IT業界のあるある10選!IT業界のリアルな情報を簡単に面白くご紹介

ITサポート事務への転職を考えているみなさんは、IT業界へどんなイメージを持っているでしょうか?テレビでよくみるIT社長は若くして成功をおさめて高所得!芸能人との熱愛に豪遊など、セレブで華やかなイメージがありますよね。一方でパソコンオタクが集まっているというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
そこで今回は、IT業界で10年以上働いた経験を持つ筆者が業界のリアルな情報をあるある話にまとめました。あなたもIT業界で働いてみたくなるような、おもしろあるある10選のご紹介です!

IT業界あるある10選


IT業界は福利厚生も充実していて、収入の高めの傾向にあるということは「ITサポート事務と一般事務の違いを徹底解説!仕事内容や給与、残業、福利厚生についても紹介」(内部リンク)でもご紹介しておりますが、IT業界の実情はそればかりではありません!働く社員たちの日常あるある10選をご覧ください。

分からないことはGoogleが教えてくれる

分からないことは先輩社員に聞くのが社会人の常識ですよね。しかしIT業界では「まず自分で調べる!とりあえずググる!」これが暗黙のルールとなっている会社が多いのです。そして大抵のことはGoogleが教えてくれます(笑)

社内のコミュニケーションはチャットがメイン

異業種から転職してきた方が驚くのが、オフィスが意外と静かということです。当たり前ですが、ITツールが充実しているIT業界。近くの席に座っているのにコミュニケーションは会話ではなくメッセンジャーなどのチャットアプリを利用するという人が大半です。最初はびっくりする方も多いですが、それが普通なのです!
一見仕事に打ち込んでいるように見えて、実は女子社員同士で「今日のランチはどこにいく?」なんて会話をしている時もありますよ。

服装自由な会社が多い

クールビズ、オフィスカジュアルなどスーツで出社しなくてもいい会社はどの業界でも増加傾向にありますが、特に服装に関して自由な会社が多いのがIT業界なのです。中にはスーツを着ていると「今日どうしたの?」と逆に浮いてしまうなんて現象がおきる会社もあります。
大胆な露出は避けるなど、社会人としての節度は心掛けたいところですが、服装だけでなくメイクやネイル、アクセサリーなどのおしゃれを仕事中でも楽しめるのがIT業界で働く女子には魅力的なポイントです。

マウスを使わずになんでも操作できる人がいる

特にエンジニアに多いのですが、マウスを使うのが面倒でパソコン操作のすべてをキーボードだけで行う強者が社内には必ず一人はいます。ありとあらゆるショートカットキーを習得していて、エクセルのみならずWindowsなどのOSの操作自体もすべてキーボードだけでやってのけるのです。社内でも「あの人は何でも知っている達人」と噂になることも。

自席になんでも置いちゃう人がいる

これもエンジニアに多いあるあるネタですが、オフィスの自席を完全プライベート空間化している人をちらほら見かけます。
筆者が働いていた会社では、趣味のものを飾ったり、マッサージ器を置いたり、マイチェアを購入した人もいましたし、さらには寝袋を置いている人もいました。ランチはコンビニで買ってきて済ませるという人の中には、マイカップ以外にも、マイ味噌汁、マイふりかけを常備していている人も(笑)

全角英数を半角に直してしまう

これは筆者にも当てはまりますが(笑)全角の英数文字を見るのが苦手です。例えばエクセル関数を全角で入力するとエラーとなり正しく計算されませんが、そういったことに日常的に慣れている人が多いIT業界ではなんでも半角英数に直してしまうクセがあります。
表記が整っていないのが気になってしまい、例えエラーにならないWordを使っていたとしても、置換機能を使って必ず半角に統一してしまうという人が多いです。中にはお気に入りのフォントをインストールしているというこだわりを持っている人もいます。

普段に会話にIT用語を使ってしまう

「そのソリューションは~」や「これはそういう仕様だから」「リブートする」など、IT業界で日常的に使われている用語を普段の会話でもついつい使ってしまいます。

特に筆者が働いていた外資系企業ではその傾向が強いうえに、必要以上に英単語を織り交ぜて話してしまう人がいます。「このバジェットにはアグリーできないんですけど、どういうディシジョンがあったんですか?」など、ここまで英単語使うならいっそのこと英語で話してよ!っていう場面がザラでした(笑)

パソコンのトラブルがなんでも解決できると思われている

IT業界で働いているというだけで、パソコンのことならなんでも知っていると思われがちです。新しいパソコンが欲しいけど何を買ったらいい?と相談されたり、パソコンの調子が悪いから見てほしいといわれたり。しかしみんながみんなパソコンに詳しいわけではないのです!
パソコンのトラブルは再起動で解決することが多いし、なんならGoogleで調べて解決しています!

ヘッドホンしながら仕事している人がいる

ITサポート事務には滅多にいませんが、仕事に集中したいエンジニアによく見られる光景です。遮音性が高いヘッドホンをしいていると、周りの会話や雑音が入ってこないので、集中したいときにヘッドホンをするとより効率が増します。
中には自分の好きな音楽を聴きながら、ノリノリで口ずさんで仕事している人もいます。こういった文化を容認している会社が多いのがIT業界の特徴ともいえます。

言語といえば、プログラム言語

みなさんは、言語といえば、日本語、英語、スペイン語、中国語などを思い浮かべますか?IT業界では言語といえばプログラム言語の話だと思う人が多数!200以上存在するプログラム言語ですが、IT業界の人に「得意言語は?」と聞くと、HTML、Java、C++、PHPなどと答えが返ってくるかもしれませんよ(笑)

まとめ


IT業界で働く人のあるある10選のご紹介でした。右へならえの世界ではなく、個性あふれる人達が多く働くIT業界には今回ご紹介したような面白いことがたくさんあります。
一つの会社で長くコツコツと働くというよりも、どんどんスキルを身に着けてキャリアップできる環境が整っているIT業界は、これから転職する業界としておすすめです。あなたもぜひIT業界で働いてみてください!

Click to Hide Advanced Floating Content

事務職「未経験」のあなたが
最短2週間で正社員に採用される方法とは?