで恐ろしいですよね。

仕事のミスが余計に恥ずかしくなる

「カッコよくありたい」「ダサいとこを見せなくない」誰しもが持つ感情ですよね。そう思うことで仕事がうまくいくこともあるでしょう。

しかし、「ミスして上司に怒られているところ」「取り返しのつかないミスをして赤っ恥をかいているところ」などを見られるのはどうでしょうか。

ミスして落ち込むだけでなく、彼氏にバレたとなれば、もうどういう顔をすればよいのか分かりませんよね。まさに、穴があれば入りたい状況です。

また、ミスを恐れるあまり、以前より気疲れが多くなるということもあるかもしれません。さらに、ミスが続き、関係のない彼を悪く言われる可能性もあります。

「休日のデートで羽目を外し過ぎちゃってるんじゃないの?」「別れた方が良いんじゃない?」と心痛いことを言われることも考えられますね。

社内の雰囲気が悪くなることで、2人の関係が悪化することもあるでしょう。

社内恋愛のポジティブなあるある


ここまで、社内恋愛に対するネガティブな事例を紹介してきました。

ここからは、「思い切って社内恋愛をしてよかった!」そう叫びたくなるような瞬間を紹介していきます。

相手の色々な面を垣間見ることができる

会社の同僚とは、色々な場面を共有しますよね。

仕事場はもちろん、会社での飲み会、社員旅行など、悪いところも見えますが、良いところもたくさん発見できるはずです。

例えば、仕事の手際の良さ、突発的な問題への対処など、人生のパートナーとして知っておきたい一面を、たくさん知ることができます。

会社の後輩・同僚から尊敬されている姿を見て、「この人なら信頼できるな」と思うこともあるでしょう。

もちろん、悪いところも見えます。それも踏まえ、将来のパートナー選びという観点で、職場恋愛というのは最もよいシチュエーションともいえますね。

色々な場面を共有することで、お互いの絆や信頼関係もより一層強くなるでしょう。

話の尽きない共通の話題を共有できる

仕事というのは、話の尽きない共通の話題になってくれます。ちょっとした休憩中やデートでも、会話が止まるということはありません。

苦しいとき、楽しいときを共にすることで、互いの良き理解者にもなれるでしょう。

仕事での悩みや愚痴も、互いに言い合うことで解消することもができます。お酒があるとさらに盛り上がりますね。ただし、盛り上がり過ぎは要注意です。

また、「仕事が忙しくて」「会社の飲み会があって」というケンカの火種になりやすいセリフも、社内環境を知っている彼なら理解してくれるかもしれません。

お互いの仕事観や悩みを、より深いところで分かり合えるのは、社内恋愛だからこそです。

仕事の喜びは2倍、悲しみは2つに割れます。「社内に彼がいて良かった」心からそう思えるときが、きっと幾度となくあるでしょう。

出勤が楽しくてしょうがない

会社に行けば好きな人に会える。

いくつになっても、好きな人に会えるというドキドキは無くならないものです。憂鬱になりがちな日曜日の夜、中日となる水曜日の朝も怖くありません。

好きな人が職場にいることで、モチベーションもアップします。「キレイにしておきたい」となることで、お化粧や髪の毛のセットも面倒だと感じません。

女性としても、キャリアウーマンとしても、評価やスキルがどんどん上がります。

また、週5日の仕事が充実することで、人生そのものの充実にもつながるでしょう。

会社でしっかりと話せない分、仕事終わり、休日のデートなどでも楽しめますね。もはや、毎日が楽しい状態です。

まとめ


この記事では、社内恋愛あるあるについて紹介してきました。社内恋愛をしたときのイメージは湧きましたか?

記事でも触れたように、社内に好きな人がいることで、仕事のモチベーションになり、出勤そのものが楽しくなります。

お互いを深く理解し、パートナーとしての良さをより実感することもできるでしょう。

また、社内恋愛というのは、一生でそう何度も経験できることでもありません。もし、きっかけとタイミングがあり、恋愛に発展した際は、どんどん楽しんでいきましょう!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?