【子育てママ必見】ITサポート事務は時短勤務で働いても効率よく稼げる!

自己紹介をお願いします


私は大阪在住の主婦です。
現在は派遣社員としてITサポート事務をしています。
その前は10年ほど正社員としてITサポート事務をしていました。
小学生の子供が一人いて、3年ほど前から、ときどき地域の子どもたちとプログラミングを楽しむボランティア活動をしています。

IT業界でどのようなお仕事をされていたか(現在されているのか)を簡潔に教えてください。


従業員数20万人以上、連結売上高1兆円以上の大企業のグループ会社で、正社員として約10年ほどITサポート事務をしていました。
グループ会社自体の従業員数は約100名です。

仕事内容は、社内のITに関するサポートです。たとえば、各パソコンのサポートが切れるタイミングを管理し、その前に新しいパソコンを調達。すぐに業務ができるように設定します。

また社内の業務においてITで解決できそうな方法を考えて提案し、導入するのも大切な仕事です。Excelのマクロで自動化できそうな業務であればマクロを作成、新しいシステムの導入が必要であれば、その選定からサポートします。ITに関する何でも屋のような役割を果たしていました。

当時の年収の最高額は額面で500万円弱。ボーナスも年2回でそれぞれ40-50万ありました。

IT業界に就職しようと思ったきっかけを教えてください


もともとITの仕事を始めたのは、私の卒業のタイミングがちょうど就職難で、そのまま就職先が見つからなかったのが理由です。

最初のうちはまったく書類選考から先に進めなかったのですが、市の講習会でインストラクターのアルバイトをして経験を積むことで、最終的の複数の企業から内定をもらえました。

キャリアのスタートは、ソフトメーカーのインストラクター。展示会でソフトの説明をしたり、客先に出向いてソフトの設定やトラブル対応をするのが主な仕事。

私は四国・中国地方を担当していましたので、週の半分以上は出張。

社内にいるときも出張の資料作成などで残業が当たり前でした。
やりがいはあったのですが、結婚することになり、家庭との両立は難しそうだと退職することに。

残業の少ない派遣社員の求人を探したところ、自宅から自転車で通える距離の職場でITサポート事務を募集していたので、応募し採用されました。前職で身につけたWord、Excel、PowerPointの知識などを評価され、1年で派遣社員から正社員として採用されました。

IT業界では具体的にどんなお仕事をしているのか教えてください


出社したらまず行うのがメールチェック。もし緊急に対応しなければならないメールなどが届いていた場合は、そちらを優先して対応します。
緊急の案件がない場合は、社内で使うExcelマクロの作成や修正を行ったり、各種操作マニュアルの作成、修正を行います。

仕事に比較的余裕があるときは、部署で購入した「日経コンピュータ」を読んだり、IT系のニュースサイトに目を通したりと情報収集もおこたりません。

ITサポート事務をやっていてよかったことは、他の社員から一目置かれることです。

100人も社員がいれば、中には気難しい人や、厳しい人もいたのですが、ITサポート事務は

「自分が困ったときにサポートしてくれる」
「自分がわからないところをサポートしてくれる」

ということで、優しく接してもらえました。

普段はあまりお礼なども言わないような人から「ありがとう」と言ってもらえるのは嬉しかったです。
業務改善に貢献したということで、社内表彰も3度受賞しました。

ITサポート事務のやりがいやメリットを教えてください


一般事務に比べてお給料がよいのが最大のメリットです。

現在はいくつかの派遣会社に登録していますが、毎回担当の方から言われています。
大阪の場合ですと、普通の一般事務の派遣はだいたい1,200円から1,300円くらいですが、ITサポート事務になると1,800円以上が見込めます。東京だともっと高いでしょう。

私自身、現在は時給2,000円以上で働いています。おかげで時短でも十分なお給料をいただいています。

仕事に困らないのも大きなメリット。私の場合は時給1,800円以上、残業月5時間以下、勤務地の希望範囲もかなり狭いですが、それでも毎週のようにスカウトメールをいただいています。

IT業界はどんな人に向いていると思いますか?


正直のところ、ITスキルはそこまで必要ないと感じています。

なぜなら、業務で使うツールや、セキュリティ、ネットワーク環境などは企業によってさまざま。

私自身、「勉強したけどそこまで役に立っていない」スキルもいろいろあります。
それに、ITはまさに「習うより慣れろ」の世界。私もパソコンスクールに通ったことはありますが、ほとんどのスキルは実践で身につけたものです。

それよりもITサポート事務に大切なのは、スポンジのような吸収力、そして柔らかさをもつ人です。
この人に相談したいと思ってもらえるような人だと私は考えています。私が仕事を辞めたときの後任も、まさにそのような女性。けっしてITスキルが高いわけではありませんが、いつもにこやかで話しやすい雰囲気を放っています。
素直さ、明るさを忘れない方であれば、未経験でも十分にやっていけます。

最後にこれからIT業界に飛び込む人へメッセージをお願いします!


実は私はつい最近まで、2年ほどITサポート事務とはまったく異なる仕事をしていました。それまで10年以上ITサポート事務にどっぷり浸かった仕事をしていたので、異なる世界を経験してみたかったのです。それは趣味を活かした仕事でしたが、やってみて気づいたのは「私の場合は趣味を仕事にしない方が合っている」ということ。そして、もう一度ITサポート事務に戻りたいと心から思ったのです。

周囲から「もったいない」と言われることも多く、キャリアとしては回り道になってしまいましたが、モヤモヤした気持ちを抱えるよりも、やってみて正解だったと思っています。そして、そんなときに戻ってきやすいのもITサポート事務のよさ。ブランクのある方も未経験の方も、ぜひチャレンジしてほしいです。

完全無料で転職相談ができる!
今なら転職お祝い金最大5万円プレゼント