ITってかっこいい!イメージ重視で自動車工場の事務職からITサポート事務に転職

自己紹介をお願いします

はじめまして。
私は、今年9月に転職をきっかけに上京した22歳女のラビットです。

もともと関西では高校から続けていたアルバイトと並行して医療系の専門学校に通っていたのですが、はやく仕事したかったので中途退学を決断しました。

友人の紹介で、仕事ならなんでも良いと思い自動車部品の工場に就職しました。
これが私の社会人デビューでした。

はじめのうちは、初めて仕事をしているというワクワク感でいっぱいですし、給料もそこそこ良かったので全く苦ではありませんでした。

IT業界でどのようなお仕事をされていたか(現在されているのか)を簡潔に教えてください。


IT業界に入ってからは、現在は業務システム管理の開発に携わっています。
ソフトウェア開発等を下請けで行っている現場です。
2〜3人チームになっていくつかに分かれて仕事を進めています。

まず、入社してから常駐先を決める面談があります。
だいたい未経験となるとExcel等で資料をまとめたり、数字の計算をしたり、事務的なお仕事をする常駐先に決まることが多いです。

私の場合は運がよく、開発現場に常駐することが決まりました。
まさか一発目から開発の現場に常駐することが決まるとは思ってもなく、とても喜んだのを今でも覚えています。
(前日に神社でお祈りをしたくらい受かってほしかった(笑))

お仕事内容的には、改修作業といって、ほぼ出来上がっているプログラム(コード)に修正を加えるお仕事です。

完全週休2日残業なしでお給料は18万くらいです。

IT業界に就職しようと思ったきっかけを教えてください


工場でのなんのやりがいもない仕事内容に飽き飽きしたからですかね。

「社会人になればなにかが変わる、とりあえず社会人になれば。」

という期待があって就職はしたものの、何をしても喜びを感じられませんでした。

専門学校もやめてしまい、なにかを変えたい!と思って就職したはずなのに、一日の大半の時間である仕事にやりがい、楽しさ、達成感、何も感じられませんでした。
このままじゃなにも成長できない!と、このまま時間を過ごしていくのが怖くなり、まず転職を決意しました。

それから色々な転職情報を見ていると目に飛び込んできたのが“未経験歓迎” “IT”という2つのワードでした。

「えっ、未経験でもIT企業に入れるの!?」

と思った私は、IT業界に転職することを決意しました。転職を決意してから即決でした。

なんとなくかっこいいイメージがあるIT業界。ただ単にITってかっこいいからっていうのも理由の一つです。
そんな単純な子供らしいきっかけや理由で良いと思います。今では良いと思えます。

IT業界では具体的にどんなお仕事をしているのか教えてください


今の現場で行った仕事は、プログラムの改修作業、仕様書の作成、単体テストです。
私が入ったタイミングが中途半端というのもあり、最初から最後まで関わったシステムではないのですが、引き継いで業務を担当しています。

未経験で知識もない私は、わからないことがあれば書籍やサイトで調べて、実践する。の繰り返しです。

今の現場のすごくいいところは、そうやって知識のない人でもゆっくり時間を使ってプログラムを書くことができるところだと思っています。
最終的にどうしてもわからないところがあれば、先輩や上司に聞きます。

まだ現場についてから2ヶ月半しか経っていないですが、いまではプログラムが読めるようになりました。
最初の1週間は一日8時間を調べ物に使うことも続きました。業後に勉強もしていたので、根気よくやればついていけるんだなと、感じました。
なにか自分の力になっていると、身を持って感じることができるとお仕事も楽しく、充実しています。

工場の頃は時計を見るたび5分しか進んでいない毎日から、今ではあっという間に8時間が過ぎてしまいます。

IT事務職のやりがいやメリットを教えてください


未経験から開発となると一気にステップアップした気がして、引け目を感じてしまうかもしれませんが、それくらいチャンスのある業界だなと感じます。
やればやるほど身につく、身についたことをすぐ実践できる。試行錯誤することでいろんな知識が取り入れられる。
そんな業界だと私は強く感じます。

IT業界はどんな人に向いていると思いますか?


私が思うにずばり「カッコつけたい人」ですかね(笑)
真剣に答えると、

  • 常にステップアップしていきたい人
  • 新しい知識を取り入れることに喜びを感じることができる人

です。

ITの世界というのは医療と同じでどんどん新しい技術が生まれていきます。その流れについていくのはすごく大変なことです。

ですが、その分自分のスキルアップになり、知識をどんどん自分の中に取り込むことができます。
その取り込んだ知識を利用して自分でなにか作ってみよう!と思うきっかけになります。そこから「ものづくり」が始まっているんだと思います。

試行錯誤を繰り返して完成したときの達成感が今はとても気持ちがいいです。

また「誰かの役に立ちたい!」という方も向いていると思います。1からなにかシステムやアプリを作ることも素敵なことですが、誰かのサポートとして自分のExcelのスキルを活かして役に立つことも素敵です。
誰か役に立つことに喜びを感じられる人も是非、挑戦してみてほしいです。

最後にこれからIT業界に飛び込む人へメッセージをお願いします!


IT業界に入って数ヶ月ですが、本当にたくさんのことを学びました。
ExcelやWord等のスキルもそうですが、なによりパソコンやネットに詳しくなったのが日常生活において大活躍します。
今やみんなが使っているスマートフォンなどにも自然と詳しくなるので、恋人等に自慢できます。またITでの知識は将来いろんなお仕事への可能性が広がります。

現状を変えたい方はとりあえずでもいいから飛び込むと、失敗はしない業界だと思います!一緒に頑張りましょう!

 

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント